がん保険の選び方|診断給付金で選ぶ

保険をおすすめされた際に、こんなことをお聞きになったりしたことはないでしょうか。
「がんの治療方法は昔と比較して進化しており、治療方法も多様化しています。」
これはそのとおりで、昔は「がん」と診断された場合は、物理的に切除または抗がん剤治療が主流であったため、入院することが一般的でした。ですが、最近では医療の進歩により入院しなくてもいい治療法が多くあり通院だけで治療するケースがほとんどです。

スポンサーリンク

がん保険を診断給付金で選ぶ理由

皆さんが加入しているしているがん保険には様々な補償がついているかと思います。
その一部はがんになった場合でも条件に合わず、支払いがされない場合があります。

入院費用補償

「入院したら1日2万円給付」という補償がついていたとしても、通院で治療することになった場合、1円も受け取ることができません。

手術補償

「手術をしたら50万円給付」という補償がついていたとしても放射線治療を選択した場合、1円も受け取ることができません。
また、手術補償金を受け取るために、望まない手術方法を選択しなければいけない事態にもなることもあるかもしれません。

ここまでくれば、皆さんをおわかりではないでしょうか。「診断給付金」の場合は「がんと診断された時点で給付」されるため、空振りがありません。
日々進化しているがんの治療。将来、どんな「がん」でも1錠で治してしまう抗がん剤が開発された場合でも、「診断給付金」だけは確実に受け取ることができます。

診断給付金

診断給付金という言葉だけで選んではいけません。診断給付金の給付条件をしっかり確認しましょう。

診断給付金が給付されるケース

給付条件は各社異なるように見えますが、基本的な考え方は同じです。
それは、「2年間の間」に再発するか、「2年以降」に再発するかです。これだけではわかりずらいため、実際の例で見てみましょう。

ケース1

初回に診断された「がん」が2年以降も治癒せず、治療中の場合。

ケース2

初回に診断された「がん」は完治と診断。
だが、初回に診断されてから2年以内に再発。もしくは、新たな「がん」と診断。

ケース3

初回に診断された「がん」は完治と診断。
だが、初回に診断されてから2年目以降に再発。もしくは、新たな「がん」と診断。

各社の診断給付金の給付条件

それでは、各ケース毎に保険会社の給付条件を見ていきましょう。
おすすめ順に並べています。
※2017年度版

会社名 ケース1 ケース2 ケース3
AIG富士
生命
朝日生命
ひまわり
生命
×
東京海上
あんしん
生命
×
JA共済
入院・
通院のみ

入院・
通院のみ

入院・
通院のみ
アフラック
入院のみ

入院のみ

入院のみ
マニュ
ライフ

入院のみ

入院のみ

入院のみ
ソニー
損保
× ×
アメリカン
ホーム
× × ×

結論からいうとAIG富士生命、または朝日生命を選択するようにしましょう。

スポンサーリンク

フォローする