Cube Mix Plus レビュー|Surface Pro 5とスペック拮抗タブレットPC

「Surface Pro 5」のスペックを意識してそれを超えるスペックを目指したタブレットが販売されましたのでご紹介します。

ハイスペックで有名な「Teclast X5 Pro」よりはスペックは下がるものの、「Surface Pro 5」の代替になり得るタブレットです。

「Teclast X5 Pro」については、以下を参照ください。

Surface Pro 5と同等スペックのタブレットPC|Teclast X5 Pro レビュー
Surface Pro 5と同等スペックのタブレットPC|Teclast X5 Pro レビュー
「Surface Pro 5」がほしいけど、高すぎて買えない。 そんなときの代替となるハイスペックタブレットPCがあります。 そ...
スポンサーリンク

CUBE とは

「CUBE」は、Shenzhen Alldo Cube Technology and Science Co.、Ltd。が所有するデジタルブランドです。

2004年に設立されており、当時はMP3、MP4プレーヤーなどを製造していましたが、今では、AndroidタブレットPCなどのハイテク機器まで広がっています。

近年では、ユーザーエクスペリエンスの向上に注力しており、製品の評判を向上させるために厳しい工場検査ルールを策定、大規模なカスタマーコールセンターも立ち上げ、アフターサービスに力を入れているため、信頼できるブランドといってもいいでしょう。

Cube Mix Plus について


Cube Mix Plus のスペックを以下にまとめました。

サイズ 10.6インチIPS液晶
解像度 1,920×1,200
OS Windows10
CPU Intel Core m3-7Y30
Core 1.6GHz Dual Core
CPU世代 Kaby Lake
(2017年現在最新)
メモリ 4GB
ストレージ 128GB(SSD)
カメラ 5.0MP
microSD 128GB

レビュー

スペックは十分、動作も快適

スペック的には、上の表を見ていただくとわかるとおりハイスペックなデスクトップPCと同等レベルです。
SSDですので、起動直後の動作も快適です。
当然ながらOFFICE類も滑らかに動作し、ゲームも余裕。

1024段階の筆圧感知

通常のスマホやタブレットでスタイラスを使ったことがある人は、自分が思った通りに文字や絵が描けないので、あっても意味がないと思われ方もいるかもしれません。

ですが、この「Cube Mix Plus」は1024段階の筆圧感知ができるため、紙に書くような感覚で文字や絵が描けます。

最近、クレジットカード支払いをした後のサインや、インターネット、ガスの点検など、タブレットでサインを書いて、書きにくいなと思った方に、ぜひ「Cube Mix Plus」を使っていただきたいと思います。

コストパフォーマンスはすばらしい

日本で販売されている同等レベルのスペックの商品はこのあたりになります。
Acer 2in1 ノートパソコン Switch Alpha

または、少しだけCPUのスペックが下がりますが、ディスプレイの解像度があがるこのあたり
HUAWEI 12.0型タブレットパソコン MateBook

中華メーカーと比較すると日本で購入できるものでは全く太刀打ちできないことがわかります。

デメリット

デメリットらしいデメリットはないのですが、強いて言うなら私が使用してみて思ったのですが、スピーカーが一つですので、ステレオ分離ができないくらいでしょうか。

重量も0.7㎏と重くはなく、おすすめできるタブレットです。

まとめ

これだけのハイスペックの端末が格安で購入できるのはすばらしいと思います。

少なくとも5年以上は買い替えが不要なレベルですので、メイン機としても、初めてのタブレットとしてもおすすめできる一品です。

Cube Mix Plus」の詳細は以下で確認してください。

Cube Mix Plus

スポンサーリンク

フォローする