MENU
マクドナルドの裏技公開中

【2018年版】iPhone7(au)の最低月額料金|維持費比較・キャッシュバックで稼ぐ方法

auMNP購入割引入りしたことで、キャッシュバックがてんこ盛りになっている「iphone7」ですが、「ピタットプラン」やあれやこれやが条件だったり、auMNP購入サポートを付けるか付けないかでキャッシュバックの金額が変わり、維持期間を考慮してどっちが有利かを計算しないと儲かるか儲からないかの判断が難しい案件が増えてきました。

実は「iphone8」の最低維持費やキャッシュバックで儲からないかの考察は既に記事にしたのですが、一昔前の端末の「iphone7」も問い合わせから要望をいくつかいただいたので計算してみます。
「iphone8」については以下の記事を参考にしてください。

【2018年版】iPhone8(au)の最低維持費|月額料金比較・キャッシュバックで稼ぐ方法

ちなみに、初心者は非常にシンプルでいつ解約しても違約金が跳ね上がらない「GRATINA 4G」をおすすめします。

【2018年版】GRATINA 4G の最低維持費・月額料金|MNPau購入サポート考慮・キャッシュバックで儲ける方法

前提条件

「iphone7」の場合は最低でもデータ1GBを付けないといけないため、いわゆる寝かせ回線もしくはデータ1GB未満の利用を前提とします。

また、格安もしくはキャッシュバックを付けるためにMNPでauへ転入することを前提にします。

チェック
  1. データ通信は1GBまで
  2. MNP(他社から乗り換え)契約
    ※UQからの乗り換えはNG
  3. 端末本体代金は一括価格で購入もしくは一括0円

最低維持費

ピタットプランの場合

パケットを3GB以上使いたい場合は、最低維持費にならないので、注意してください。

プラン 最低維持費
基本料金 auピタットプラン
(スーパーカケホ)
3,480円
auピタットプラン
(シンプル)
2,980円
au
スマートバリュー
-500円 0円
ビッグニュース
キャンペーン
-1,000円 -1,000円
合計 1,980円 1,980円

スーパーカケホは5分以内なら通話料が無料となるプラン。

シンプルは、20円/30秒の通話料が発生するプランです。

「auスマートバリュー」に入ることができるなら、スーパーカケホにしても最低料金は同じになるので、こっちを選ぶのもありです。

ですが、寝かせ回線を想定しているのであれば、将来「auスマートバリュー」が提供されない固定回線になった際にも対応できるように「シンプル」を選んでおくのが無難だと私は思います。

私は、固定回線を1年おきに乗り換えているので、「シンプル」をおすすめしますが、固定回線はなにがあっても変更しない!というのであれば、「スーパーカケホ」を選択するのがお得です。

ピタットプラン以外の場合

ピタッとプランを選択すると毎月割が対象外となりますが、その他の「LTEプラン」やピタットプランではない純粋な「スーパーカケホ」であれば2,000円以上の割引をうけることができます。

プラン 最低維持費(税抜き)
基本料金 スーパーカケホ
(1,700円)
LTEプラン
(934円)
データ
プラン
データ定額5
3GB
(4,200円)
LTEフラット
※実質7GB
(5,700円)
LTE NET 300円 300円
毎月割 -2,083円 -2,083円
au
スマート バリュー
ー934円 ー1,410円
合計 3,183円 3,441円

「スーパーカケホ」の方が若干月額料金は安くなり、かつ5分間であれば通話し放題が付くのですが、データ容量が3GBとなります。

一方で、LTEプランは7GBあるので、通話を重要視するかデータ7GBを取るのかは好みの問題かと思います。

寝かせ回線の観点からいうと、当然1円でも安い方を選択すべきですので、「スーパーカケホ」一択です。

auスマートバリュー

特定の光回線(固定回線)を契約していると受けることができる割引です。

公式サイトはこちら(auスマートバリュー

昔からあるかなり有名な割引なので詳細の説明は割愛しますが、短期解約しても特にデメリットもないので、適用を受けれるなら受けておいて損のない割引です。
※auMNP購入サポートなどの施策は短期解約で高額な解除料を請求されることがあるので注意です。

