マクドナルドの裏技公開中

YouTubeでSwitchのゲーム生放送・ライブ配信する方法と手順|おすすめの機材も紹介

こちらでは、YouTubeでSwitchのゲーム実況動画を配信する方法を解説していきます。

ゲーム実況の種類

ゲーム実況の種類としては、大きく2つあります。

動画配信

YouTubeのゲーム実況動画の多くががこちらに当てはまります。

一旦、取得した動画を加工して配信するパターンです。

例えば、以下のような動画。

Switchのゲームの映像を事前に取得して、自身の声を付け加えるパターンです。

ゲーム映像にサムネイル(YouTube動画の表紙)をつけて、テロップをつけたりと、後から編集してYouTubeにアップロードします。

上記の動画も冒頭からキャラクターやテロップがついていますが、これは、Switchの動画をパソコンに取り込んで、動画編集ソフトで実現しています。

動画配信したい場合は以下の記事を参考にしてください。

YouTubeでSwitchのゲーム実況動画を配信する方法・手順|おすすめの機材も紹介

生放送(ライブ配信)

実況動画配信は一度収録したものを編集して、YouTubeにアップロードしますが、ゲーム生放送(ライブ配信)は取っている映像をそのままYouTubeに流します。

実況動画配信では、自分の声を後撮りして、ゲーム映像に重ねたりテロップを追加したりと編集できますが、生放送になるため、ゲームの操作と実況は必ず同時にする必要があります。

例えばこんなやつです。

Switchで取得した映像をそのまま流しているので、後からテロップをつけたりなどの処理ができません。

動画編集できないので、テンポが悪い感じがしますが、視聴者と同じ時間をともにし、コメントをしながらゲームを進めていくのもけっこう楽しかったりします。

今回はこちらのゲーム生放送(ライブ配信)をする方法・手順について解説していきます。

ゲーム生放送(ライブ配信)を配信するための手順

実況動画を配信するまでに必要な機器と設定は以下のとおりです。

Switchの録画機能(キャプチャー機能)が搭載されていて、動画保存できますが、録画時間が30秒までですので、ゲーム実況動画として成立しないため、ここでは省きます。

MEMO
ここでご紹介している構成はYouTubeの実況動画でアップされているものの中の80%以上で使用されている構成です

akira

ちなみに、私もこの構成を使っています。

配信機材購入

Switchはすでに持っているという前提で、その他について簡単に触れていきます。

キャプチャーボード

Switchから出力されている映像を取得する際に、Switchとパソコンを直接HDMIケーブルで接続することを想像されてる方も多いかもしれませんが、直接接続してもPC側には映像は投映されません。

理由は、HDMI端子は映像を「出力する」、「入力する」が予め決められていて、パソコンに搭載されているHDMI端子は「出力」です。

一方、SwitchのHDMI端子も「出力」のため、パソコンで受けることができないわけです。

ですので、Switchの映像をパソコンに表示させるには、ここでご紹介するキャプチャーボードという機材が必要になってきます。

キャプチャーボードも種類が非常に多くあり、初心者はどれを選んでいいかわからないと思いますが、上記でご紹介したような映像を取得する際には、以下のキャプチャーボードを買っておけば、まず間違いないです。

有名な実況者の半数以上が使用しているキャプチャーボードがこれです。

ゲーム実況に慣れてきて、あれをしたい、これをしたいとなった際にも、基本的にはすべて機能が揃っています。

ですが、ちょっと高いのネックなところ。

もう少し安価なものでしたら、機能はそれほど多くはありませんが、安定性の高い以下がおすすめ。

パソコン

キャプチャーボードでSwitchの映像データを取得して、その動画保存するだけであれば、パソコンのスペックはほとんどいりませんが、Switchの映像取得後にそれを生配信する必要があります。

ゲーミングノートほどのスペックは不要ですが、快適なゲーム実況環境を構築するには、そこそこいいパソコンが必要です。

最低限必要なPCスペック

  • CPU:第7世代以上のcore i5
  • メモリ:8GB以上

さらに快適に動作させるためには、メモリを16GBにしたり、グラフィックボード(GPU)を強化することが考えられます。

MEMO
ゲーム生放送・ライブ配信にGPUは必須ではありませんが、あれば、動作が非常に軽くなるので、予算が許せばGPU付きのPCにしましょう

akira

GPUはスペック表に「RTX 2070 XXX」だったり「GTX 1660 XXX」のような表記になっているものです。

例えば、上記の条件に合いつつ、価格も安いものは以下のノートパソコンです。

もう少し出せる場合は、GPU付きのPCがおすすめです。

例えば、以下の製品であれば、かなり快適に生配信できます。

今回は、Switchのゲームですが、パソコンゲームをしたり、動画編集をがっつり行う場合には、出来るだけ高性能なパソコンを用意しましょう。

最低15万円以上、余裕があれば20万円前後のパソコンが欲しいところです。

ちなみに私は以下のノートPCを使っています。

マイク

ゲーム実況する場合は、ヘッドセットマイクをおすすめします。

理由としては、ヘッドセットマイクであれば、体を動かしたりしたとしても、口とマイクの距離が一定に保たれるので、声を大きさを一定に保つことができるからです。

私が使用しているおすすめのマイクはこちら

声を非常にクリアに拾ってくれます。

また、軽いので装着感もgood!

