本ページはプロモーションが含まれています

【解決!】iPhoneのバックアップに失敗しました原因と対処法

データの損失を心配することなく、バックアップファイルをコンピュータに保存するためにiTunesを活用していますが、iTunesはよくエラーを発生させ、iPhoneのバックアップを行えないというエラーメッセージに遭遇した人もいるのではないでしょうか。

バックアップの「今すぐバックアップ」がグレーアウトしている場合や、何のプロンプトも表示されない場合もあります。

このようなiTunesのバックアップエラーに遭遇した場合の対処方法について解説していきます。

iTunesがエラーが発生したため、iPhoneをバックアップできなかった問題を修正する

「iTunesがエラーが発生したため、iPhoneのバックアップができませんでした」というメッセージが表示された場合は、以下の解決策を試してエラーを簡単に修正してください。

STEP.1
コンピュータ(MacまたはPC)とiOSデバイス(iPad、iPhone、iPod touch)を再起動します。
STEP.2
iTunesを終了し、再起動してバックアップをやり直します。
STEP.3
Apple純正のUSBケーブルまたはLightningポートを使用していることを確認します。
STEP.4
破損したバックアップを削除します。iTunesを起動し、「iTunes」→「設定」→「デバイス」→「バックアップを削除」の順に進みます。
STEP.5
最新バージョンのiTunesをインストールします。
STEP.6
コンピュータに少なくとも5GBの空き容量があることを確認します。iOSバックアップには少なくとも2〜3GBの空き容量が必要です。
STEP.7
バックアップファイルの名前を変更します。コンピュータ上のiTunesおよびiOSバックアップファイルの場所を特定するには、この簡単なガイドを参照してください。
STEP.8
AppData/Roaming/Apple Computer/MobileSync/backupからバックアップファイルを手動で削除します。
STEP.9
iPhone上で空のアプリ名または空白のアイコンを持つ「null-named apps」と呼ばれるアプリを見つけて削除します。設定→一般→使用状況→ストレージの管理の順に進み、iTunesで再度バックアップを試します。
MEMO
上記の解決策は、iTunesエラー「iTunesがエラーが発生したため、iPhoneを復元できませんでした」と修正するためにも使用できます。

この方法は、一時的なエラーによりバックアップができなくなった古いバックアップデータを削除し、新しいバックアップを再試行することで問題を解決するものです。

修復ツールを使用してiTunesのバックアップエラーを修正する

前述のように、iPhone/iPadのバックアップができない問題は、最新バージョンのiOS 17またはiTunesがインストールされていない場合や、iOSのアップデートエラーが発生した場合にも発生することがあります。

この問題は、自分のデバイスを初期化してもこの問題を修正できないとネットの書き込みをよく見かけますが、この問題が発生した場合であっても、AnyFixを使用すれば、数分でこの問題を解決できます。

AnyFixは、たった数回のクリックで200以上のiTunesの問題を修正でき、iPhone、iPad、iPod、Apple TVの130以上のシステム問題も解決できます。

AnyFixを使用すれば、もはやiTunesのエラーやiOSシステムの問題にはなりません。

以下の手順に従って、このiTunesのバックアップできない問題を解決するための明確なチュートリアルに進んでください。

解決策1:iTunesのバックアップ問題を修正する

iTunesを介したiPhoneやiPadのバックアップがまだできない場合は、AnyFixの「iTunes修復」機能を使用して「iTunesがエラーが発生したため、iPhoneのバックアップができませんでした」を修正できます。

ステップ1

AnyFix公式サイトからAnyFixをダウンロードし、コンピュータで実行します。>iPhoneをコンピュータに接続します。>右側の「iTunes修復」を選択します。

