マクドナルドの裏技公開中

ER-SD7000 レビュー|特徴比較・口コミ・富士通のスチームオーブンレンジ

やっぱり毎日の料理は家族のことを考えると目一杯頑張りたい、時間の制約もあるし忙しい毎日のなかで、これが1台あると強い味方がいるようなもの、というのがスチームオーブンレンジです。

そして、そのスチームオーブンレンジも新しい機能が備わって、しかもお求めやすい値段になったものが色々出てきました。

そんな中でも、石窯という名前のついた東芝の石窯ドームER-SD7000についてレビューしていきたいと思います。

ER-SD7000とは

ER-SD7000(富士通)
庫内容量(サイズ)
(5.0)
グリル性能
(5.0)
スチーム性能
(4.0)
オーブン性能
(5.0)
レンジ性能
(5.0)
その他機能
(3.0)
コスパ
(3.0)
総合評価
(5.0)

ER-SD7000は、東芝の過熱水蒸気オーブンレンジの石窯ドームシリーズのプレミアムモデルとして登場しました。

人気の石窯ドームシリーズですが、今回は、各社の同じクラスのライバル機の各項目について比較していきます。

グリル機能

まず、ER-SD7000のグリル機能について見ていきましょう。

このER-SD7000の最大のセールスポイントは、庫内の温度350℃というのを実現させた高出力にあります。

PanasonicのNE-BS655の場合は、最高温度が250℃、日立のヘルシーシェフMRO-VW1の場合は300℃、SHARPのヘルシオAX-XW500の場合は300℃となっていますから、違いがはっきりとします。

この高出力と石窯ドーム構造が生み出す高温により、グリル料理でもカラッとあたためが可能となりました。

そのメリットは肉料理などで、はっきりと出でます。こんがりとした焦げ目がつきながら、それでいてジューシーに仕上がるというのがウリとなっています。

このように、上部の湾曲したヒーターの熱で食材を素早くしっかりと焼き上げることができます。

また、30Lの容量を実現した庫内では、さんまだと丸ごと4匹を同時に焼き上げることができますし、トーストも4枚同時に焼くことができますから、家族同時に食べれるのがいいですよね。

そのトーストですが、オートトーストとスチームトーストの二通りの調理が可能となっていて、ふっくらとした焼き上がりが味わえます。

また、スチームオーブンを使って自宅でパンを焼かれる方にとっても、このER-SD7000は頼もしい味方になりそうです。何よりも嬉しいのが、他の機種に比べてパンのふくらみ具合が全然違うということです。また、スチーム発酵とともに発酵機能も充実していてパン作りには最高のようですね。

スチーム機能

ER-SD7000はスチーム方式に給水カセット方式というのを採用しています。

この給水カセット方式というのは給水カセットに水を注いで水蒸気を蒸発させる方式です。

このクラスの機種になると多く採用されている方式で、その他の庫内の容器に水を入れておく方式に比べると、きめこまかくスチームの噴射やコントロールができるのが特徴です。

そしてスチーム機能としては、100℃で調理するお手軽蒸しというのと、35℃~90℃で調理する低温蒸しというメニューが用意されているので、調理の内容に応じて使い分けが可能となっています。

過熱水蒸気調理では、100℃を超える水蒸気で調理するため、特に野菜などの感想が抑えられるため、素材の触感と味を生かした調理が可能となっています。

また、高火力のヒーターと高温の水蒸気の組み合わせで調理するハイブリッド調理では、例えばハンバーグならば、表面は一気にからっと焼き上げ、うまみや水分を閉じ込めたうえで、加熱水蒸気で中まで、じっくりと過熱し、ふっくらとした仕上がりが可能となっています。

過熱水蒸気とヒーター等を使って調理するのは、スチームオーブンレンジの中では、よく見られることですが、手動で設定への対応が可能なのが、この東芝の石窯ドームシリーズの特徴でもあります。

低温スチームメニューとしては、プリンや茶碗蒸し、ハイブリッド調理ではハンバーグやカツレツ、加熱水蒸気調理ではやきそばなどがおいしくできます。

注意
シャープの「ウォーターオーブン方式」のように完全にスチームのみでの調理はできなく、ビタミンCやタウリンの保全といった部分では、劣ります。

オーブン機能

ER-SD7000では、ラウンド石窯ドーム構造を使って庫内まるごろ遠赤で温め、上下2段のワイド熱風で隅々まで調理が可能となっています。

その結果、オーブン内の温度は100℃から350℃といった高温状態での調理が可能となっています。350℃の大火力が可能となっているので、余熱にかかる時間も短いですし、高温をキープするのも得意であることが、このER-SD7000の最大の特徴です。

過熱水蒸気調理では、100℃から300℃までを実現し、ハイブリッド調理でも100℃から250℃・300℃までが可能となっていて、ノンフライ調理も可能となっています。水タンクを利用せずに温風で調理するため、カラっとした仕上がりぐらいになります。

