最新CPU搭載の2万円台の格安ノートパソコン|Jumper Ezbook 3 レビュー

格安ノートパソコンの中では有名な「CHUWI」、それと同等以上のコストパフォーマンスを誇っていた人気のノートパソコン「Jumper Ezbook 2」の次世代バージョンが登場しました。

スポンサーリンク

Jumper Ezbook 3 について

この「Jumper Ezbook 3」のスペックを表にまとめてみました。

サイズ:14.1インチ
OS:Windows 10
CPU:Intel
Core:2.4GHz,Quad Core
メモリ:4GB

OS

Window10が搭載されています。当分、このOSが主流になりますので、文句なし。

CPU

プロセッサは最新世代のIntel Apollo Lake N3350の2.4GHzです。
以前紹介した1万円台で買える「Sosoon I2000」のプロセッサは大容量のゲームをする場合などは心もとなかったですが、このCPUであれば、大抵のものは軽々処理してくれます。

バッテリー

7~8時間駆動が可能な10,000mAhのバッテリーを搭載しています。
この容量あれば、十分です。

入力

USB2.0、3.0端子とmicroSDカードスロット、また、基本的なイヤホンおよびマイク端子を搭載。Bluetoothにも対応しており、特に困ることはないかと。

その他

一般的な格安ノートパソコンでは11インチ程度ですが、このEzbook3では、14.1インチの液晶を搭載しています。この大きなディスプレイを搭載していますが、最薄部6mm・重さ1.3kgでハイスペックなUltrabook並の薄型軽量ボディを実現しています。

まとめ

カタログスペック上、あまり注目されないことが多いですが、個人的には、2から3への変更で嬉しいのは、狭額縁使用になったことです。

ディスプレイのベゼルが狭くなったことで、同じ大きさのノートパソコンと比べ、外観がすっきりして、省スペース化、そして本体サイズが小さくなっています。

スマートフォンのiphoneなどは、バージョンが上がる度に値上げされていますが、この「Jumper Ezbook 3」はほぼ値上げされず、単純にスペックアップされています。

1万円台の「Sosoon I2000」ではちょっと心もとない、だけど、3万円台デスクトップ「VOYO VMac」ほどスペックは必要ない、日々のネットサーフィンをストレスなく快適にしたい。
そんな方にぜひ使ってみていただきたいと思います。

Jumper Ezbook 3」は以下から購入できます。

スポンサーリンク

フォローする



スポンサーリンク