期間限定!ユニクロの500円OFFクーポン配布中

YouTubeの動画編集におすすめな有料動画編集ソフト|Adobe Premiere Pro

YouTubeやTikTokなどの動画系SNSにより、誰もが動画で自分の興味を発信する時代が到来し、動画編集の人口が増加しています。

この理由は、自分の興味、趣味、大切に感じているものを発信することで、同じような興味や趣味を持つ人と繋がることが誰でも実現できるようになったためです。

そして、自分をより魅力的に、さらに少しでも多くの人に興味を持ってもらうために、必要な「動画編集」の重要性も増しています。

ここでは、動画編集の最前線を走っているトップYouTuber達が最も利用している動画編集ソフトの内の1つであるAdobe Premiere ProについてYouTubeやTikTokなどの動画系SNS用の動画編集を前提に解説していきます。

MEMO
動画を無料ソフトやアプリなどで編集してきて、現状のままでは、クオリティや個性・魅力を十分に表現できないと動画編集の限界を感じている方にもAdobe Premiere Proはおすすめです。

Adobe Premiere Proとは

冒頭でも少し触れましたが、YouTuberが利用している動画編集ソフトの中で、最も利用されている動画編集ソフトの内の1つです。

>Adobe Premiere Proの公式サイトはこちら

どの動画編集ソフトを利用しているか明かしていない方もいますが、Adobe Premiere Proを利用しているYouTuberで有名なのが、以下のとおりです。

ヒカル
※チャンネル登録者400万人超

Fischer’s-フィッシャーズ- 
※チャンネル登録者600万人超

水溜りボンド
※チャンネル登録者400万人超

ラファエル
※チャンネル登録者100万人超

カズチャンネル/Kazu Channel
※チャンネル登録者100万人超

このようなトップYouTuberに利用されている理由は、自分の好きなことや興味のあることを、自由に思いのままに表現できるので、ソーシャルメディアで注目を浴びる映像を届けることができるからです。

動画系SNSだけでなくテレビ、ドラマ、映画など、我々が目にするプロが制作する映像の多くが、このAdobe Premiere Proを利用しています。

例えば、『ターミネーター:ニュー・フェイト』はAdobe Premiere Proが使用されています。


Adobe Premiere Proをおすすめする理由

Adobe Premiere Proは、ターミネーターでも使用されていたりと、プロ向けの映像編集ソフトだと思われる方も多いかもしれません。

ですが、プロ以外の動画編集初心者だからこそ、Premiere Proを使う事で、高品質でプロクオリティの動画制作や、憧れのクリエイターのような表現、自分の思い通りの表現ができるようになります。

さらに、その他にもAdobe Premiere Proをおすすめする背景や理由が4つあります。

無編集の動画が通用しなくなった

2019年頃までの特にYouTubeでは、無編集の動画であっても話が面白かったり、むしろ無編集で話せるのはすごいということで再生数が伸びていましたが、今や、YouTubeも企業が多数参入してきています。

MEMO
企業チャンネルが増えているというのではなく、企業が個人のふりをして参入しているという意味です。

「ゆっくり実況」系のチャンネルで伸びているものの多くは企業が外注して立ち上げたチャンネルで、プロの動画編集者が編集を担当しているため、クオリティが非常に高いのが特徴です。

また、芸能人の参加も急激に増えていることは、皆さんの実感としてもあるかと思います。

芸能人系チャンネルもバックではプロの編集者が動画編集していて、非常に高クオリティです。

こういった背景もあり視聴者は高クオリティの動画を視聴することがある意味当たり前になってきており、クオリティの低い動画が見られなくなってきています。

動画編集の効率化が必須

今、YouTubeで伸びているチャンネルや皆さんがチャンネル登録して日々見ている動画の多くが、少なくとも週2~3回動画投稿しているはずです。

これは、視聴者に自分の動画を見ることを習慣づけさせて見てもらうという手法ですが、クオリティを維持しながらこのペースを維持するためには、「動画編集の効率化」と「不明点はネットで調べればすぐわかる」、という環境が非常に重要となってきます。

Adobe Senseiが導入されているPremiere Proを使用すれば、編集の大幅な効率化を実現することが可能です。

例えばこんな感じです ↓


また、Adobe Premiere Proはプロのクリエイターにとってスタンダードなツールであるため、不明点をプロが丁寧に解説している記事がすぐ見つかります。

フリー動画ソフトの解説記事の多くが、自身のログとして記事化したものが大半で、ソフトのバージョン情報が書いていなかったりすることが頻繁にあるので、読み進めても自身の直面している課題が解決されないことがよくあります。

一方で、Adobe Premiere Proは有名なYouTuberをはじめ、プロの多くの方が使用しているので、ノウハウは蓄積され、分からない事があっても検索するとTipsやチュートリアルがすぐ見つかることがAdobe Premiere Proのお大きな特徴です。