ビッグニュースキャンペーン

「auピタットプラン」または「auフラットプラン」の場合に受けることができる割引です。

割引額は毎月1,000円(1年間合計12,000円)です。

「GRATINA 4G」で最低維持費にする場合は、受けることができない割引だったりします。

詳細は公式サイト参照(ビッグニュースキャンペーン

実例

とある店舗で上記のキャッシュバックキャンペーンが実施されていました。

この案件、どれが最も儲かるのか計算してみたいと思います。

前提条件
  1. 購入する端末は「iphone7 128GB」
  2. 下取り端末は持っていなかったとして、ヤフオクでドコモのガラケーを調達
  3. au(もしくは、Jcom)のキャッシュバッククーポンをヤフオクで調達
  4. auMNP購入割サポートありの場合は回線を13ヶ月維持
    ※13ヶ月以内の解約で違約金が発生するため
  5. auMNP購入割サポートなしの場合は回線を3ヶ月維持

共通

■初期費用

解約金 10,240円
MNP転出手数料 2,160円
新規事務手数料 3,240円
合計 15,640円

■キャッシュバック条件

コンテンツ 9,720円
(10個×324円×3ヶ月)
auオプション
(スマートパス、うたパス、ブックパスなど)
0円
(30日間無料)
ダブル定額サービス 0円
合計 9,720円

プラン毎に比較

ピタットプラン以外+MNPau購入サポートなし

■ランニングコスト

スーパーカケホなど 10,314円
(3,438円×3ヶ月)
※税込みです。
上記で解説した際の3,183円は税抜きでした。

■キャッシュバックの金額(iphone7 128GBの場合)

キャッシュバック 0円
auクーポン 10,000円
auクーポン調達費用 -500円
下取り減額
(ガラケーのため)
-15,000円
ガラケー調達費用 -1,500円
合計 -7,000円

■端末売却益

iphone7 128GB
(ヤフオクで売却)
60,000円

収支:+17,326円

ピタットプラン+auMNP購入割サポート

■ランニングコスト

ピタットプランなど 27,794円
(2,138円×13ヶ月)
※税込みです。
上記で解説した際の1,980円は税抜きでした。

■キャッシュバックの金額

キャッシュバック 41,000円
auクーポン 10,000円
auクーポン調達費用 -500円
下取り減額
(ガラケーのため)
-15,000円
ガラケー調達費用 -1,500円
合計 34,000円

■端末売却益

iphone7 128GB
(ヤフオクで売却)
60,000円

収支:+40,846円

考察

収支のみにスポットを当てると、「ピタットプラン+auMNP購入割サポート」が+40,846円となるので、こちらの方が有利です。

考慮すべき事項がありますので、ポイントを比較してみます。

プラン ピタットプラン以外
+auMNP購入サポートなし
ピタットプラン
+auMNP購入割サポートあり
キャッシュバック
(儲け)
+17,326円 +40,846円
転出の
タイミング
3ヶ月 13ヶ月
メリット ・auMNP購入サポートなしなので、転出のタイミングが縛られない。 収支が良い
デメリット ・収支が悪い ・転出のタイミングが13ヶ月縛られる。

表を見ていただくとわかると思いますが、ポイントはキャッシュバックをとるかMNPのタイミングをとるかとなります。

個人的には、キャッシュバックよりも「ピタットプラン」の13ヶ月もauの音声回線の枠を占拠されるのがかなり痛いです。

理由としては、このご時世、au様以外でキャッシュバックで儲けることがかなり難しくなっていて、儲けるためには、いかにauへ音声回線をぶち込むかがカギになっています。

auの音声回線枠は、全キャリア共通の5回線となっているので、「ピタットプラン+auMNP購入割サポート」を選択した場合、他者からauへ流し込む音声回線枠が占領されて、儲けのサイクルが鈍化します。

