商品を買った直後に壊してしまっても安心|自動付帯のショッピング保険とは

私は普段の商品の購入はすべてクレジットカードを使用しています。

ポイントがたまることは理由の内の一つですが、現金で購入した場合には得られない「安心」があるためです。

それは、クレジットカードに自動的に無料でついている「ショッピング保険」があるからです。

スポンサーリンク

ショッピング保険とは

クレジットカードに自動付帯されている海外旅行障害保険は有名ですが、ショッピング保険は、購入した商品を破損した場合に新品を無料で購入できたり、修理費用を補填するサービスです。

例えば、高価なグラスを購入した直後に割ってしまった、買ったばかりのカメラを落として壊してしまった場合に使えます。

保障内容

クレジットカード会社により様々ですが、補償金額の上限は一般的な年会費無料のクレジットカードでも100万円程度と手厚いことが多い。

基本は購入後、90日以内の破損に適用されます。

クレジットカードの種類により、海外利用分のみが対象だったり、保障対象外の商品があったりするので、各社の条件をしっかり確認し、クレジットカードで商品を購入するようにしましょう。

■ショッピング保険の一例

カード名 補償金額 自己負担額
(一件当たり)
JCB
一般カード
100万円 1万円
MUFG
ゴールドカード
100万円 3,000円

自己負担額が3,000円の意味は、例えば、3万円の商品を壊してしまった場合、自分自身で3,000円負担すると残りの27,000円をカード会社が負担するという意味です。

ショッピング保険が適用対象外となるもの

・コンタクトレンズ、めがね
・ペット、植物
・食料品
・金券、書籍
・絵画、骨董品、美術品

ざっくりとしたイメージとして、常識的に考えて、返品不可の商品は、ショッピング保険適用対象外と覚えておくようにしましょう。

また、商品の紛失については、多くのクレジットカード会社で保障の対象外となっているので、気をつけましょう。

注意点

クレジットカードの場合は、レシートを取っておかなくとも、明細データはクレジットカード会社がすべて持っているため、ショッピング保険を適用する際に必須ではありませんが、持っていたほうが手続きが円滑に進むため、レシートは捨てずに持っておきましょう。

・レシートは捨てない
・補償期間は90日間
・自己負担額あり

まとめ

自己負担額はありますが、ショッピング保険の内容をしっかりと知っていれば、購入してすぐに壊してしまって諦めていた商品を補償することが出来るかもしれません。

こういったことからも、商品の購入は現金ではなくクレジットカードを使用するようにしましょう。

スポンサーリンク

フォローする



スポンサーリンク