期間限定!ユニクロの500円OFFクーポン配布中

【初心者向け】スマホのライブ配信に最低限必要な機材|おすすめな簡易構成

ライブ配信はiPhoneやAndroidなどのスマホさえあれば、配信に最低限必要なマイク、スピーカーが内蔵されているので、配信自体は可能が、それだけでは、スムーズにやりきることは難しいかと思います。

ここでは、スマホの他にライブ配信で必要な最低限の機材を紹介していきます。

基本構成

初心者がまず始める場合は、ロケといった手の込んだものではなく、室内での配信がメインとなるかと思います。

その際に最低限必要な基本構成は上記のとおりです。

スマホとライブ配信アプリは選定済の前提で進めます。

ライブ配信アプリの選定に悩んでいる方は、以下を参考にしてください。

【2020年版】サラリーマンが副業で稼げるライブ配信アプリ|お小遣い稼ぎにおすすめ

三脚

ライブ配信をする際に、視聴者へ見せる映像はスマホで撮っている映像です。

三脚がない場合は、手で持つか、どこかに立てかけるしかないですが、手で持つと画面が揺れてしまって視聴者からすると酔ってしまい視聴者離れを起こす原因にもなりかねないのでおすすめしません。

また、立てかける場合は、なにかの拍子にスマホが倒れた場合に、大きな音が視聴者の耳に入ります。

イヤホンで聞いている視聴者も多く、これも視聴者に不快な思いをさせてしまう原因になるので、三脚は購入しておいた方が無難です。

それほど高級なものである必要はなく、私が使っているのは以下の商品です。

どんな位置や角度であっても自分の思うようにカメラアングルを操作できるのでおすすめです。

照明

照明を使っていないライブ配信者さんがいますが、個人的には照明は必須アイテムと思っています。

カメラ映像が部屋であっても、自身の顔であっても、全体的に暗いと視聴者側も明るい気持ちになって投げ銭したい気持ちになりにくくなることが統計的にわかっています。

特に顔を映す場合は、男性であっても照明を当てたほうが確実に美形に映るため、ライブ配信では必須です。

私が使用しているライブ配信する際におすすめの照明は以下です。

調光機能があるため、撮る対象に応じて変更したりすることができて重宝しています。

三脚を忘れたときは、この照明自体にもスマホをセットできるホルダーがついていますので、かなり便利です。

その他あれば便利なもの

紙とペン

リスナーメモ用です。

配信したての際には、リスナーは数人程度なので、覚えておくことが比較的簡単ですが、徐々に人気がでてきて、リスナーが10人超えたあたりからだんだん覚えきれなくなるはずです。

ライブ配信で特に重要なのは、リスナーとのコミュニケーションですので、どのリスナーと何の会話をしたかを覚えておくことは必須です。

akira

リスナーの立場で考えると、ライブ配信者が自分のことを覚えていてくれると、また配信を見に来ようというモチベーションが湧きます

そのリスナーはどこに住んでいて、誕生日はいつで、なにが好きかなど、聞いた話はライブ配信が終わった際にメモに落としておくようにしましょう。

ホワイトボード

リスナーメモとしても使用できますし、小道具としても便利です。

初見さんが入ってきた際に、「初見さんいらっしゃい。」と書いて見せたり、大喜利をするときの小道具としても使用できて重宝します。

まとめ

YouTubeへの動画投稿は、動画編集作業が入るので非常に労力がかかるのですが、ライブ配信は最低限これだけの設備があれば十分です。

配信の特性に合わせて、徐々に機材を揃えていくのがいいと思います。

歌をメインで聞かせるなら、ミキサーやマイクなどなど、配信を何度か実施してみて自分のスタイルを徐々に確立させていってください。