【2018年版】iPhone8(ソフトバンク)の最低月額料金|維持費比較・キャッシュバックで稼ぐ方法

総務省のお達しで、au様以外はキャッシュバックがほとんどない状態が続いていましたが、最近twitterを眺めているとソフトバンクもがんばっている案件がちらほら出てくるようになりました。

その中でも、ソフトバンクショップが激推ししているiphone8の収支を出してほしいと要望を多数いただいたので、ちょっと計算することにしてみました。

ソフトバンクはもともとわかりづらい料金体系なのですが、ちょうど学割の時期ともあいまって、さらにややこしくなっています。

いくつかのパターンで解説していくので、自分がどれに該当するか確認しながら月々の料金がいくらになるのか見ていくようにしてください。

前提条件

毎度のことながら、大事な前提条件の確認をしていきます。

タイトルのとおりソフトバンクのiphone8の最低維持費を計算するので、パケットをがっつり使いたい方は、「データ定額」部分を適宜変更して自身にとって最適な最低月額料金を計算してみてください。

キャッシュバックで稼ぐことを目的にしている人は、回線は寝かせるかと思いますので、ここで紹介する最低維持費を適用してください。

チェック
  1. データ定額パック(5GB)で計算します。
    ※スマ放題ライトの場合、2GBは選択できません。
  2. MNP(他社から乗り換え)契約
    ※Y!mobileからの乗り換えはNG
    ※ドコモもしくはauからの乗り換え
  3. 端末本体代金は分割ではなく、一括の支払いで契約

最低維持費

 

ソフトバンクの割引はドコモ、auと比べてややこしいので、自分がどの条件に合致するか確認してください。

1台のみ契約・学割適用なし

ソフトバンクのその他の案件と同じく、基本料金が最安となるスマ放題ライトの最低料金プランを適用します。

項目 最低維持費(税込み)
基本料金 スマ放題ライト
(1,836円)
本体代金
(iphone8)
0円
Sベーシックパック 324円
データ定額5G 5,400円
ギガ楽しもうCP 0円
月月割 -3,210円
学割先生 0円
家族追加特典 0円
みんな家族割 0円
のりかえ下取り割引 -450円
(古いAndroidスマホの場合)
おうち割光セット 0円
合計 3,900円

ハードルの高い条件を除くと普通の方は、こんな感じの料金になると思います。

上の表では適用しない料金を出してみましたが、固定回線をソフトバンク光にすると、「おうち割 光セット」が適用できて「3,900円」からさらに「1,080円」割引になって、最低月額料金は「2,820円」になります。

割引額としてはかなり大きいので、ソフトバンクのiphone8案件にいく場合は、以下を参考にして「ソフトバンク光」を契約するのがおすすめです。

【2018年版】ソフトバンク光の最低月額料金|回線費用をキャッシュバックで節約する方法

ちなみに、パケットを使いまくりたいという方は、こんな料金になります。

項目 最低維持費(税込み)
基本料金 スマ放題ライト
(1,836円)
本体代金
(iphone8)
0円
Sベーシックパック 324円
データ定額50G 7,560円
ギガ楽しもうCP -540円
月月割 -3,210円
学割先生 0円
家族追加特典 0円
みんな家族割 0円
のりかえ下取り割引 -450円
(古いAndroidスマホの場合)
おうち割光セット 0円
合計 5,520円

これも先程の計算と同様で、「おうち割 光セット」を適用できれば「1,080円」割引になるので、最低月額料金は「4,440円」になります。

2台以上契約・学割適用なし

契約回線の中でウルトラギガモンスター(50GB)に加入している人数が2人の場合、「みんな家族割」を適用することができます。

例えば、2人いた場合、上の表でいうとみんな家族割(1,500円)が割引されますが、最低料金を目指す場合は、4人以上家族がいてもデータ定額5GBを契約した方が、月額料金は安くなるので、あえて、わざわざウルトラギガモンスター(データ定額50GB)を契約する必要はありません

