所得税の計算方法|節税への第一歩

毎月の給与から天引きされている「所得税」。
皆さんは、この所得税がどのように計算されているかご存知でしょうか。

節税をするためにも、毎月の給与から天引きされているこの所得税の知識をしっかり身につけておきましょう。

スポンサーリンク

所得税とは

毎月の給与から必要経費を差し引いたものに対して課される税金のことです。
給与明細をみると、サラリーマン・OLであれば、毎月天引きされているちょっと憎い存在です。

所得税の計算方法

所得税は、給与から社会保険料を控除した金額を「源泉徴収税額表」に当てはめて税額を求めています。

ここでいう給与は課税支給額のことです。

課税支給額とは

通勤費などの税金がかからない非課税支給額を除いた支給額のことです。
名前のとおり課税される支給額の合計です。
会社から支給されている給与に含まれるもので、非課税支給額に当てはまるものは、一般的なサラリーマンであれば、通勤費のみと考えても大丈夫です。

課税対象額とは

給与から社会保険料を控除した額のことを言います。

それぞれの関係性は以下のとおりです。

関係性

総支給額ー非課税支給額=課税支給額
課税支給額ー社会保険料=課税対象額

所得税の計算例

それでは、実際に所得税の計算例を見ていきましょう。
皆さんもお手元に源泉徴収票をお持ちいただいて当てはめてみてください。

条件
・サラリーマン
・妻は専業主婦

基本給 250,000円
通勤費 10,000円
残業代 30,000円
社会保険料 40,000円

まず、課税支給額を求めます。
課税支給額は「総支給額ー非課税支給額=課税支給額」で求めるんでしたね。

課税支給額:290,000-10,000=280,000

次に、課税対象額を求めます。
課税対象額は「課税支給額ー社会保険料=課税対象額」で求めます。

課税対象額:280,000-40,000=240,000

課税対象額を出した後は、下表の「源泉徴収税額表」に当てはめます。

課税対象額 扶養親族等の数
0人 1人 2人
以上 未満 税額
88,000未満 0 0 0
・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・
236,000 239,000 6,110 4,490 2,870
239,000 242,000 6,210 4,590 2,980
242,000 245,000 6,320 4,710 3,080
・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・

「源泉徴収税額表」から所得税額は4,590円ということがわかります。
最新の「源泉徴収税額表」は国税庁のホームページから確認してみてください。

まとめ

実際に計算してみると、意外と簡単だったのではないでしょうか。
給与明細に記載されている所得税額は1円単位でばっちり合うはずです。

毎月なぜその金額の所得税を支払っているのか理解することが節税への第一歩です。

スポンサーリンク

フォローする