マクドナルドの裏技公開中

【決定版】輸入食品とは|おすすめの購入方法や特徴・魅力

輸入食品を取り扱う専門店やスーパーは年々増え、海外へ行かずとも世界各国の食材やお菓子が手軽に購入できるようになってきました。

とはいえ、輸入食品ってあまり馴染みがない、どこで買ったらいいか分からない、日本の食品の方が安くて美味しいのでは?と思っている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、輸入食品をあまり買ったことがないという方へ向けて、輸入食品の魅力とおすすめのお店・購入方法を紹介します。

輸入食品とは

輸入食品とは、文字通り、「外国から日本へ、税関手続きを経て輸入されたあらゆる食品」を指します。食料自給率がカロリーベースで40%を下回っている日本において、輸入食品は私たちの生活に欠かせないものとなっています。

輸入食品の安全性について不安視されている方が時々おられますが、国産の食品も輸入食品も、「食品衛生法」によって全く同じ基準が適用されていますので、日本で流通している以上、安全性は同じなのです。

日本に輸入されている食品は実に幅広く、肉や魚、野菜、果物などの生鮮食品に加えて、ジュースやお酒、紅茶などの飲み物、調味料、お菓子といった加工食品も含まれます。

アメリカ産の牛肉、ノルウェー産のサーモン、フィリピン産のバナナなど、スーパーに行けば様々な国の生鮮食品が並び、日常的に購入・消費している方が多いかと思いますが、その一方で、海外のお菓子や缶詰、パスタソースといった加工食品については、あまり馴染みがない、あまり好んで買う機会がないという方が多いかもしれません。

輸入食品の魅力

輸入食品の魅力は、日本に居ながらにして、世界の食文化を知り、楽しめること。

先ほど後述した加工食品では、その国独自の食文化をより感じられるものがたくさんあります。ここでいう加工食品とは、パスタやジャム、オリーブオイルなどの『食材・調味料』、チョコレートやクッキー、ポテトチップスなどの『お菓子・スナック』、ジュースや紅茶、コーヒーなどの『ドリンク』、ワインやビールなどの『お酒』など。あとは、チーズや生ハム・サラミなども。日本で購入できる輸入食品はとても幅広いです。

ここで、日本国内でも手に入る、少し珍しい輸入食品をいくつか紹介します。

アメリカの家庭料理:マカロニ&チーズ

アメリカでは「おふくろの味」と言われるほど定番の家庭料理「マカロニ&チーズ」が作れるキットです。マカロニを茹でて、バターと牛乳、付属のチーズパウダーを絡めるだけで出来上がり。アメリカの食らしい大味ですが、チーズのこってり感はそこまで強くなく、一度食べたら癖になる味です。キノコやベーコンなど自分で食材を追加して、アレンジレシピで食べるのも楽しいです。

「マカロニ&チーズ」

スペインで定番:熟成サラミ「フェ」

「フエ」は、スペインのカタルーニャ地方で多く作られている、天然の白カビのみで3週間以上熟成させたサラミのこと。サラミが白カビに覆われているため、初めて見た方はびっくりしてしまうかもしれませんが、その見た目だけで敬遠してしまうのは非常にもったいないです。カマンベールチーズと同じ原理だと思っていただければ少し抵抗はなくなるでしょうか。

サラミの表面の皮を取り除き、薄くスライスして食べるのですが、噛むほどに脂の甘みと旨味が溢れ出して病みつきになります。ビールやウィスキー、ワインなどのお酒のおつまみとして相性抜群です。

熟成サラミ「フエ」

オーストラリアの国民食:ベジマイト

オーストラリア人なら誰もが知っている「ベジマイト」は、パントーストなどに付けて食べる黒いスプレッドです。主な原材料は、酵母エキスと食塩。塩気の強い発酵食品で、とても栄養価が高いと言われています。

トースターで焼いたトーストにバターをたっぷり塗り、少量のベジマイトを薄く伸ばすのが、オーストラリア人の定番の食べ方だそう。独特な香りと味わいが故に、「世界一まずいジャム」と言われてしまうほど好き嫌いが分かれる食べ物ですが、一度ハマるとやめられない中毒性のある美味しさですので、一度試してみる価値ありです。

「ベジマイト」

タイの定番スナック

フルーツの王様・ドリアンを薄切りにして油で揚げ、軽く塩をまぶしたスナックです。強烈な匂いで敬遠されがちなドリアンですが、揚げることで驚くほど独特な臭みが無くなり、パリパリとした食感のほんのり甘いチップスになります。現地のスーパーには数十種類ものドリアンチップスが並んでおり、タイ土産としても非常に人気があります。

