マクドナルドの裏技公開中

AX-XW500 レビュー|特徴比較・口コミ・シャープのスチームオーブンレンジ

スチームオーブンレンジのブームに、このシャープのヘルシオシリーズが果たした役割はやはり大きいです。

ウォーターオーブンという新たな切り口の元、その名も「ヘルシオ」という健康志向に合致したネーミングで1大ブランド化しています。

健康に対する志向が高まっている中、家庭で本格的な料理を楽しみたいという方にとってもは、嬉しい限りの機能を備えています。そんなシャープのウォーターオーブンレンジ ヘルシオシリーズのAX-XW500について見ていきます。

AX-XW500とは

AX-XW500は2018年6月に発売されましたが、過熱水蒸気のみで料理が出来てしまうというのが売り物のヘルシオシリーズの最上位機種です。

以前のタイプのAX-XW400との違いはクックブックメニューと、「まかせて調理」と「惣菜あたため」が同時にできるようになったことです。

ヘルシオシリーズについては、過熱水蒸気で調理ができるという点にばかり目が行きがちですが、基本的な機能についても、勿論、人気機種らしく充実しています。

生活習慣病の予防等のためにできるだけ塩や油を控えたい、カロリーを抑えたいという要望に応えるだけでなく、それでいて栄養分もたっぷり残してくれます。

時間がなくても、本格的な料理を手軽に楽しみたい方などにもおすすめです。そして、インターネットとの連動等、時代の先を行く機能も満載となっています。スマートスピーカーへの対応等も含めて最も先進的な機能を備えています。

グリル機能

AX-XW500のグリル機能を語るうえで欠かせないのは、やはり過熱水蒸気のみによる調理が可能なことです。

これは、他のスチームオーブンのように過熱水蒸気とヒーターによる加熱を行うのではなく、高出力のヘリシオエンジンによる過熱水蒸気のみでの調理が可能となったことです。

この高火力の過熱水蒸気による調理が実現したため、今までは火加減が難しかった、大きなサイズのかたまり肉なども、旨味を閉じ込めたまま調理が可能です。あぶり豊潤焼きと呼ばれる調理方法は、高温の過熱水蒸気を肉の表面に一気に噴射することであぶるように焼いてから、今度は低温で内部にまでじっくりと火が通るように調理してくれます。

お肉は勿論、お魚なども、表面はこんがりと、そして中はジュシーな状態での仕上がりが可能となっています。このあぶり焼きについてですが、例えば日立のヘルシーシェフのWスキャン調理の場合は、2つのセンサーをもちいることで難しい火加減を調整していくのですが、ヘルシオの場合は、熱源自体が過熱水蒸気となっているため、ジューシーさが失われないようになっています。

また、AX-XW500のグリル機能のひとつの特徴として、庫内の上段、下段で別の調理方法が可能となっている点があります。

上段でグリル機能を使って焼き魚などを作りながら、下段ではスチーム調理によって、茶わん蒸しや蒸し野菜などが作れます。これは、他の機種、例えばPanasonicのビストロシリーズとくべると、NE-BS655の方は下の段はレンジ調理となっていますので、使い勝手が変わってきます。主菜と副菜といったお料理の相性というものを考えると、AX-XW500の方が優れていえるといえます。

スチーム機能

AX-XW500は過熱水蒸気のみを用いて調理ができるというので、やはりスチーム機能が充実しています。

例えば、他のスチームオーブンの場合は、他の熱源を合わせて調理を行うのが基本ですが、蒸し料理や茹で料理といった調理の際にも、スチームのみでの調理してくれますから、元々ヘルシーなイメージがあるこれらの調理方法についてでも、よりヘルシーになってきます。

AX-XW500のスチーム機能の特徴として、ソフト蒸しと呼ばれる機能があります。これは70℃から95℃といった低温の蒸気を用いて時間をかけて蒸すことで、鶏むね肉や魚介類といったパサパサしがちな食材も柔らかく仕上げると同時に、素材の旨味を引き出してくれるものです。

また、市販のお惣菜を暖める際にも、その出来ぐらいが違ってきます。一方、8~10分でできるスピード蒸しといった機能もあり、多忙な中でも、身体によいとされる蒸し料理を手軽に食卓に並べることができます。また、お野菜などを温める際に、金属製のザルにいれたまま、蒸し調理ができるというのも便利な機能と言えるでしょう。

オーブン機能

過熱水蒸気は、食材の中でも温度の低い部分集中して熱を与える性質があります。

そして、AX-XW500では、ファンの回転数や庫内の過熱水蒸気の方向をきめ細かく制御できるファンや3つのヒーターをコントロースすることによって、より効率よく食材に過熱水蒸気を噴射するシステムを実現しています。

過熱水蒸気が元々持つ性質と、AX-XW500で実現している噴射システムによって、冷凍・冷蔵といった保存状態の違いによる食材の温度の違い、また食材の大きさの違いや火の通りやすさの違う異なる食材を同時にまとめて調理することが可能となっています。

いくつかの食材をまとめて調理する機能は、他の機種でも見られることですが、AX-XW500では、レシピに沿って材料や分量を揃える必要がありません。まとめて調理機能によって、ヘルシオが自動でかしこく調理してくれるので、冷蔵庫にある食材で、自分流の使い方での調理が可能となっています。

