一戸建てかマンションか!比較ポイントまとめ|どちらがお得

一戸建ては、土地が永久に残るからマンションよりお得だと考える人は多いようです。

ですが、将来の資産価値が上がる土地もあれば、下がる土地もあります。

マンションも同様で、物件によっては、買った当時よりも高く売却できる可能性が十分あります。

そのため、一戸建てかマンションかを選ぶ際に、損得で考えるのは賢明ではありません。

それよりも、家族一人ひとりのライフスタイルや将来の希望にあった住居を選ぶことが大切です。

ここでは、一戸建て、マンションのメリット、デメリットを比較していきます。

スポンサーリンク

一戸建て

メリット

・騒音トラブルが起こりにくい
・ガーデニングを楽しめる
・敷地内に駐車場が取れる
・自由にリフォーム、メンテナンスができる
・自由にペットが飼える
・窓が多く、採光、通風に有利
・管理費、修繕積立金がない
・町内会など地域のコミュニティーが充実している。

一戸建ての場合、家と家の間にスペースがあり、上下階に住民がいないため、騒音のトラブルは比較的起こりにくいです。
また、庭を作ることができるため、ガーデニングを楽しむこともマンションに比べて容易です。

また、マンションの場合、管理費や修繕積立金、駐車場代をローンとは別に支払う必要があるため、本体価格だけで判断しないよう注意が必要です。

デメリット

・セキュリティに不安
・駅からの距離が同じならマンションより割高
・断熱性、遮音性はマンションよりも低い場合がある
・自分で清掃、管理が必要となる
・苦手でも近所との付き合いが必要
・2階建て以上は、上り下りが面倒
・耐震性が心配

マンションの場合は、基本的には玄関の鍵とベランダの窓からしか侵入経路がなく、階数が上がればそれだけで、セキュリティ対策になりますが、一軒家の場合は、侵入経路である窓が複数あるため、セキュリティにどうしても不安が残ります。

また、マンションは上下左右が分厚いコンクリートで覆われているため、特に対策しなくも断熱性、遮音性は優れていますが、一軒家の場合は、外気に晒されているため、お金をかけて対策をしないと、夏は暑く、冬は寒い家になってしまいます。

マンション

メリット

・鍵一本でほぼすべての戸締りができる。
・同じ予算で一戸建てよりも駅に近い物件が買える
・高層階だと眺望がよい
・大規模マンションは託児所など共用施設が充実
・断熱性がよい
・共用部分は管理会社がメンテナンスしてくれる
・階段の上り下りがない
・地震に強い

小さな土地に複数の住戸を建設するため、駅に近い物件でも一軒家に比べて安く購入できます。
また、最近では玄関のカギを締めるだけで、自動でベランダの窓の鍵も締まる物件を販売されており、一軒家に比べて窓が少ないため、セキュリティは非常に高いのが特徴です。

一軒家の場合は、1階から2階への上り下りがありますが、マンションの場合はなく、老後も安心です。

デメリット

・ガーデニングを楽しみにくい
・上下階、隣と騒音トラブルが起こりやすい
・ペットが飼えないことがある
・管理組合での話し合いなどがあった際、住民の合意一致が難しい
・高層階だと子どもが出不精になってしまうことがある
・管理費や修繕積立金、駐車場の支払いがある
・リフォームに制限がある

コーポラティブ・ハウスという選択

コーポラティブハウスとは、入居予定者が事前に組合をつくり、自分たちで土地探し、設計依頼、施工発注などを行う方式で建てられた集合住宅です。

注文住宅のように、入居者の個々の希望を反映させながらプランを実現していく、自由設計のマンションといえます。

外観や内装に好みのデザインを反映させやすいなどのメリットがある一方で、組合の協議に非常に時間がかかるといったデメリットもあります。

メリット

・少ない資金で大規模な集合住宅の建築に参加できる
・外観、内装ともに好みを反映しやすい
・広告宣伝費などかからないので割安
・入居者とは入居前からコミュニケーションをとるため、入居後の関係もスムーズになることが多い
・入居者全員が近隣住民と話し合え、問題が起きにくい

デメリット

・建築業者選び、土地の取得など専門知識が必要
・組合員同士の話し合いが多く、時間がとられる
・組合の脱退は、建物完成まで基本的に不可

まとめ

通勤、通学時間を重要視するなら駅から近い物件のマンション、大きな犬を飼いたいなら庭がつくれる一戸建てなど、条件や希望によって、どちらが向いているか見えてくるはずです。

何を重視するかは家族でじっくり話し合いましょう。

スポンサーリンク

フォローする