「ドリアンチップス」

おすすめの購入方法

ここからは、輸入食品を取り扱うおすすめの専門店を「リアル店舗」と「ネット通販」に分けて紹介します。

リアル店舗

カルディコーヒーファーム

店舗数
(5.0)
商品の幅広さ
(4.0)
商品の専門性
(3.0)
商品の価格
(3.0)
総合評価
(4.0)

「コーヒーと輸入食品のワンダーショップ」がテーマのカルディコーヒーファームは、国内で約450店舗を展開しています。オリジナルのコーヒー豆やブランド紅茶、世界各国の食材やお菓子、ワインなどのお酒の他、日本各地の和食材も取り扱っており、ジャンル幅はとても豊富です。店内には商品が所狭しと陳列されており、宝物探し感があって、見ているだけでも楽しくなるお店。輸入食品に馴染みがない方でも気軽に立ち寄りやすく、店頭で提供されているコーヒーを飲みながら、ゆっくりと買い物を楽しむことができます。

カルディコーヒーファームの特徴は、定期的にセールが行われること。「月間特売」という形で毎月何かしらの商品が特価になり、輸入食品をお得に購入することができます。例えば、看板商品であるイタリアのホールトマト缶 90円(税抜)が72円になるなど、普通のスーパーで買うよりもお買い得な価格に!

また見逃せないのが「周年セール」です。各店舗のオープンから1年、2年が経った節目ごとに「周年セール」を実施しており、コーヒー豆は50%OFF、それ以外の全商品は10%OFFで購入できます。全国で450もの店舗があることから、一年中いつもどこかの店舗で「周年セール」が開催されていると言っても良いでしょう。セール情報は、カルディコーヒーファームの公式サイトに掲載されていますので、気になる方はチェックしてみてください。

成城石井

店舗数
(3.0)
商品の幅広さ
(4.0)
商品の専門性
(3.0)
商品の価格
(4.0)
総合評価
(3.0)

「世界の食品を世界の街角の価格で」をコンセプトに、関東・関西・東海エリアを中心に約170店舗を展開しています。直輸入ワインや各国の食材、お菓子、生鮮食品、また自家製の惣菜やデザートなど幅広い食品が揃うスーパーマーケットです。取扱商品の価格は比較的高めですが、年2回開催される「決算還元セール」では、人気商品がお得に購入できます。

成城石井では、チーズや生ハム、サラミなどの冷蔵品も充実しています。例えば、直輸入のイタリア産・プロシュートスペイン産・ハモンセラーノなど、レストランで提供されるレベルの高品質な生ハムも数多く揃います。その国によって風味が全く異なりますので、食べ比べてみるのも楽しいですね。

明治屋ストアー

店舗数
(2.0)
商品の幅広さ
(4.0)
商品の専門性
(3.0)
商品の価格
(4.0)
総合評価
(3.0)

全国で約30店舗を展開する、高級スーパーマーケットです。各国の輸入食材やワイン、チーズ、生鮮食品を取り揃えています。成城石井と同様にハムやチーズの品揃えが豊富で、店舗によっては試食ができることも。その他、オリーブオイルやパスタ、スパイス、紅茶やコーヒー、チョコレートやクッキーなども充実しています。またギフトに最適な商品も多く並んでいます。

いかりスーパー

店舗数
(2.0)
商品の幅広さ
(4.0)
商品の専門性
(3.0)
商品の価格
(4.0)
総合評価
(3.0)
兵庫県を中心に京阪神地区で約30店舗を展開する高級スーパーマーケットです。関西で高級スーパーと言えばいかり、というほど有名な存在。生鮮食品をはじめ、自家製のスイーツやパンなどが充実していますが、直輸入のワインやパスタ、チーズ、オリーブオイル、チョコレートやクッキーなど、輸入食品も豊富に揃います。

EATALY(イータリー)

店舗数
(1.0)
商品の幅広さ
(3.0)
商品の専門性
(5.0)
商品の価格
(4.0)
総合評価
(3.0)