ただし、ヘッドセットという性質上、周りの声が聞こえなくなってしまうので、司会者と解説者のように複数名で実況動画を取る場合については、スタンドマイクが必要になってきます。

私が使用しているおすすめのマイクはこちら

マイクホルダーもついていて、非常に安価ですので、ヘッドセットマイクがちょっと高いなと思う方にもおすすめします。

HDMIケーブル

こちらは、一般的なHDMIケーブルでしたら何でもOKです。

実況動画撮影を想定して、最適な長さのものを購入してください。

USBケーブル

伝送速度の早いUSB3.0以上に対応しているケーブルを購入するようにしましょう。

例えば、こういった商品です。

USB3.0以上に対応している商品はUSBの端子が青色になっています。

パソコンの設定

Switchの映像をパソコン画面上に投映して、YouTubeに生放送動画としてアップロードするためにするためのソフトをインストール&設定します。

ここでは、私が以前使用していた「OBS Studio」という無料のライブ配信用ソフトを使用する前提で解説していきます。

MEMO
7~8割程度の配信者が「OBS Studio」を使用しているので、これを使用しておけば間違いありません

akira

私はXSplitの有料版を現在使用していますが、これから生放送にチャレンジする方は「OBS Studio」で十分です。ゲーム内HUDやマクロ拡張機能をがっつり使用したいと場合は、将来的にXSplitの有料版に移行してもいいかもしれません。

OBSのダウンロード

公式サイトにアクセスして、自身のパソコンのOSと同じ名称のボタンをクリックします。

OBS Studioの公式サイトはこちら

ダウンロードされたファイル「OBS-Studio-XX.X.X-Full-Installer-x64」をダブルクリックして画面の指示に従ってインストールしてください。

MEMO
「XX」の部分はバージョンによって代わります。

akira

インストールの際に設定を変更する必要はないです。デフォルトのままでOK

ゲーム画面をパソコンに投映

Switchをドックに装着

TVモードにするために、Switchをドックに装着します。

akira

ドックに装着しないと、パソコン側への画面投映ができないので、この作業は必須です。
MEMO
Switch Liteはドック装着できない=PC画面へ投映できないので、ゲーム実況することはできません

機器の接続

上記のように機器を接続します。

電源を入れる

Switchの電源を入れてください。

OBSにゲーム画面を映す

まず、ゲーム画面を映します。

ソースの下の+ボタンをクリックし、ゲームキャプチャーをクリック。

そこに映したいゲームが無ければ、ウィンドウキャプチャーをクリックしましょう。

そして、映したいゲームをクリックします。

OBSの音の設定

設定→音声の順で画面を開きます。

デバイスの画面で以下の通りに設定します。

  • デスクトップ音声:既定
  • マイク音声:使いたいマイクの名前を選択(無効以外を設定)

音量はミキサーのスライダーを動かすと調節できます。

OBSのビットレートの設定

設定→出力の順で画面を開きます。

設定を以下の通りに設定します。

  • 出力モード:詳細
  • エンコーダ:H.264に設定・「配信サービスのエンコーダ設定を適用する」にチェック
  • レート制御:CBR
  • ビットレート:3000kbps
次に、設定画面のまま「映像」画面を開き、以下の通りに設定します。
  • 出力 (スケーリング) 解像度:1280×720
  • 縮小フィルター:ランチョス
  • レート制御:CBR
  • ビットレート:3000kbps

ストリームキーを取得

OBSに設定が必要なストリームキーをYouTubeから取得します。

YouTubeにログインし、右上のビデオマーク→ライブ配信を開始→今すぐ配信→スキップの順でクリックします。

次に、画面の一番下、エンコーダの設定の「ストリーム名 / キー」をコピーします。

そして、それを上記のOBSのストリームキーにペースト。

OBSとYouTubeの連携

OBSで、設定→配信と画面を開き、以下の通りに設定します。

  • サービス:YouTube / YouTube Gaming
  • サーバー:Primary YouTube ingest server
  • ストリームキー:上記で取得したキーをコピペ

YouTubeの設定

ストリームキーを手に入れるために開いた画面に戻ります。その画面で以下の通りに設定します。

  • サムネイル:画面下の「サムネイルを変更」ボタンで変更できます。お好きな画像を選んで下さい
  • タイトル:タイトルを入力します
  • 概要:動画の説明を入力します
  • カテゴリ:ゲームを選択
  • ゲームタイトル:実況するゲームとタイトルの一部を入力し選択します。無い場合は空白のままでOK

akira

詳細設定では、更に詳しい設定が出来るので、慣れてきたら利用してみましょう。

生放送配信開始

OSBで画面レイアウト、YouTubeでタイトルやサムネイルなどを設定し納得がいったらいよいよ配信開始です。

OBSのトップ画面右下の「配信開始」ボタンをクリックします。

きちんと配信が出来ているか、YouTubeの画面で確認してみましょう。

配信を終わる時は「配信開始」の下にある「終了」ボタンをクリックしましょう。

まとめ

最もスタンダードな生配信方法を解説しました。

初心者はまずこの構成でまず間違いないと思います。

慣れてくれば、自分なりのカスタマイズを楽しんでみてください。