動画編集初心者におすすめのコスパ最強ソフトご紹介

【完全解説】iPhoneの機能制限を解除する裏ワザ「4uKeyレビュー」!

普段は自動でパスワードが入力されたり省略されているので、あまり意識しないですが、機種変やアップデート等のタイミングで不意にパスワードが聞かれ忘れてしまい困った経験があったりすのではないでしょうか。

パスワードを忘れて、登録している電話番号が古いままだったりと不運が重なると、解除できずに、中のデータを諦めざる得ない場合があったりします。

その際に、iPhoneの機能制限を解除できる裏技として、「4uKey」を使用する方法があります。

この手のソフトは実は調べればいろいろあって、どのツールがいいのか悩んでいる方も多いかと思いますが、実際に課金して利用してみた結果も踏まえてレビューします。

4uKeyとは

iPhoneがソフトウェア的に使用できなくなった状態を解除するソフトです。

水没で動作しなくなったといったハード的な故障を除いて、パスワードを忘れてしまったり、何度もパスコードをミスしてロック解除できない状態になったりといった場合に、強制的にロックを解除することができます。

具体的には以下のとおりです。

 パスコードが忘れた場合でもiPhoneロックを解除

この画像のように、パスコードを忘れて、何度もパスコードを間違えた場合、この画面から次に進むことができなくなります。

こういった状態になっても、「4uKey」を使用すれば、パスコード入力をスキップしてiPhoneを使用することができる状態に持っていくことが可能です。

MEMO
パスコードは連続で10回間違うとパスコードを入力さえできない状態になりますが、「4uKey」であれば完全に操作できなくなった状態からも解除することができます。

パスワードなしでApple ID を削除

iPhoneを売却する際など、Apple IDからサインアウトするには、パスワードが必要です。

いつも無料のアプリをダウンロードするだけであれば、パスワード入力は省略されるので、パスワードを意識することはありませんが、いざApple IDのパスワードと言われても昔に設定したもののため、覚えていないことが多かったりします。

こういった場合でも強制的に端末からApple IDを削除することができます。

データを失わずにスクリーンタイム・パスコードを削除

iPhoneのスクリーンタイムのロック方法は様々ありますが、例えば、パスコードにしている場合、上記のような画面となっているはずです。

このパスコードを忘れてしまった場合、通常は初期化しかありませんが、この「4uKey」を使用すれば解除することができます。

MDMロックをバイパス

MDMとは「モバイルデバイス管理」の略語です。

企業が社員のスマートフォン、タブレットなどのデバイスを一括管理し、盗難や噴出といったセキュリティリスクを予防するためのシステムです。

市場に出回る法人の中古デバイスはこのMDMが解除されていないものがあり、初期化しても次へ進めない場合があったりします。

そういった端末があったとしても解除できます。

4uKeyの使い方:4uKeyを利用してiPhoneのスクリーンタイム・パスコードを解除する

iPhoneのスクリーンタイムが解除できなくなると、初期化などを検討しなければいけませんが、4uKeyを使用すれば、中のデータをそのまま保持したままデータを失わずにスクリーンタイム・パスコードの削除が可能です。

まずは、iPhoneと「4uKey」が入ったパソコンをライトニングケーブルで接続します。

接続が完了したら「4uKey」を起動します。

画面の中央下の「スクリーンタイム・パスコードを解除」をクリックします。

上記の画面になった場合は、正しくパソコンとライトニングケーブルが接続されていないため、再度挿し直してみてください。

MEMO
中華製のライトニングケーブルは、充電のみ対応しており、通信ができない種類もあるので注意です。どうしても認識されない場合は、正規品のライトニングケーブルを使用してください。

画面の指示に従って、iPhoneを操作してください。

iPhoneの画面に「このコンピュータを信頼しますか」と選択肢が出てくるので「信頼する」をタップします。

次に、パスコードを入力してiPhoneのロック画面を解除します。

上記の画面が出た場合は、画面の指示に従って「iPhoneを探す」をOFFにしてください。

「解除開始」をクリックします。

この画面が出たら成功です。

動画で解説されてもいますので、分かりづらいと思った方はこちらも参考にしてみてください。

4uKeyの動作環境

Windows

  • Windows11/10/8.1/8/7

Mac

  • macOS13及びそれ以前のバージョン

 

4uKeyの価格(Win版、Mac版)

4uKeyはWin版とMac番で価格が異なるため注意です。

また、ビジネス利用する場合は、ビジネス版を購入する必要があります。

Win版

画面ロックやスクリーンタイムのパスコードを忘れてしまうといったことは少ないかと思われるので、月間更新ライセンスを契約して目的を果たした後は、継続しないというのが最も安価に済ましてしまう方法ですが、もし、再度パスワードを忘れたといった自体が発生した際は、また月間更新ライセンスを契約する必要が出てきます。

サイト上では、年間更新ライセンスが最もお得と記載されていますが、数百円しか変わらないので、個人的には、永久ライセンスを購入した方が安心なのかと思います。

今後、メルカリなどで中古の端末を購入して利用することもあろうかと思います。

iPhoneを探すがONになっていたり、届いてみたらパスコードがわからず設定を先に進めることができないこともあったりと、トラブルがよく起こるので、こういったソフトを常時持っていると安心かと思います。

ビジネスで使用する場合は「6,908円」のプランとなります。

ライセンスプランは「永久ライセンス」は選択できず、「一年間」のプランのみです。

MAC版

MAC版はWIN版よりも若干高くなっています。

こちらもWIN版と同じ考え方ですが、ほぼ価格が変わらず、パスコードを忘れるといったトラブルはつきものですので、永久ライセンスを購入していた方が安心かと思います。

ビジネス版もあり、こちらも個人向けとは価格が異なるので、注意が必要です。

また、WIN版と同様にライセンスプランは「一年間」のみしか選択できません。

4uKeyを使ってみた感想

スクリーンタイムだけでなく、パスコードを忘れた設定で、このソフトを使用してみましたがパスコードも難なく解除することができました。

私の端末がたまたま相性がいいだけかもしれないと思い、メルカリで以下のような端末を購入して、「4uKey」を使用してみたところ、しっかりパスコードの解除に成功しました。

「パスワード忘れ」で安価にオークションに出ていたりするので、安くこういったiPhoneを入手して、「4uKey」でロック解除して再度オークションで販売するといった方法もありかもしれません。

逆に、出品する側から見ると、パスコードを忘れたからと言って初期化せずにオークションに流すと、こういったソフトでロック解除されて、電話帳や写真など個人情報が漏れてしまうので注意が必要です。

まとめ

パスコード解除・スクリーンタイム解除系のソフトは調べると数種類がありますが、本当に解除できるのか心配でなかなか購入に躊躇してしまう方も多いのではないでしょうか。

この「4uKey」は私が何度かしようしてみた限り、「4uKey」のホームページに記載のとおり100%解除してされいるのでおすすめできます。