本気で携帯で稼ぐのであれば、目先の利益よりも回転数にこだわるべきだと思います。

とはいっても、「ピタットプラン以外+auMNP購入サポートなし」も収支的にはプラスですが、稼げるau様回線で最短でMNP転出しても17,326円程度の儲けしか出せません。

これもこれでちょっと微妙ではあります。

まとめ

au回線を普通に使いたい方は、キャッシュバックを考慮しても2年間でそれほど維持費は大きく変わらないので、自分にあった最適のプランを選択するのがいいと思います。

また、キャッシュバックでちょっとお小遣い稼ぎをしたい!という方は、40,000円以上の利益が狙える「ピタットプラン+auMNP購入割サポート」を選択するのがいいでしょう。

携帯のキャッシュバックで本気で儲けることを考える方は、auMNP購入割サポートありでは転出がしばられ、auMNP購入割サポートなしでは大した利益が狙えないのでおすすめしません。
「iphone8」とセットで販売されているケースもありますが、微妙な案件が多いので、それなら2回線ともiphone8に行っておいた方がいいケースが多い気がします。

【2018年版】iPhone8(au)の最低維持費|月額料金比較・キャッシュバックで稼ぐ方法

まぁこの収支もキャッシュバックの金額だけではなくて、端末の売却益を頼りにしているので、案件に手を出す前に必ずヤフオクで相場をチェックしておくことをおすすめします。

■au案件はこちら

【2018年版】iPhone8(au)の最低維持費|月額料金比較・キャッシュバックで稼ぐ方法 【2018年版】SOV36(XPERIA XZ1)の最低維持費|月額料金比較・キャッシュバックで稼げるのか 【2018年版】GRATINA 4G の最低維持費・月額料金|MNPau購入サポート考慮・キャッシュバックで儲ける方法 【2018年版】Qua Tab PZ/PXの最低維持費|プラン毎の月額料金比較・キャッシュバックで稼ぐ方法

■auWALLETポイントの消化方法はこちら

【2018年版】auWALLETポイントを現金化する方法|おすすめの使い道・交換

■ソフトバンク案件はこちら

【2018年版】iPhone8(ソフトバンク)の最低月額料金|維持費比較・キャッシュバックで稼ぐ方法 【2018年版】DIGNO Gの最低維持費|月額料金とキャッシュバックで稼ぐ条件・方法 【2018年版】Xperia XZs(ソフトバンク)の最低維持費|602SOの月額料金と各種条件・方法 【2018年版】AQUOS Xx3mini(ソフトバンク)の月額料金・維持費|603SHの月額料金と各種条件・方法

■ドコモ案件はこちら

【2018年版】iPhoneX(ドコモ)の最低維持費|月額料金・新規契約で稼ぐ方法 【2018年版】iPhone7 (ドコモ)の最低維持費・月額料金|キャッシュバックで稼ぐための条件

■MVNO案件はこちら

【2018年版】507SH ワイモバイルの最低月額料金|MNP弾・Android One維持費 【2018年版】P10 lite UQモバイルの最低月額料金|MNP弾・維持費比較

■MNP弾の作り方はこちら

【2018年版】おすすめの最安MNP弾の作り方|MVNOを使った最新の費用・期間

■キャッシュバック受け取り後の回線運用についてはこちら

【2018年版】au回線の運用・処理方法|MNPでキャッシュバック取得後はドコモ・ソフトバンクへ移行

■固定(光)回線の乗り換えについてはこちら

【2018年版】ソフトバンク光の最低月額料金|回線費用をキャッシュバックで節約する方法 【2018年版】auひかりの最低月額料金|キャッシュバックで光・ネット回線を節約する方法
Facebook Twitter Feedly
SHARE