2台以上契約・学割適用

1台目は学生で学割を適用、2台目はその家族とした場合のそれぞれの最低維持費はこちら

【学生(25歳以下)or 先生の料金】

項目 最低維持費(税込み)
基本料金 スマ放題ライト
(1,836円)
本体代金
(iphone8)
0円
Sベーシックパック 324円
データ定額50G 7,560円
ギガ楽しもうCP 0円
月月割 -3,210円
学割先生 -1,101円
家族追加特典 -1,080円
みんな家族割 -1,500円
のりかえ下取り割引 -450円
(古いAndroidスマホの場合)
おうち割光セット 0円
合計 2,379円

【学生の家族】

項目 最低維持費(税込み)
基本料金 スマ放題ライト
(1,836円)
本体代金
(iphone8)
0円
Sベーシックパック 324円
データ定額50G 7,560円
ギガ楽しもうCP 0円
月月割 -3,210円
学割先生 0円
家族追加特典 0円
みんな家族割 1,620円
のりかえ下取り割引 -450円
(古いAndroidスマホの場合)
おうち割光セット 0円
合計 4,560円

おうち割光をあえて外していますが、学生に適用すると「データ50GB」を使えるにも関わらず脅威の「1,299円」でiphone8を使うことができます。

学割先生

高額な割引としてはめずらしく、MNPは当然ながら、新規でも化主変更でも1年間限定ですが、1,020円割引されるキャンペーンです。

適用条件としては、公式サイトにはいろいろ書いてありますが、25歳以下(もしくは教師)かつウルトラギガモンスター(データ定額50GB)に加入することです。

よくある学割ですが、注意点としては、割引は一年間のみであることです。
※ちょっと昔は学割といえば3年間だったりしたのですが。

家族追加特典

微妙にわかりづらい割引ですが、公式サイトにはこう書かれています。

■家族やシェアハウスの友達が新規で加入の場合、学生の料金を毎月1,000円割引します。

よくある適用パターンとしては、家族の中で子供がソフトバンクに加入していて、父親がドコモからソフトバンクに乗り換えをした場合、子供のソフトバンクの料金が1,000円割引になります。

注意としては、父親の料金は割引にならない、父親はウルトラギガモンスター(データ定額50GB)に加入しないと家族追加特典である子供の料金を1,000円割引できないことです。

また、これもややこしいのですが、データシェアプラスは対象で、データシェアプラスは対象外です。

要は、父親がスマホとタブレットを契約してその中でパケットをシェアする場合は、家族追加特典で割引となりますが、子供と50GBのパケットをシェアした場合は、家族追加特典の対象外になります。

父親が50GBもパケット使わない場合は、家族追加特典の割引よりも、父親のパケット代が大きくなってしまって結果的に損する可能性があるので注意してください。

みんな家族割

家族割のグループの中で、ウルトラギガモンスター(データ定額50GB)に加入している人数分だけ割引が加算されるキャンペーンです。

例えば、家族グループの中でウルトラギガモンスター(データ定額50GB)に加入している人が2名いた場合、一人あたり1,500円/人 の割引になります。

自分の場合はいくら割引になるか確認する場合は、ソフトバンク公式サイトで計算してみてください。

https://www.softbank.jp/mobile/special/2017-minna-kazoku/

実例紹介

モバワンで以下のツイートを見かけました。

今回はこれが儲かるのかどうかを確認していきたいと思います。

上でも月額料金をご紹介したとおりいろんなパターンがありますが、今回は、学割(1台目)+その家族(2台目)が仮に1年間回線を維持した場合を考えます。

注意
キャッシュバックで稼ぐことを目的としていますので、1年後に乗り換えることを前提とします。そのため、「一括購入割引」を適用しない案件をご紹介しています。

■キャッシュバックの金額

キャッシュバック 0円
ガラケー端末
調達費用
(下取り割引用)
1,000円×2台
iphone8 64GB
端末本体代
0円
合計 2,000円

■初期費用

解約金 10,240円×2
MNP転出手数料 2,160円×2
新規事務手数料 3,240円×2
合計 31,280円

■ランニングコスト(学割(1台目))