イタリアの生ハム、チーズ、ワイン、パスタ、オリーブオイルなどが揃う、イタリア食材の専門店。東京に2店舗(グランスタ丸の内店、日本橋三越店)を展開しています。コンセプトは、「Eat, Shop, Learn」の3つの体験を通して、イタリアの食文化や伝統を体感できるマーケット。イタリアから直輸入したチーズ約30種類、ハム約15種類が揃い、好きな量を量り売りで購入できます。その他イタリアのチョコレートやジェラートなどのお菓子・デザートも販売されています。

PLAZA(プラザ)

店舗数
(3.0)
商品の幅広さ
(3.0)
商品の専門性
(5.0)
商品の価格
(3.0)
総合評価
(3.0)

全国で約130店舗を展開する輸入生活雑貨店。雑貨やコスメが中心ではありますが、チョコレートやグミ、キャンディなどのお菓子、スナックや紅茶、ドライフルーツなどの輸入食品も充実しています。PLAZAの特徴は、可愛いパッケージのお菓子の取り扱いが多いこと。例えば、ニュージーランドで人気のクッキーブランド「Cookie Time」や、ドイツ生まれで世界的に人気のあるグミ「HARIBO(ハリボー)」のアソートセットなど、ギフトにも最適な商品が豊富に揃っています。その他、ディズニーやスヌーピーなどのキャラクターとコラボしたお菓子も充実しています。

ネット通販

GALLEON(ガレオン)

店舗数
(4.0)
商品の幅広さ
(4.0)
商品の専門性
(5.0)
商品の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

「世界の本物」をコンセプトに珍しい調味料やお菓子、ハラールフードなどを取り扱う輸入食品専門店です。取扱商品はとても幅広く、リアル店舗ではあまり見かけないような目新しいブランド商品も。商品ページはシンプルで見やすく、商品検索や注文までのフローもとても分かりやすく作られています。また「売れ筋商品ランキング」や「BBQ&CAMP特集」、「タイカレー特集」といった特設・特集ページも充実しており、商品選びを手助けしてくれます。

ワールドプラザ

店舗数
(3.0)
商品の幅広さ
(3.0)
商品の専門性
(3.0)
商品の価格
(3.0)
総合評価
(3.0)

世界各国のチョコレートやクッキー、キャンディといったお菓子、紅茶・ハーブティー、コーヒー、ジャム、シリアルなどを取り扱う専門店です。特にお菓子の種類が豊富です。またハワイやイタリアといった海外旅行のおみやげ商品の取り扱いも。ハワイ土産の定番である、マウナロアのマカダミアナッツの種類も充実しています。商品カテゴリー別、ブランド別に整理されており、商品が探しやすくなっています。各商品ページではブランド紹介も充実していて、商品選びの参考になります。

イルグストチッチ

店舗数
(2.0)
商品の幅広さ
(5.0)
商品の専門性
(5.0)
商品の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

ヨーロッパ産を中心とする生ハムや生サラミ、チーズなどを量り売りで購入できる専門店です。チーズは切りたて、生ハムや生サラミは原木からスライスしたての美味しい状態で発送してもらえます。専門店というだけあって、例えば生サラミだけで10種類もの取り扱いがあり、お店などではあまり見かけない珍しいものも。チーズ、生ハム、生サラミ以外にも調味料や缶詰、パスタソースなどが販売されています。各商品ページでは、産地や商品の特徴、製法、おすすめの食べ方などが紹介されているので、あまり商品知識がない方でも選びやすくなっています。

アジアスーパーストア

店舗数
(3.0)
商品の幅広さ
(5.0)
商品の専門性
(4.0)
商品の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

現地直輸入のタイ食材が揃う専門店です。ナンプラーなどの調味料をはじめ、ココナッツミルク、インスタントラーメン、お菓子やスナック、さらには生野菜の取り扱いもあります。タイ料理に欠かせないパクチーや唐辛子はもちろん、日本では見かけることの少ないタイ産の野菜が並び、見ているだけでも楽しいです。また専門店だけあって、ナンプラーだけで約10種、ココナッツミルクだけで約7種もの銘柄が揃っています。タイの食材なら大抵のものは扱っていると言えるほど、専門性が高いサイトです。

まとめ

いかがでしたか?今回は、輸入食品の特徴とおすすめの購入方法についてご紹介しました。

輸入食品に馴染みがないと、ついつい敬遠してしまいがちですが、まずはご紹介したお店に足を運んだり、通販サイトをのぞいてみるだけでも、新たな食文化が知れて楽しいですよ。

ぜひ今回ご紹介した情報を参考に、輸入食品ライフを始めてみてはいかがでしょうか。