本ページはプロモーションが含まれています

TopClipper の使い方|YouTube・Facebook・Twitterの動画をダウンロード可能

YouTubeを見ていたり、Twitter、Facebookのタイムラインに流れてくる動画を保存したいと思ったことはないでしょうか。

この手の動画ダウンロードソフトは、日本製ではなく中華製がほとんどで、どれが安全なのか、購入したいいが、ちゃんと動くのかが気になる点かと思います。

今回は、動画ダウンロードソフトとして最も有名なiMyFoneの「TopClipper」の有料プランに登録して使用してみましたので、ご紹介したいと思います。

MEMO
永久ラインセンスを購入した場合は上記の画像のとおり「VIPメンバー」と表示されます。

TopClipperとは

iMyFoneのTopClipperは、WindowsおよびMac OS X向けの高品質な動画ダウンロードソフトウェアです。

このソフトウェアを使用すれば、オンラインで視聴できるYouTubeはもちろんながら、タイムラインに流れるTwitterやFacebookの動画も含めて、ほとんどの動画をダウンロードできるようになります。

さらに、機能の豊富でユーザーフレンドリーなインターフェースを備えていて、自動クロップで簡単にオリジナル動画の作成もできてしまいます。

MEMO
音声ファイルのみをダウンロードすることも可能です。

>TopClipperのダウンロードはこちら

紹介動画が公式から提供されているので参考までに貼っておきます。

TopClipperの使い方

TopClipperの使い方はとても簡単です。

まず初めに公式サイトからソフトウェアをダウンロードし、インストール後にTopClipperを立ち上げます。

立ち上げるとこんな感じの画面が先に表示されます。

冒頭で触れたように、動画をダウンロードする機能に加えて、簡単に動画作成する機能もついています。

今回は、メイン機能の動画ダウンロードの方をご紹介します。

この画面が表示されたら、「透かし無しで動画をダウンロード」をクリックします。

ここからダウンロードしたい動画のあるサイトを選択します。

ここでは一例として、YouTubeの動画をダウンロードする場合をお見せします。

上記のYouTubeのアイコンをクリックするとYouTubeのトップ画面に遷移します。

みなさんがいつもアクセスしているYouTubeのトップ画面に来ました。

ここからダウンロードしたい動画を検索などして表示させてください。

例えば、上記画像のトップの一番左上の動画をクリックすると、クリックした動画を再生する画面に遷移します。

この画面の右下に「ダウンロード」というボタンがあるので、ここをクリックします。

すると、以下の画面が立ち上がります。

ここで好きな解像度を選択し、「ダウンロード」をクリックすると動画がダウンロードされます。

MEMO
「音声ダウンロード」と表示されているように、こちらを選択すれば、動画ではなく、音声だけをmp3でダウンロードすることも可能です。

その他の機能

動画のダウンロードの機能に加えて、動画の自動生成機能も備えています。

以下の画面から「自動的に動画を作成」をクリックします。

以下の画面に移るので、「+動画を追加」をクリックして動画をアップロードしてください。

取り込まれると以下のような画面になるので「開始」をクリックします。

開始をクリックすると、動画編集が自動で始まり、元の動画はなんの変哲もない犬と子供が戯れるフリー動画なのですが、TikTok用にOPが付き映えるように自動で編集されました。

TopClipperの違法性

非常に便利なソフトである一方で、「動画ダウンロード」と聞くと違法なのかどうかが気になるかと思います。

ダウンロードした動画の扱い方で違法になりうるので、しっかりチェックするようにしましょう。

利用目的ダウンロードファイル規約法律
私的利用違法なファイル規約違反法律違反
合法なファイル規約違反合法
その他の利用(友人へプレゼント、不特定多数に動画を見せるなど)違法なファイル・合法なファイル規約違反法律違反

まず動画のダウンロードと聞いて、思い浮かぶものが著作権です。

結論から言うと、「個人で」楽しむ範囲で利用する場合かつ合法なファイルのダウンロードについては、違法ではありません。

違法となるケースは、著作権法30条1項で定められている私的利用の範囲を超えて使用した場合です。

>参考:著作権法

例えば、ダウンロードした音楽を「有償」で販売したり、「友人」にあげたりといった、個人で楽しむ範囲を超えた場合です。

MEMO
そのため、「個人で」楽しむ範囲で動画をダウンロードしたことで、逮捕された事件なども発生していません。心配な方は、インターネットでニュースを検索してみてください。これまで、YouTubeの動画ダウンロードで訴えられたケースはありません。

例えば、私的利用の範囲を超えて音楽をダウンロードしインターネットのオークションサイトで販売したことで逮捕された事例をご紹介します。

著作権違反事例

つまり、動画を「個人で」楽しむ範囲を超えて取り扱った場合に違法となります。

以上から、動画をダウンロードして、個人で楽しむ場合については、日本の「法律上」問題ありません。

ただし、「YouTube」の利用規約違反です。

YouTubeの利用規約

YouTubeの利用規約の中に、以下のような記述があります。

本サービスの利用には制限があり、以下の行為が禁止されています。

  1. 本サービスまたはコンテンツのいずれかの部分に対しても、アクセス、複製、ダウンロード、配信、送信、放送、展示、販売、ライセンス供与、改変、修正、またはその他の方法での使用を行うこと。ただし、(a)本サービスによって明示的に承認されている場合、または(b)YouTube および(適用される場合)各権利所持者が事前に書面で許可している場合を除きます。

そのため、このソフトを利用する場合は、その動画サイトのアカウントが規約違反により停止するリスクがあります。

では、すべてが法律違反になるかというと、私的利用の範囲内かつ違法なファイルでなければ、合法です。

MEMO
以前は違法なファイルの「アップロード」が刑罰の対象でしたが、平成24年の著作権法改正により違法ファイルの「ダウンロード」も刑罰の対象となりました

私的利用の範囲を超えると、違法となり刑罰の対象となるため、注意してください。

以上のことから、私的利用かつ合法なファイルであれば、法律違反ではないため、アカウント停止のリスクはあるが、刑罰の対象ではありません。

価格

特定の動画ファイルだけほしいという場合であれば、1年間プランもありですが、現在提供されている動画配信サービスはこれから少なくとも5年以上は提供されつづけていくと想定されるので、永続ライセンスを購入しておくのをおすすめします。

MEMO
私も永久ライセンスにしました。

ちなみに、無料試用版もあり動画をダウンロードする機能に違いはありませんgな、有料版との最大の違いは、使用できる回数の制限です。

無料版では、透かしなしで動画をダウンロードする機能は1回のみ使用でき、自動作成機能は3回のみ使用できます。

まとめ

総合的に、iMyFone TopClipperは、高品質で使いやすい動画ダウンロードソフトウェアであり、多くのユーザーにとって非常に役立つツールです。

「Wireshark」というネットワークプロトコルアナライザーを使用しながら、通信を監視していましたが、特に不審な動きもなく、スパイウェアやマルウェアの心配はないと考えて大丈夫かと思います。

MEMO
だから、有償版を購入したというのもあります。

>TopClipperの公式サイトはこちら