スマ放題ライトなど 15,588円
(1,299円×12ヶ月)

※本体一括0円の条件におうち割が入っているためおうち割を適用しています。

■ランニングコスト(家族(2台目))

スマ放題ライトなど 41,760円
(3,480円×12ヶ月)

※本体一括0円の条件におうち割が入っているためおうち割を適用しています。
■キャッシュバック条件

あんしん保証パックプラス
(2ヶ月維持)
1,300円×2
(650円×2ヶ月)
iphone基本パック・とく放題
(30日間無料)
0円
半額サポート for iPhone
(2ヶ月維持)
720円×2
(360円×2ヶ月)
コンテンツ
(3ヶ月維持)
9600円×2
(3,200円×3ヶ月)
合計 23,240円

この場合の2台合計の支出は、「113,868円」です。

ソフトバンクの「iphone8 64GB」は、今のところヤフオクで「65,000円」程度で取引されいるので、2台で「130,000円」で売却できたとすると、収支は+16,132円となります。

プラスになるので、au回線の避難先としては、まぁありっちゃありなのですが、端末の売却を前提にした収支なので、売却相場が崩れるリスクを考えると微妙な案件です。

しかも、収支計算の中では見えていませんが、ソフトバンク光に加入することが条件に入っているので、以下の案件からソフトバンク光に申し込んだときにキャッシュバックがあることを考えると、あまりおすすめできない案件になります。

【2018年版】ソフトバンク光の最低月額料金|回線費用をキャッシュバックで節約する方法

純粋にauの退避先として使うのであれば、やはり安心安全の「digno」案件に行くのがおすすめです。

【2018年版】DIGNO Gの最低維持費|月額料金とキャッシュバックで稼ぐ条件・方法

キャッシュバックで儲ける!

という観点からはこのような評価ですが、端末をがっつり使うのであれば、一転してすばらしい案件となります。

なんといっても2回線も50GBのデータが使えるSIMが手に入って、その上、かかる費用がマイナスという格安SIMなんかよりも圧倒的にコスパに優れています。

まとめ

auへMNPを流し込むための一時退避先としては、正直微妙な案件ですが、がっつり使う前提なのであれば、50GBのSIMがキャッシュバック付きで手に入る最強クラスの案件になります。

SIMフリーもしくはソフトバンクのスマホを持っている方はトライしてみてはいかがでしょうか。

■その他の案件はこちら

【2018年版】GRATINA 4G の最低維持費・月額料金|MNPau購入サポート考慮・キャッシュバックで儲ける方法
【2018年版】Qua Tab PZ/PXの最低維持費|プラン毎の月額料金比較・キャッシュバックで稼ぐ方法
【2018年版】iPhone7 (ドコモ)の最低維持費・月額料金|キャッシュバックで稼ぐための条件
【2018年版】DIGNO Gの最低維持費|月額料金とキャッシュバックで稼ぐ条件・方法
【2018年版】iPhone8(au)の最低維持費|月額料金比較・キャッシュバックで稼ぐ方法
【2018年版】iPhone7(au)の最低月額料金|維持費比較・キャッシュバックで稼ぐ方法
【2018年版】Xperia XZs(ソフトバンク)の最低維持費|602SOの月額料金と各種条件・方法
【2018年版】AQUOS Xx3mini(ソフトバンク)の月額料金・維持費|603SHの月額料金と各種条件・方法

■MNP弾の作り方はこちら

【2018年版】おすすめの最安MNP弾の作り方|MVNOを使った最新の費用・期間

■キャッシュバック受け取り後の回線運用についてはこちら

【2018年版】au回線の運用・処理方法|MNPでキャッシュバック取得後はドコモ・ソフトバンクへ移行

■固定(光)回線の乗り換えについてはこちら

【2018年版】ソフトバンク光の最低月額料金|回線費用をキャッシュバックで節約する方法
【2018年版】auひかりの最低月額料金|キャッシュバックで光・ネット回線を節約する方法
Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE