【2018年版】iPhone8(au)の最低維持費|月額料金比較・キャッシュバックで稼ぐ方法

最近キャッシュバック付きの投げ売りが散見される「iphone8」ですが、これが儲かるかどうかを判断するために重要な月々の最低維持費がいくらなのか、そしてキャッシュバックがいくらであればどれくらい儲かるのかを解説していきたいと思います。

以前に解説した「GRATINA 4G」は各種キャンペーンなどが適用対象外だったため、非常にシンプルかつ注意事項もなく初心者に優しい案件でしたが、「iphone8」については、各種キャンペーンを駆使して維持費を抑えないといけないため、初心者の方が稼ぎたい場合は、「GRATINA 4G」案件に行くことをおすすめします。

【2018年版】GRATINA 4G の最低維持費・月額料金|MNPau購入サポート考慮・キャッシュバックで儲ける方法

それでは、まずは念のため前提条件から確認しておきます。

前提条件

今回は通常利用を想定せず、いわゆる寝かせ回線として利用した場合の最低維持費を計算します。

稼ぐことを目的にしているので、特にパケットを利用することは想定していないので注意してください。

チェック
  1. 通話・データ通信は一切利用しない
    ※端末からSIMカードを抜いて一切利用しない。
  2. MNP(他社から乗り換え)契約
    ※UQからの乗り換えはNG
  3. 端末本体代金は一括価格で購入もしくは一括0円

最低維持費

2017年7月14日から提供開始された「auピタットプラン」を選択します。

ちなみに、パケットを3GB以上使いたい場合は、最低維持費にならないので、注意してください。

プラン 最低維持費
基本料金 auピタットプラン
(スーパーカケホ)
3,480円
auピタットプラン
(シンプル)
2,980円
au
スマートバリュー
-500円 0円
ビッグニュース
キャンペーン
-1,000円 -1,000円
合計 1,980円 1,980円

スーパーカケホ、シンプルのどちらを選択しても「auスマートバリュー」に加入していれば、合計は1,980円となりますが、「auスマートバリュー」に加入できない場合は、シンプルを選択するようにしましょう。
※まぁ端末からSIMを抜いているのであれば、どちらも金額が同じなのでシンプルにしておけばいいですが、どうせ維持するなら5分であればかけ放題の「スーパーカケホ」を選択したいという考えもわかるのでどっちでもいいです。
私は光回線も1年毎に乗り換えをしており、「auスマートバリュー」対象外の回線になることもあるので、私はそういった制約のない「シンプル」を選んでいます。

ちなみに、パケットをたくさん使いたい場合は、キャッシュバックの条件から外れてしまいますが、従来プランを選択した方が月々の料金が安くなります。

参考までに月々の料金を載せておきます。
※iphone8 64GBの場合

 プラン 最低維持費
基本料金 スーパーカケホ
(1,700円)
スーパーカケホ
(1,700円)
データ
プラン
データ定額5
5GB
(5,000円)
データ定額20
20GB
(6,000円)
LTE NET 300円 300円
毎月割 -2,837円 -2,837円
au
スマート バリュー
ー1,410円 ー1,410円
合計 2,753円 3,753円

auスマートバリュー

特定の光回線(固定回線)を契約していると受けることができる割引です。

公式サイトはこちら(auスマートバリュー

昔からあるかなり有名な割引なので詳細の説明は割愛しますが、短期解約しても特にデメリットもないので、適用を受けれるなら受けておいて損のない割引です。
※auMNP購入割引などの施策は短期解約で高額な解除料を請求されることがあるので注意です。

ビッグニュースキャンペーン

「auピタットプラン」または「auフラットプラン」の場合に受けることができる割引です。

割引額は毎月1,000円(1年間合計12,000円)です。

「GRATINA 4G」で最低維持費にする場合は、受けることができない割引だったりします。

詳細は公式サイト参照(ビッグニュースキャンペーン

実例

モバワン綾瀬店で以下のキャッシュバックキャンペーンが実施されていました。

この案件を例として、最悪ケースでどれくらい儲かるのか確認したいと思います。

■条件

前提条件
  1. iphone8 の256GBの場合で計算
  2. 下取り端末は持っていなかったとして、ヤフオクでドコモのガラケーを調達
  3. au(もしくは、Jcom)のキャッシュバッククーポンをヤフオクで調達
  4. 回線は6ヶ月維持