Adobe Senseiを初めて聞いたという方は以下の動画を見てみてください。

Adobe Sensei紹介動画

MEMO
YouTubeに動画を投稿している方はわかると思いますが、YouTubeのアルゴリズムの関係から、低品質な動画を投稿するとチャンネル全体の評価が下がり、視聴者のおすすめ欄な関連動画に自身のチャンネルの動画が表示されなくなるため、再生数が下がるため、更新頻度を上げたいからといって品質の低い動画を複数アップすることができない仕組みになっています。

案件対応するため

個人的には、一番重要なポイントで、今後、動画を伸ばしていこうと思っている方には必ず知っていただきたい理由です。

私は2012年頃からニコニコ動画に動画投稿しており、フリーの動画編集ソフトを利用していました。

2016年頃からYouTubeに参入し、今は、10万登録超えのチャンネルを運営していますが、一定程度チャンネル登録者数を獲得すると、企業から商品を紹介してほしいやタイアップしてほしいなどいわゆる「案件」の相談が増えます。

チャンネル登録が少ないころは、単価も低く、クオリティはそこまで求められないのですが、5万人を超えたあたりから単価がグッと上がる一方で、求められる動画のハードルが高くなります。

そして、「案件」を依頼してくる企業は、Adobe Premiere Proを前提としていることが非常に多いです。

ここで問題となるのが、Adobe Premiere Proではデフォルトで搭載されているエフェクトでも、フリー動画編集ソフトではなかなか表現しきれないことが多く、新しいプラグインを探したり、複数のエフェクトの重ねがけで表現したりと、動画編集が非常に時間がかかっていました。

私が使用していたフリー動画編集ソフトだけに限らず、他のフリー動画編集ソフトでも同じことが言えて、YouTubeでよく見かけて、Adobe Premiere Proでは簡単にできるのに、フリー動画編集ソフトだと近い表現を作るのに手間がかかることが頻発するため、初めからAdobe Premiere Proを利用することが得策です。

社会に通用する「スキル」になる

私の本業は企画系の業務なのですが、自社の新しいソリューションのプロモーション動画を動画制作会社へ委託制作いただくことがよくあります。

動画制作を行う企業は十中八九、Adobe Premiere Proを使用しているため、Adobe Premiere Proをある程度使いこなしていると、委託先とのコミュニケーションや制作する動画イメージのすり合わせが非常にスムーズになります。

このように動画制作に関連する企業との「共通言語」としてAdobe Premiere Proが使用できるため、特に将来的に動画制作会社への就職や転職、フリーランスを考えている方は、他の動画編集ソフトを中途半端にスキルを分散させず、Adobe Premiere Pro一択で間違いありません。

Adobe Premiere Proでできること

YouTubeでよく見る表現は当然ながら、ドラマや映画で見かける映像表現もフリーの動画編集ツールと比較して非常に簡単に実現することができます。

「できること」というと、これまでみなさんが見てきた様々な映像表現は基本的にすべて実現できると思って問題ありませんが、それでは抽象的すぎるので、とあるフリーの動画編集ソフトを8年使ってきた私が、フリーの動画編集ソフトでは「できない」もしくは「非常に時間がかかる」ものだったが、Adobe Premiere Proに乗り換えたことで「実現できるようになった」ものをいくつかピックアップしてご紹介します。

MEMO
ここで紹介するのは、Adobe Premiere Proでは基本機能となるので初心者レベルの処理です。中級以上では、手ブレ補正のテクニックや、アニメーション作成、モーショングラフィックを制作することができます。

合成映像

もともとコーヒーカップの中には、コーヒーが入っていましたが、海の映像をはめ込み合成しています。

このはめ込み映像のポイントは、クオリティと動きのある映像にはめ込みを行っている2点です。

フリーソフトでこういった動画の制作にチャレンジした方だとわかると思いますが、はめ込み先(コーヒーカップの中)が四角や真円でない場合、加工が難しく、これだけ違和感なくはめ込めるのは、コーヒーの黒色の部分を正確に認識して、はめ込み動画の境界を綺麗にぼかせるAdobe Premiere Proならではです。

また、動きのある映像にはめ込む場合、黒のコーヒーの部分を「トラッキング」してはめ込むのもプラグインを導入すれば、フリーソフトでもできなくないですが、精度が低く、このレベルを実現するのはAdobe Premiere Proでないと難しいと思います。

この合成映像を作成する手順も画像付きで丁寧に解説されているのもポイントです。

合成映像を作成する

カラーの分離

例えば、商品訴求動画制作でよく使用される手法です。

色相と彩度のカーブを調整してシーンの1つのオブジェクト(ここでは、リュック)のカラーを強調し、それ以外のすべての彩度を下げることで、オブジェクトに注目させるようにする処理ですが、フリー動画編集ソフトでは、おそらくこれはかなり難しいと思います。