また、お菓子作りやパン・ピザの焼き上げといったことにも、ヘルシオの過熱水蒸気を使った調理は威力を発揮しますし、レンジ機能による加熱を使わずに加熱ができるので、レトルト食品をそのまま銀色の袋に入れたままあたためることができたり、卵もそのまま、ゆで卵にすることができます。

このような手軽な調理にもヘルシオは活躍してくれます。他にも、低温でじっくりと加熱することで、手作りのドライフードが作れ、甘みや旨味の凝縮された状態を楽しめます。また、朝のパンとその付け合わせの副菜が同時に作れるモーニングサービスと呼ばれる機能などもあり忙しい朝には助かる機能となっています。

レンジ機能

AX-XW500は、上下にスイングする赤外線ムーブセンサーと絶対湿度センダー、温度センサーという3つのセンサーで食材の量や湿度、温度等をチェックするようになっています。

赤外線センサーは他の機種でも搭載されているシステムですが、東芝石窯ドームER-SD7000 の8つ目の高感度センサーほどの密度はないですし、食材の重さを測ることで加熱具合に役立てる日立ヘルシーシェフMRO-VW1の重量センサーといったものはありませんが、絶対湿度センサー、温度センサーも併せて使うことで必要十分なものとなっています。

これらのセンサーを使って、スチーム解凍では、分量と温度を見分けてほどよく解凍し、常温と冷蔵の食品の組み合わせでも2品同時に温めることが可能となっています。

また、たっぷりの水蒸気を入れながら加熱するので、出来合いの買ってきたパンでも焼きたてのようにあたためることが可能となっています。

そして、3つのセンターによって庫内の温度や湿度を監視することから、オーブンの使用後などの庫内の温度が高い状態でも、連続で調理することが可能となっています。赤外線センサーに頼った機種では、オーブンを使ったあとすぐにレンジでのあたためができないため、利便性を高めてくれています。

その他の特徴

 

ヘルシオシリーズの1番の特徴は、何といっても過熱水蒸気のみによって調理が可能だということですが、一般的な過熱水蒸気を用いたオーブンレンジの場合の調理の過程は、例えば、揚げ物を調理する場合、スチームの次にヒーターそして最後に過熱水蒸気を用いるといった工程となります。

しかし、ヘルシオの場合はこれをすべて過熱水蒸気のみで行うことになります。

これが、どうして、ヘルシーさにつながるかというと、熱風やヒーターを用いた一般的なスチームオーブンレンジの加熱調理の場合は、まず表面を焼き上げることになります。これによって旨味も閉じ込められすが、同時に塩や脂質なども閉じ込められてしまいます。

それに対してヘルシオの場合は、高温の過熱水蒸気だけで調理ができるので、食材のうるおいを損なうことなく調理することが可能となりました。そして、それによって浮き出た塩や脂質といったものを、今度は過熱水蒸気で洗い流すのです。これによって、ヘルシーな調理が可能となるのです。

それだけだと、仕上がり具合がべちゃっとしないか等気になるところですが、最後に300℃まで庫内の温度を上げていくため、食材に水分が過剰に残ることなく、からっと仕上げることが可能となっているのです。また、調理中の庫内の酸素濃度の低さというのも特筆すべきものです。

濃度1%以下という状態での調理を可能とすることで、ビタミンCやポリフェノールといった抗酸化物質もいい状態でキープできるようになっています。このように「おいしさ」と「健康」の究極の両立こそが、このヘルシオシリーズの特徴となります。

過熱水蒸気のみを使って調理できることが、使い安さにもつながります。レンジ機能を使わずに加熱できるので、ザルやアルミホイルが使えるので、後のお手入れが楽です。

また、レトルトのカレーとごはんを温めながら同時にゆで卵が作れるといったこともできます。また、実際の庫内のお手入れに際しても、過熱水蒸気を用いて庫内の掃除ができる他、食器やキッチン用品の除菌などもできます。

残念なところ

AX-XW500の売り物のひとつである無線LANの使用に関して接続で苦労されている方もいらっしゃるようです。

また、ヘルシオには高温の蒸気に汚れを落としやすくするお手入れモードも搭載されていますが、やはり油汚れ等を落とすためには手間がかかる、クッキングシートを使った方が楽だと言う声もあります。

それと、あぶり焼きと言われる機能ですが、やはり熱が当たりづらい下側の焼きぐらいはアマいという声もあります。

まとめ

AX-XW500の機能について見てきましたが、その他にもシャープらしいAIとIoTを組み合わせせたシャープ独自のAIoTクラウドサービス「COCORO KITCHEN」によって話かけるだけで調理方法や操作方法についてのアドバイスをしてくれる機能もついています。スマートフォンやスマートスピーカーにも連携していて、これからの家電の進む方向を取り入れてくれてるようなところもあります。

また、元々、高級レストランなどの調理場では、この過熱水蒸気のみで調理するという方法が用いられていました。しかし、サイズや電力といった問題があり、家庭用のオーブンレンジとしては、実現しませんでした。しかし、このヘルシオでは、ハイパワーのヒーターにより大量の過熱水蒸気を連続して発生させることに成功したこととともに、独自のシールド方法により庫内の気密性を高めることができたため、家庭に高級レストランの調理器具を持ち込むことに成功しました。健康志向の高まりを考えると、やはり、このヘルシオが1番ヘルシーだと言えるでしょう。