■キャッシュバックの金額

キャッシュバック 0円
auクーポン 10,000円
auクーポン調達費用 -500円
下取り減額
(ガラケーのため)
-15,000円
ガラケー調達費用 -1,500円
wallet還元 10,800円
合計 3,800円

■初期費用

解約金 10,240円
MNP転出手数料 2,160円
新規事務手数料 3,240円
端末本体代 10,800円
合計 26,440円

■ランニングコスト

ピタットプランなど 12,828円
(2,138円×6ヶ月)
※税込みです。
上記で解説した際の1,980円は税抜きでした。

■キャッシュバック条件

コンテンツ 5,832円
(6個×324円×3ヶ月)
auオプション
(スマートパス、うたパス、ブックパスなど)
0円
(30日間無料)
ダブル定額サービス 0円
合計 5,832円

この場合、一台当たりの支出が「-41,300円」となり、一見大赤字のようにみえますが、手元には「iphone8 256GB」があります。

これを売却した金額で最終的な収支が決定します。

いくらで売却できるかですが、例えば「ヤフオク」で売却する場合、今のところ最低でも70,000円以上で売却できます。

その場合、最終的な収支は「+28,700円」となり、良案件と判断してもよさそうです。

ヤフオクをみていただくとわかると思いますが、売却額は80,000円台が多く、実際はもう少し収支がよくなると思います。

まとめ

iphone8の場合は、端末の売却価格が高いためキャッシュバックがなく、今回のように端末費用を10,800円支払ったとしても、収支を十分プラスにもっていくことができます。

ただし、これからiphone8の取引相場が崩れ、50,000円程度まで下がった場合、手間がかかるわりに、プラス10,000円程度にしかならないため、あまりおすすめできない案件となります。

まだ取引額が高目で安定していますが、この案件にいった場合は、早めに端末を売却しちゃったほうがいいと思います。

ちなみにこれが3月4月くらいの案件であれば、すぐに売却せずに5月くらいまで保持していたほうが、高く売却できる可能性があります。
※また別途記事にしようと思います。

 

■au案件はこちら

【2018年版】SOV36(XPERIA XZ1)の最低維持費|月額料金比較・キャッシュバックで稼げるのか 【2018年版】iPhone7(au)の最低月額料金|維持費比較・キャッシュバックで稼ぐ方法 【2018年版】GRATINA 4G の最低維持費・月額料金|MNPau購入サポート考慮・キャッシュバックで儲ける方法 【2018年版】Qua Tab PZ/PXの最低維持費|プラン毎の月額料金比較・キャッシュバックで稼ぐ方法

■auWALLETポイントの消化方法はこちら

【2018年版】auWALLETポイントを現金化する方法|おすすめの使い道・交換

■ソフトバンク案件はこちら

【2018年版】iPhone8(ソフトバンク)の最低月額料金|維持費比較・キャッシュバックで稼ぐ方法 【2018年版】DIGNO Gの最低維持費|月額料金とキャッシュバックで稼ぐ条件・方法 【2018年版】Xperia XZs(ソフトバンク)の最低維持費|602SOの月額料金と各種条件・方法 【2018年版】AQUOS Xx3mini(ソフトバンク)の月額料金・維持費|603SHの月額料金と各種条件・方法

■ドコモ案件はこちら

【2018年版】iPhoneX(ドコモ)の最低維持費|月額料金・新規契約で稼ぐ方法 【2018年版】iPhone7 (ドコモ)の最低維持費・月額料金|キャッシュバックで稼ぐための条件

■MVNO案件はこちら

【2018年版】507SH ワイモバイルの最低月額料金|MNP弾・Android One維持費 【2018年版】P10 lite UQモバイルの最低月額料金|MNP弾・維持費比較

■MNP弾の作り方はこちら

【2018年版】おすすめの最安MNP弾の作り方|MVNOを使った最新の費用・期間

■キャッシュバック受け取り後の回線運用についてはこちら

【2018年版】au回線の運用・処理方法|MNPでキャッシュバック取得後はドコモ・ソフトバンクへ移行

■固定(光)回線の乗り換えについてはこちら

【2018年版】ソフトバンク光の最低月額料金|回線費用をキャッシュバックで節約する方法 【2018年版】auひかりの最低月額料金|キャッシュバックで光・ネット回線を節約する方法