ラーメンを無料で食べる裏技公開中

YouTubeのオープニング動画制作におすすめの動画編集ソフト|FlexClip

YouTubeで動画配信される方が非常に増え、動画で情報発信すること自体が、それほどめずらしいものではなり、競争が非常に激化することで、動画全体としてどんなにクオリティの高いものを制作しても、始めの数十秒で視聴者に興味を持たれないと他の動画に流れてしまうことが容易に起こりえます。

そのため、YouTubeの動画では、サムネイルはいわずもがな、視聴者の興味を引き、期待感をあおるオープニング動画についても非常に重要です。

ここでは、YouTubeのオープニング動画を「自分で」、「かんたんに」制作するためのツール・ソフトウェアと方法をご紹介していきます。

どんなオープニング動画が制作できるのか

例えば、YouTubeのオープニングを意識して、本サイトのサイト名とロゴを入れたオープニングムービーを作成してみました。

MEMO
制作時間は10分ほどです。

もっと重厚でかっこいい感じが好みの方はこんな感じのも制作できます。

MEMO
こちらも制作時間は10分ほどです。

日常系や料理系の動画を投稿している方ならこんなテイストのものはどうでしょう。

MEMO
こちらも制作時間は15分ほど

「自分で」「かんたんに」かつこれだけのクオリティで制作に時間がかからないのは、「FlexClip」というツールを利用しているためです。

動画制作ツール「FlexClip」とは

  • ブラウザ上で動画編集するので、ハイスペックのパソコン不要
  • 高クオリティのテンプレートをベースに制作するので、動画編集スキル不要
  • 無料で利用可能

「ブラウザ上で」「テンプレートをベースに制作」することで、誰でも簡単に動画を制作することができるツールです。

動画の制作方法は、自身が制作したいと思っている動画のイメージに似ている動画のテンプレートを「FlexClip」上から選択して、テキストや画像を挿入して動画を作り上げていきます。

テンプレートがすでに高クオリティですので、自分で作業する内容としては、「ロゴ」の画像を挿入したり「テキスト」を編集したりするくらいしかありません。

動画編集の流れ

STEP.1
テンプレートを選ぶ
自分が制作したい動画のイメージに合うテンプレートを選択します
STEP.2
画像をアップロード
ロゴやオープニング動画に使用したい画像をアップロードします
STEP.3
音楽をアップロード
バックミュージックとして利用したい音楽をアップロードします。テンプレートの中に音楽は含まれているので、テンプレートの音楽が気に入れば、この作業は不要です。
STEP.4
テキストの修正
テンプレートに仮テキストが入っているため、修正します。
STEP.5
エクスポート
編集が完了すれば、mp4でエクスポートが可能です。
実際に試してみるとわかりますが、動画編集自体は動画自体に画像やテキスト修正を行っていくので直感的でとっつきやすいと思います。

動画編集自体の時間はほとんどなく、すぐ終わりますが、魅力的なテンプレートが非常に多いので、こっちもいいな、あっちもいいなと眺めているだけで1時間過ぎてしまった、、、なんてことが起こるので、テンプレート選びが最も時間がかかる工程かもしれません。

これ以降は、実際に私が制作した動画の制作過程をお見せしたいと思います。

テンプレートを選ぶ

YouTubeのオープニングムービーを制作するので、テンプレート選択画面の「Intro & Outro」をクリック


テンプレートがいくつも並んでいるので、お好みのテンプレートを探します。

私は、以下のテンプレートを選択しました。


テンプレートを選択すると、動画編集画面に移ります。

画像をアップロード

左のタブの「Media」を選択します。


その後、「Local Files」をクリックして、私の場合は、表示させたいロゴ画像をアップロードしました。


ロゴに差し替えたい画像をクリックします。

このテンプレートはロゴ用のダミーの画像「LOGO PLACE」が貼られているので、ここをクリックします。


画像をクリックすると、「Replace」という表示ができるので、クリックすると画像が差し替わります。

音楽のアップロード

今回は、テンプレートに使用されている音楽をそのまま利用するため、音楽のアプロードは実施しませんでした。

音楽を差し替える場合は、左のタブにある「Music」からアップロードして差し替えが可能です。

テキストの修正

「LOGO NAME」と書かれているテキストをダブルクリックすると、「Edit Your Text」と表示されて、テキスト修正が可能です。

ここでは、このサイト名の「Smart Eco Times」へ書き換えました。


書き換え後はこんな感じです。

エクスポート

最後に動画のエクスポートを行いmp4で保存します。

非常に簡単で右上の「Export」をクリックするだけでOKです。

まとめ

動画編集過程を見ていただくとわかるとおり、画像のアップロードとテキスト修正だけで、これだけの高クオリティ動画を制作することができます。

こういった動画制作を委託しようとすると、最低でも数万円必要ですし、自分のイメージと異なる仕上がりになった際の修正回数が規定されていて、結局思い通りのものができなかったりとトラブルがつきものです。

一方で、「FlexClip」はそういったリスクもなく、自分のイメージに最適なテンプレートから選び、自分で制作するため、費用もかからないかつ自分のイメージ通りの動画を制作することができます。

YouTubeのオープニング動画の制作をしたい方や、こういったショートムービーだけでなく、尺の長い動画もテンプレートから制作できるので、初心者には特におすすめです。