一戸建て住宅の建築工法毎の特徴|メリット・デメリットを理解して選択しよう

戸建て住宅は構造材の素材別に、

①木造
②鉄骨造
③鉄筋コンクリート造

の3つに大きく分けられます。

さらに①は木造軸組工法(在来工法)、2×4工法、木質パネル工法、②は軽量鉄骨構造、重量鉄骨ラーメン構造、③はラーメン構造、壁式構造などがあります。

もっとも一般的なのは、木造軸組工法で、多くの工務店はこの工法を採用しています。

2×4工法は壁・床・天井の6面で家を支えるもので、地震に強く気密・断熱性が高いのが特徴。

木質パネル工法はハウスメーカーが工場部材を生産し、現場で組み立てるもので、工期が短く品質が安定しています。

鉄骨造や鉄筋コンクリート造は耐震性は高いものの、工期が長くなり、コストも高くなりがちです。

業者によって、工法の得手・不得意があります。
工法を選ぶ際は予算や工期はもちろん大切ですが、家づくりにあたって一番優先させたい性能(メリット)を念頭に考えましょう。

ここでは、それぞれの工法毎のメリット、デメリットを比較していきます。

スポンサーリンク

木造

木造軸組工法(在来工法)

特徴

柱・梁・筋交いなどの木材を組み合わせて骨組みをつくる伝統的な工法。

日本の住まいの約7割を占める。

施工次第で耐震性に大きな差が出るので、近隣や業界の評判をよく聞き、信頼できる業者を選ぶ。

メリット

・0.5㎝刻みで柱や壁を動かすことができ、間取りの自由度が高い。
・増改築がしやすい
・部材の種類が豊富

デメリット

職人の腕により仕上がりにバラつきが出る
・吹き抜けなどの大空間は不可能

敷地との適応性

・変形地や狭小地など、どんな敷地にも対応しやすい。
・湿気の高い土地だとシロアリ被害や木材の腐朽が起きやすく、床下の換気対策が重要。

2×4工法

特徴

北米生まれの工法で、枠組壁工法とも呼ばれる。

断面寸法が2×4インチの木材で枠組をつくり、そこに構造用合板を釘打ちをする。

将来のリフォームまで考えて、経営の安定した業者を選ぶ。

メリット

・地震の揺れを床・壁・天井の6面に分散して受け止めるため、地震に強い。
・気密性・断熱性・遮音性が高い。
施工が簡単なので、均一に仕上がる
・工期が短い

デメリット

・壁で強度を持たせているため、設計の自由度が低い。
・あとから増改築がしづらい
・気密性が高いので、内部結露が起きやすい
・構造用合板を用いるため、シックハウス対策に限界がある。

敷地との適応性

・どんな敷地でも施工は可能
・湿気の高い土地だとシロアリ被害や木材の腐朽が起きやすく、床下の換気対策が重要。

木質パネル工法

特徴

床・壁・天井パネルを規格化し、工場生産して現場に搬入して組み立てる工法。

ハウスメーカーによって工法が異なるので、希望の工法かどうかを十分に検討する。

メリット

・部材を工場生産するので、品質が安定している。
職人の腕によるバラつきが少ない。
・工期が短い。

デメリット

2×4工法と同様

敷地との適用性

・規格化されたパネルなので、変形地や狭小地には向かない。
・パネル搬入する道路によっては施工でいないこともある。

鉄骨造(S造)

軽量鉄骨構造(プレハブ)

特徴

柱や梁に厚さ3~5mmの軽量鉄骨を用い、筋交い(ブレース)で対角に補強する工法。

木造軸組工法の鉄骨版。

大手メーカーが多く参入しているため、商品としての完成度は高い

予算やプランなど含めて検討し、自分に合うメーカーを選ぶ。

メリット

・地震に強い。
・鉄筋コンクリート造よりも軽量で経済的。
・部材を工場生産するので、品質が安定している。
職人の腕によるバラツキが少ない。
・工期が短い。
・3階建てが可能。

デメリット

・鉄の性質上、熱に弱く、サビやすい。
木造より建築費が高い

敷地との適用性

・変形地への対応は難しい。
・狭小地では割高になる。
・施工の際、大型トラックやクレーン車が入るスペースが必要になる。

重量鉄骨ラーメン構造

特徴

柱や梁に厚さ6~9mmの鉄骨を用い、接合部をボルトなどで一体化させる工法。

ラーメンとはドイツ語で剛構造のこと。

都心の規模の大きな工務店がメインに行う工法。

メリット

・地震に強い。
・部材を工場生産するので、品質が安定している。
職人の腕によるバラつきが少ない
・工期が短い。
・筋交いが必要ないので、大空間や大開口が実現できる。
・増改築がしやすい。
・部材次第で4階建て以上も可能。

デメリット

軽量鉄骨構造と同様。

敷地との適応性

軽量鉄骨構造と同様。

鉄筋コンクリート造(RC造)

特徴

鉄筋を配してコンクリートで固めたものを柱や梁にするラーメン構造と、壁と床で構成する壁式構造がある。

引っ張る力に強い鉄筋と圧縮力に強いコンクリートを合わせ、強度を出す。

技術のしっかりした業者を選ぶ。

メリット

・耐火性・耐震性・耐久性に優れる。
・遮音性が高い。
・ラーメン構造は増改築にも対応しやすい。

デメリット

・工期が長い。
木造より建築費が高い。

敷地との適応性

・現場施工なので、変形地や狭小地にも対応できる。
・建物自体に重量があるため、通常よりも基礎や地盤の強化が必要。
・狭小地では割高になる。

まとめ

世の中に存在する工法が一つでなくたくさんあるのは、それぞれメリット・デメリットがあるためです。

自分がマイホームを建てる際に、大切にしていることを念頭にいれて、工法を選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

フォローする