飲食店で誰にもバレずに食事代をキャッシュバックする方法|会社の宴会・合コンの幹事で稼ぐ

皆さんは飲食店で食事をする際に、クーポンを使用したことはないでしょうか。

節約志向な私は、事前に飲食店をネットで検索しクーポンがあるかどうかをチェックして、クーポンがある場合は必ず使用するようにしています。

私自身はクーポンを使用することに対して、賢く節約していると思っているのですが、中には、

・クーポンを使うのは恥ずかしい
・デートで女性にクーポンを使っているところを見せたくない

などなど、クーポンを使用することにネガティブなイメージを持っている方も中にはいらっしゃるかと思います。

そんな方に朗報です!
事前にネットで申し込んでおくだけで、飲食店での会計は正規料金を支払い、あとから、クーポン分の差額をキャッシュバックする方法があります。

スポンサーリンク

食事代をキャッシュバックする方法

ぐるリザ」を使います。

ぐるリザとは

ぐるなびやホットペッパーグルメなどとよく似たクーポンサイトです。
割引率が非常に高いので、そのスジでは有名なサイトで、ここを通してお店を予約すると、お店でクーポンを見せることなく、後からキャッシュバックをもらうことができます。

ぐるリザのメリット

一般的なクーポンサイトと比較して「ぐるリザ」のメリットは、なんといってもクーポンの定時が不要なことです。

店頭では、割引が一切効いていない正規料金を支払います。
そして、後からキャッシュバックをもらうことで、店頭でのクーポン提示なく、実質クーポン分を還元されます。

デートのときも、クーポンの提示が不要なので、スマートに会計できますね。

また、飲み会の幹事になった際は、このサイトを利用することで、例えば、一人当たり5,000円の宴会で20名参加した場合、通常であれば、参加者から5,000円回収をして収支はプラスマイナス0ですが、ぐるリザで還元率50%のお店だったとしたら、

5,000円×20人×50%還元=50,000円

なんと、誰にもバレずに50,000円の儲けを出すことができます!

ぐるリザのデメリット

うまい話ばかりではありません。
クーポン提示不要という仕組み上、ちょっと面倒くさい手続きがあります。

ぐるリザで予約すると、タイム割IDが払いだされます。
その後、お店に入って、正規料金で会計した後、ネットから支払った正規料金を申告します。
すると、お店は事前に払い出されたタイム割IDがと正規料金の会計からキャッシュバック料金を算出し、承認すると、皆さんのIDにポイントが付与されます。

ポイントはRポイントといって、1円=10Rポイントです。
そしてこのポイントを現金に還元して、すべての手続が完了です。

そのため、クーポン提示不要とするためには、

・ネットで事前予約
・正規料金会計後にネットで料金を申告
・付与されたポイントを現金に換金

という手続きを踏む必要があります。

まとめ

クーポンを店頭で提示する必要がないというメリットと、手続きが面倒というデメリットを比較して、TPOに応じて、使い分けるのが賢いやり方だと思います。

私は特に、飲み会の幹事をした場合にメリットが大きいのではと思います。
飲み会の幹事って本当に面倒です。
ですが、このぐるリザを使うと、かなり還元されるので、飲み会の幹事をする場合は、ぜひ利用してください。

スポンサーリンク

フォローする



スポンサーリンク