ステップ2

「iTunes修復」項目に入ると、4種類のiTunesエラーは表示されます。

「iTunes接続/バックアップ/復元エラー」を選択し、「スキャン」をタップします。

ステップ3

分析が完了したら、「今すぐ修復」をクリックします。

ステップ4

iTunesを修復するためにAnyFixに管理者権限を許可する必要があります。

続行するには「はい」と「OK」ボタンをクリックします。

ステップ5

修復には時間がかかります。修復が完了したら、「OK」を選択するか、「iTunesを起動」をクリックしてiTunesに移動できます。

iTunesエラーを修復したら、iPhoneをバックアップすることができます。

iTunesバックアップエラーを修復する時、ぜひAnyFixを試してみましょう。

解決策2:iPhoneを最新のiOS 17にアップグレードする

システムの問題によりiPhone をバックアップできない場合は、AnyFixを使用して最新のシステム iOS17 に無料でアップグレードして問題を解決してみてください。

ほとんどの場合、アップグレードが完了するとiTunesのバックアップエラーが解消されます。

ステップ1

コンピュータでAnyFixを起動します。>アップグレード/ダウングレードiOSを選択してプロセスを開始します。

ステップ2

iPhoneまたはiPadデバイスをコンピュータに接続し、「1クリックでiOS/iPadOSをアップデート」選択し、「スタート」をクリックします。

ステップ3

アップグレードしたいiOS 17のバージョンを選択しダウンロードします。そして、アップグレードボタンをタップします。

 

ステップ4

アップグレードが完了するまで少しお待ち下さい。

アップデートが完了したら、再度デバイスをバックアップしてみましょう。AnyFixは無料でiOSデバイスをアップグレードできるので、ぜひ試してみましょう。

iTunesの代替ソフトを使用してiPhoneをバックアップする

上記の解決策がうまくいかない場合、データの損失を防ぐためにiTunesの代替手段であるAnyTransを使用してiPhoneやiPadのバックアップを作成することもできます。

iOS 17のリリースに伴い、iOS 17にアップデートする前にAnyTransを使用してiPhoneやiPadをバックアップすることが重要です。

数クリックで、iPhoneをiTunesライブラリ/コンピュータ/別のiPhoneにバックアップするのに役立ちます。AnyTransで作成したバックアップは、iTunesでも検出できます。

iTunesと同様にバックアップするだけでなく、写真、ビデオ、連絡先、メッセージなどの特定のデータのみをコンピュータにバックアップすることもできるのでコンピュータにバックアップするデータの種類を選択できます。

コンピュータからiOSデバイスへのデータの同期だけでなく、iOSデバイスからコンピュータにデータを同期することもできます。これはiTunesではできません。

AnyTransは現在、増分バックアップをサポートしているので、既存のバックアップに存在しない新しいデータのみをバックアップすることで、コンピュータのストレージを大幅に節約できます。

AnyTransをコンピュータにダウンロードしたら、以下の簡単な手順に従ってiPhoneを簡単にバックアップできます。

Step 1

AnyTransをコンピュータにダウンロードして実行します。 iPhoneをコンピュータに接続します。

Step 2

AnyTransのメインインターフェースで、「バックアップ管理」を選択して「今すぐバックアップ」をクリックします。

Step 3

すると、バックアッププロセスは自動的に開始されます。

バックアップの時間はデータサイズによりますので、完了するまで、お待ちください。

AnyTransはiTunesの同期制限を超えて、音楽や写真を自由にiOSデバイスやPCの間で転送できます。iPhoneをバックアップする時に、ぜひAnyTransを試してみませんか。

まとめ

 以上が、iPhoneのiTunesバックアップエラーを解決するためのいくつかの解決策です。適切な解決策を選んで、問題を解決してください。

iTunesがエラーが発生したため、iPhoneのバックアップができない問題を修正する方法についてのガイドを読んでいただき、AnyFixで問題が解決したことを願っています。

この記事が役に立ったと感じた場合は、同じ問題を抱えている他の人々を助けるために共有してみてください。

また、上記からわかるように、AnyTransはiPhoneのバックアップをより簡単にするものです。

もしもうAnyFixを使ってiPhoneのバックアップを行う必要がない場合は、AnyTransを試してみる価値はあると思います。