e-Taxを使って自宅からネットで確定申告しよう

皆様は毎年「確定申告」はどのようにされているでしょうか。
多くの方は税務署に行って申告をしているかと思います。
毎回、計算間違いがないか、添付書類に不備がないかを担当の方に聞きながら申告書を作成しているのではないでしょうか。
私も一度、税務署に行き確定申告をしたのですが、長蛇の列に並び何時間もかけてヘトヘトになりながら、確定申告をしました。

実は、もっと簡単に自宅で確定申告できる「e-Tax」をご存知でしょうか。

e-Taxとは申告・納税などの国税に関する各種手続きについてインターネットを利用して電子的に手続きが行えるシステムのことをいいます。
パソコンの操作が苦手な人でも大丈夫です。本当に簡単なパソコンの操作だけで完結します。

スポンサーリンク

メリット

e-Taxで確定申告するメリットをご紹介します。

24時間いつでも申告可能

確定申告期間中は24時間いつでも申告ができるので、わざわざ税務署に行って、並ばなくても大丈夫です。自宅からインターネットで申告できます。
忙しくて時間が無い人にとってはうれしいですね。

各種書類はすべて提出不要

e-Taxで申告する場合の医療費の領収書や源泉徴収票などについては、病院などの名称や支払い金額などの記載内容を入力して送信することでこれらの書類の提出は不要です。郵送しなくてもOKです。

税金の還付が早い

申告した内容が還付の場合、申告内容に問題なければe-Taxであれば約3週間で処理されるので、税金が還付されるのが早いです。

「e-Tax」については、デメリットが一切ないため、税務署で無駄な時間を過ごさないためにも必ず実施すべきです。

e-Taxに必要なもの

いくら便利とはいえ、いざ自宅のパソコンで申告するとなったら何から始めたらいいのかわからないと思います。
まずは、e-Taxに必要なものを揃えましょう。

・インターネットに接続されたパソコン
・電子証明書(マイナンバーカード or 住基カード)
・ICカードリーダライタ

電子証明書

電子証明書とは申告書などの作成者がだれであるのかデータが改ざんされていないかといったことを確認するためのものです。 e-Taxで申告書を送信するには、本人であることを電子的に証明することができる電子証明書が必要になります。
マイナンバーカードのICチップには電子証明書が標準的に組み込まれています。
もし電子証明書をお持ちでない場合は、事前にマイナンバーカードを取得してください。

また、過去にe-Taxをご利用になった方もマイナンバーカードを取得した場合や引っ越しなどでマイナンバーカードを再取得した場合は、電子証明書の登録または再登録が必要になります。
なお、住民基本台帳カードをお持ちの方は、電子証明書の有効期間を確認してください。
確定申告を行うまでに有効期間が満了する場合は、申告などの期限に間に合うように、マイナンバーカードの交付申請を行ってください。

ICカードリーダライタ

電子証明書をパソコンで読み取るためのICカードリーダライタが必要になります。ICカードリーダライタとは、ICカードに組み込まれた電子情報を読み取るための機器のことをいいます。

ICカードリーダライタは家電量販店、インターネット通販サイトなどで購入することができます。
マイナンバー対応製品はお店の方に聞くのも可能ですし、公的個人認証サービスのポータルサイトにも対応商品が掲載されています。
どれがいいかわからない方は、私が使用しているソニーの「RC-S380」でよいかと思います。

事前準備ができれば、さっそく「e-Tax」で確定申告してみましょう。

スポンサーリンク

フォローする



スポンサーリンク