超小型パソコン GPD Pocket レビュー|MacBookライクなUMPC

おしゃれな持ち運び用のパソコンといえば、ほとんどの方が「Macbook」や「Surface」をイメージされるかと思いますが、小さければもっと便利なのにと思ったことはないでしょうか。

そんなときにおすすめなのが、この「GPD Pocket」です。

「Macbook」や「Surface」のスタイリッシュな外観を継承しつつ、超軽量で非常に小さいので携帯電話のようにいつでも持ち運ぶことができます。

スポンサーリンク

GPD について

中華ブランドでお馴染みの深セン市にあるゲームハードウェアの開発に焦点を当てた企業です。

主要なゲームプラットフォームと完全に互換性のあるハードウェア(例えば、PSP、DSなど)を構築を目指しています。

このGPDが有名になったのは「GPD WIN」のリリースです。
これが世界で爆発的にヒットし、まだ誰も参入していなかったハンドヘルド型のゲーム用PCの市場開拓を開拓しました。

米国のクラウドファンディング「Indiegogo」で「GPD Poket」の開発費を当初の想定額の1520%オーバーとなる318万2160米ドル(約3億5千万円)の調達に成功するレベルですので、安心していいブランドです。

スペック

質感は「MacBook Air」と同様です。

また、一歩進んだ冷却設計を採用しているので、パフォーマンスは一世代古い「Surface 3」であればはるかに超えるスペックかつ、さらに重量も軽いことが特徴です。

GPD Pocket Apple
MacBook Air
Microsoft
Surface 3
OS Ubuntu or
Windows 10
mac OS
Sierra
Windows 8.1
CPU Quad-core
1.6GHz
Dual-core
1.6GHz
Quad-core
1.6GHz
GPU Integrated processor Integrated processor Integrated processor
RAM 8GB 8GB 4GB
ROM 128GB 128GB 128GB
スクリーン 1920×1280
323PPI
1440×900
127PPI
1920×1280
214PPI
スクリーン素材 Gorilla Glass 3 Gorilla Glass 3 Gorilla Glass 3
冷却 Active Cooling Active Cooling Passive
Cooling
サイズ 180×106
×18.5mm
325×227
×17mm
267×187
×8.7mm
重さ 0.480kg 1.35kg  0.622kg
バッテリー 12時間 12時間 10時間

ハードウェア

ポケットに入るレベルのこの超小型PCは「MacBook Air」と同様、マグネシウムと合金製のボディを採用しているので、質感はほぼ同じです。

こんな感じでバックからサッと取り出して場所を選ばず仕事ができたりします。

これも通常のPCでは考えられないサイズと重さだからこそできる特徴です。

「MacBook Air」はディスプレイが美しいことでも有名ですが、解像度は「GPD Pocket」の方が300PPIのピクセル密度ですので圧勝です。

さらに、可搬性、性能、放熱性を考慮して、4コア4スレッド設計、8GB LPDDR 3 RAM、128GB eMMC、7000mAhポリマーリチウム電池を搭載した、現在トップクラスのインテルx7-Z8750を搭載しています。

12時間のバッテリ寿命、銅製のラジエータ・パイプ、大口径の熱出力パイプラインを内蔵しています。

これは膝の上に置いても、低温やけどしない38℃を常に維持するようにファンの駆動力をコントロールしています。

ちなみに冷却方式は「アクティブ>パッシブ」なので、「Surface Pro 3」よりも、その性能はるかに優れています。

PocketにはType Cのインターフェースがあります。また、USBインターフェイスも提供しています。

当然ながらプリンタ、USBフラッシュディスク、USBハブ、スキャナ、スピーカ、ワイヤレスキーボードなどのUSBベースの周辺機器に接続できます。もちろん、Pocketの高解像度ビデオをHDMIインターフェイスを介してテレビに出力することもできます。

ポートが少ないと思われる方もいるかもしれませんが、Type C用のハブは今やいろんなものが販売されているので、ネットワークケーブル、TFカード、マウス、キーボード、プロジェクターなどの多くの外部デバイスを接続することができます。また、このデバイスを充電する際にも使用できます。

入力は、人間工学に基づいて提案されたオリジナル配列です。

2009年ドイツレッドドット賞の最優秀賞を受賞したチョコレートキーボード(プレーンアイランドキーボード)を採用しています。

指とキーキャップの接触面積を増やすことにより、より正確なキーストロークと面倒なキーボード入力が可能となっています。

私も実際に使用したことがありますが、従来のキーボードと比較して、キーとキー間隔が大幅に改善され、操作の快適性が向上しています。

とはいってもキー配列は通常のパソコンとは異なるため、ちょっと慣れが必要かもしれません。

まとめ

自宅でメインで使っているノートパソコンの代わりに、、、というは難しいと思いますが、外出先でのちょっとした作業や仕事用途では十分な使い勝手とサイズです。

GPD Pocket」の詳細は以下から確認してください。

GPD Pocket

スポンサーリンク

フォローする