私も企業からの「案件」依頼で、この手の表現を相談されたことがきっかけでAdobe Premiere Proの導入を決めました。

カラーの分離

プルフォーカスエフェクトの追加

通常ぼかしは動画「撮影」のタイミングでカメラ側で処理しますが、撮った映像を後からぼかしを入れて、被写体を目立たせる処理を入れたくなることもあるかと思います。

そんな場合であっても、ぼかしたいエリアの範囲を選択することで、このようにぼかし(ブラーエフェクト)入れることができるので、カメラで撮影する際に、この手法がとられなかった場合でも、Adobe Premiere Proで範囲を選択することで、同じ効果を映像素材にもたらすことができます。

プルフォーカスエフェクトの追加

Adobe Premiere Proの購入プラン

  • Premiere Pro – 単体プラン:2,728円(年間プラン月々払い)
  • Adobe Creative Cloud コンプリートプラン:6,248円(年間プラン月々払い)
Adobe製品は非常に複数あり、どのプランにどの機能が入っているかわかりずらいのですが、ここで紹介しているAdobe Premiere Proが入っているプランは上記の2つしかありません。

そして注意点としては、買い切りではなく、サブスクリプション「のみ」の提供であるため、月額課金制です。

最安で収める場合は、「Premiere Pro – 単体プラン」の2,728円(年間プラン月々払い)で、その他、Adobeのソフトウェア類がセットになったAdobe Creative Cloud コンプリートプランは6,248円(年間プラン月々払い)です。

また、動画制作に便利な様々なクリエイティブ素材のあるAdobeの提供するストックサイトのAdobe Stockもあります。

>Adobe Premiere Proの公式サイトはこちら

コンプリートプランと単体プランのどちらを選択すべきか

結論:単体プランがおすすめ

YouTubeなどの動画系SNSの編集という側面をみると、個人的には単体プランで十分かと思います。

コンプリートプランに加入することで追加で付属するソフトウェアは、以下のとおりです。

動画編集系の作業で特に関連するのは、「Photoshop」です。

動画投稿時には、サムネイルを設定しますが、Photoshopがあると表現の幅が広がります。

例えば、人物のくり抜きです。

私はもともと、サムネイルの制作はPowerPointを使用していましたが、これだけ精度良くワンボタンで切り抜きできるのは、Photoshopならではです。

この他にもPhotoshopを使ってYouTubeのサムネイルを作るポイントが解説されている記事がありますのでご参照ください。

魅力的なYouTube動画サムネイルを作るポイント

ただ、Photoshopを使いこなすには、それなりに時間が必要で、これから動画編集をAdobe Premiere Proでがんばるぞ!という方には、Adobe Premiere Proのトレーニングに加えて、Photoshopが追加されるとなると、ハードルがグッと上がってしまうので、まずは、単体プランでAdobe Premiere Proを使いこなせるようになってから、コンプリートプランへステップアップすることをおすすめします。

Adobe Stockを契約すべきか

結論:初月無料を活用して契約し、必要に応じて継続もしくはクレジットパックへ移行

個人的には、これからAdobe Premiere Proを使用してクオリティの高い動画制作を行うのであれば、必ず契約しておきたいサービスの内の一つですが、3,480円/月のサブスクリプションですので、気軽に手が出しづらいと思います。

ただ、Adobe Stockは初月無料で初月内であれば解約時に解約金が発生しないので、まずは契約をして利用してみるのをおすすめします。

特に動画編集ソフトとしてAdobe Premiere Proを使用すると、クオリティ高くなるため、これまで使用していたフリー素材ではちょっと物足りなくなってくることが明白です。

また、さらなるクオリティアップを目指すにおすすめなのが、Adobe Stockのクレジットパックです。

このクレジットパックは、月払いのプランではダウンロードできなかった「動画素材」もダウンロードできます。

この動画素材がクオリティアップにどう効いてくるのかというと、例えば以下の11秒~18秒の動画の見てください。

動画をご覧いただいた後に、以下を見てみてください。

Adobe Stock動画素材

始めに見ていただいた動画ですが、これは皆さんがご存知の携帯電話のドコモが公開しているプロモーション動画です。

一部上場している大手の企業も、こういった「動画素材」を活用しながら動画制作を行っており、皆さんもこういった素材を利用することでさらなるクオリティアップにつなげることができると思います。

<提供素材や料金プランの詳細は以下から確認してみてください。

>Adobe Stockの公式サイトはこちら

まとめ

Adobe Premiere Proは生産性、機能、表現の豊富さがあり、プロクオリティの動画を、自分の思いのままに制作することができます。

Adobe Premiere Proはプロだけに限らず、むしろアマや初心者クリエイターの方々へ現状制作している動画のクオリティアップにおすすめしたいツールです。