一戸建て住宅の業者の選び方|押さえておきたい6つのポイント

建売住宅は不動産会社の分譲地にある1軒1軒の物件から選ぶことになりますが、注文住宅は土地を確保したあと、家を建てる依頼先を選ばなければなりません。

依頼先には大きく分けて、ハウスメーカー、工務店、設計事務所があります。

それぞれ、特徴が異なりますので、自分たちにあったパートナーを選択するようにしましょう。

スポンサーリンク

家づくり依頼先の特徴

それぞれの特徴を以下のとおりまとめてみました。

ハウス
メーカー
工務店 設計
事務所
設計
デザイン
×
コスト 標準仕様から外れると高くなりがち 割安 工事費用に加えて、設計料が発生する
施工
レベル
ムラがない 業者によりムラが激しい ムラがない
アフターサービス 充実している 業者によりムラが激しい ムラが激しい

それでは、それぞれの項目を詳しくみていきましょう。

ハウスメーカー

設計デザイン

数種類の標準仕様住宅(規格住宅)に商品名をつけ、設計変更やオプションなどのマイナーチェンジを加えて施工主の希望に応えていく。
部材を大量生産することにより商品の質や価格をある程度保っているため、細やかな要望には対応できないことも少なくない。

コスト

高額商品からローコスト商品まであるが、坪単価などで表示されているのは標準仕様の場合。

オプションを多く採用するとコストアップするので、どこからどこまでが標準なのかチェックが必要。

施工レベル

工場生産の部材を使って工場で組み立てるので、品質にムラがないのが特徴。

現場では据付工事がメインなので、大工によるバラつきが少ない。
同じ理由で工期は短くて済みます。

アフターサービス

自社のアフターサービス体制を体系化し、セールスポイントにしているメーカーも多い。

また、引き渡し後もリフォーム工事の受注のために、営業担当者が定期的に足を運ぶことがあります。

デメリット

・多額の広告宣伝費を投入する業者が多いため、全体的に工務店よりも割高になる。
・規格品を組み合わせて、作るので細やかな修正が効かない。
・規模の大きい会社の場合、担当者によって力量に差がある。
・エリアによって、営業担当者が決まっており、商品を気に入っても営業担当者と相性が合わなければ話が進まない。
・実際にせこうするのは下請け工務店なので、下請け業者の腕次第で出来上がりに多少の差が出る。

情報源

モデルハウスに出向き気に入ったメーカーのカタログをもらったり、ホームページからカタログ請求するのが一般的。

大手メーカーでも、展示場ごとに異なる商品を出展しているので、同一メーカーないで見比べることも可能。

また、以下のようなサイトで複数のハウスメーカーの資料を取り寄せたりもできる。

オウチーノリフォーム

工務店

設計デザイン

地元密着の小さな会社が多く、木造軸組工法など古くからの日本にある工法でオーソドックスな家を建てるのが得意。

設計の自由度が高く、細かな要望に応えられるが、斬新な企画や最先端のデザイン提案などはあまり得意でないことが多い。

コスト

ハウスメーカーに比べて、一般的にコストは割安。

設計費は工事費用に含まれる。

見積りの明細が不明確な場合もあるので、チェックが必要。

施工レベル

抱えている大工の腕次第なので、業者による力の差が大きい。

アフターサービス

地元の信用を第一に営業しているため、問題があれば迅速に対応するケースが多い。

ただし、業者によってバラつきが大きいので、住宅性能保証制度の登録業者を基準にして選ぶと安心。

デメリット

・もともと昔ながらの木造軸組立住宅を手掛けていた業者が多く、斬新な発想やデザインがあまり出てこない。
・地元密着なので、施工できる範囲が限られる。
・広告宣伝をしていないため、いい業者は口コミでないと見つけにくい。
・アフターサポートが体系化されていない業者も存在する。

情報源

昔からの知り合いや知人の紹介というケースが大多数。

地元になじみがない場合などは、インターネットやチラシなどを見てチェックすることもできる。

設計事務所

設計デザイン

案件ごとに工務店を選んで施工させるので、工法や設備などの制限は一切なく、デザインや間取りでも規格品にはない斬新な提案をしてくれる。

ただし、デザインを優先するあまり、暮らしやすさより見た目重視の家になる可能性があるので、方向性をよく話し合うことが大切です。

コスト

設計事務所に支払うのは、工事費用の8~15%ていどの設計管理費。

工事中の施工管理費もこの中に含まれる。

工事費用は実際に工事を行った工務店に支払う。

施工レベル

施工会社の選択しを多く持ち、プロの目で物件に適した施工会社を選んでくれるので安心。

建主の立場から施工管理するため、欠陥住宅が生まれにくい。

アフターサービス

建物の保証は施工業者が担当。

ほかにトラブルがあった場合の連絡先などは、引っ越し時にしっかり確認する必要がある。

デメリット

・設計に力を注ぐため見栄えのいい家ができるが、その分設備や仕様が高価になりがち。
・設計事務所により得意分野やデザインの好みが大きく違うので、自分に合った事務所を探す必要がある。
・コンセプトやデザインを優先するあまり、施主の要望を聞き流す建築士もいる。
・設計したものが採用されなかった場合は、提案量を請求されることが多い。

情報源

住宅情報誌や雑誌、設計事務所の紹介サイトなどで設計事務所を知り、連絡を取る。

これまでの実績をホームページで写真とともに紹介している事務所が多いので、テイストが気に入った建築家から絞り込もう。

まとめ

ハウスメーカー、工務店、設計事務所ともにそれぞれ特徴があります。

そして、さらに、ハウスメーカーの中でも得意不得意、アフターサービスの充実度など変わってきます。

まずは、自分の求めるマイホームがおおざっぱにハウスメーカー、工務店、設計事務所どれにマッチしているかを考えることから始めましょう。

スポンサーリンク

フォローする