大出力と石窯ドームでの遠赤外線効果を使った調理ということで、オーブン機能を使った肉料理やピザなんかでは、他のシャープや日立、パナソニックといったメーカーの機種の追随を許さないものがあるようです。メーカの比較でも、同社の上下ヒーター式の250℃のオーブンで焼いた場合とこのER-SD7000で300℃で焼いた場合との比較が出ていますが、随分と焼き上がりが違うみたいですね。

レンジ機能

ER-SD7000のレンジ機能の大きな特徴は、1,025エリアを感知できる可動式の赤外線センサーと中央固定センサーで庫内の温度を監視しているため焼きムラやあたためムラのようなものがないことです。

これは、レンジ機能以外の料理でもいえることですが。例えば、SHARPのヘルシオの場合、赤外線ムーブセンサー、絶対湿度センサー、そして庫内の温度センサーという3つのセンサーを備えているのですが、庫内の温度観測の密度から言えば、このER-SD7000のセンサー機能というのに軍配が上がります。

また、PanasonicのNE-BS655の場合は、スイングサーチ赤外線センサーによって温度を感知しているのですが、どうしても体積の大きなものの表面温度と内部の温度の差に弱かったり温度の違う食材をいくつか入れた場合の調理が不得意だったりします。

そして、大型アンテナと呼ばれる電波の受け皿が付いているおかげで、電波を隅々までいきわたらせることができるのも、特徴となっています。

ER-SD7000のレンジ機能は多彩な設定が可能となっています。5分までなら、1000W相当での利用も可能ですし、600、500、200、100W相当の利用も可能となっていますから、お惣菜なんかの調理でも、便利ですよね。

そして、あたため機能としては、ごはんやおかず、牛乳やお酒といったものは勿論ですが、ゆで野菜の調理や例えば冷凍のごはんの解凍・温めと常温のおかずの加熱を同時に二品を同時に温めたり好みの温度の調理もできます。

そして、レンジ機能になくてはならない解凍も、お急ぎ解凍やスチーム全解凍が少量の50ℊから対応してくれますし、もちろん、おさしみや半解凍にも対応してくれています。

その他の特徴

庫内容量は30Lを誇りながら業界最小で奥行き39.9㎝の薄型コンパクトなサイズを実現しているので、このクラスのオーブンレンジが置けちゃうというのも魅力です。493のレシピを備えていますが、これは日立ヘルシーシェフ MRO-VW1の286と比べるとかなり多いと言えます。

庫内にはお手入れ簡単なとれちゃうコートというのが施され問題ないようです。手間なしお手入れコースというのも用意されていて、石窯ドームというとなんだか特殊な構造でお手入れなども大変な印象を受けますが、その点にも配慮されているようです。

カラータッチの液晶表示が採用され使いやすさにも定評があります。そして深皿調理が可能になったことで、水分の多い料理が可能になった他、たくさんの料理が一度にできます。また、深皿の中にいくつかのおかずを入れることで、同時に料理を作ることも可能です。また、上段で深皿料理、下段のオーブンでオーブン料理も可能となっています。

残念なところ

東芝の石窯シリーズは従来から他の機種に比べて、若干の音のうるささが言われてたり、高出力の分、周囲の温度も高くなってしまうことです。

akira

まあ、石窯ドームという構造の中で高温を実現させ、庫内の温度を保つためには仕方がないことではあるのですが、、、

また、大きさですが、確かに奥行きはないのですが、幅が以外に広いので、購入する前に、設置箇所のサイズをチェックするようにしましょう。

また、機能面では、グリル機能については、上部からの片面焼きとなるため、両面をこんがりと焼くには裏返したらいといった手間が必要となります。

石窯ドームとの合わせ技でのクオリティーを高めているため、グリル機能に重点を置きたい場合は他の機種を選択するといったこともあるのかもしれません。

また、シャープのAX-XW500等と比べると、AIやIoTといった連携については手を付けられてない部分とも言え、それは今後の課題として残されているような感じです。

akira

私はガジェット好きで、ウェアラブル端末を複数所持・利用したり、家電連携系のガジェットも持っていますが、レンジはAIやIoT連携は余計な機能な感じがしており、余計な機能にコストが積まれていないことが逆にER-SD7000が好感触だったりします。

まとめ

東芝の石窯ドームシリーズのER-SD7000について見てきました。

石窯ドームという名前のとおり、特にパンを焼かれる方にはとってもいいようです。業界最高水準の350℃による高温調理が可能となったことも勿論、魅力ですが、庫内も30Lの容量を実現しているため、サンマ4匹、食パン4枚といった家族分が一度に調理できるというのもまた魅力です。

高出力と石窯ドームの効果で、ご家庭でパンを焼かれたり、肉料理を楽しむ、あるいはピザが大好きといった家庭では、このER-SD7000で決まりかもしれませんね。