医療保険とは? 医療保険の仕組みを解説します

医療保険とは病気やケガによる入院・手術などの際に、給付金を受け取ることができる保険です。日本で加入者が最も多い保険であるため、多くの種類があり選ぶのが大変な保険でもあります。
ここでは、医療保険について解説していきますが、個人的には加入する必要がない保険と考えています。

スポンサーリンク

医療保険が不要な理由

私が保険業界で仕事をしている際にも、医療保険は必要か不要かは意見がわかれていました。私が医療保険が不要と考える理由は以下のとおりです。

健康保険制度が充実している

国民皆保険により赤ちゃんからおじいちゃんおばあちゃんまで、日本国民は必ず健康保険に加入しています。サラリーマンであれば、毎月高い保険料が天引きされており憎い存在ですが、この健康保険、非常に充実しています。
主なポイントは2つ

3割負担

皆さんご存知のとおり、健康保険に加入していると医療費は3割負担です。

高額療養費制度

意外と知らないこの制度。医療費が一定額を超えた部分は1%負担となる制度です。
イメージとしては、がんの手術で1か月30万円の医療費が発生した場合でも約8万円程度となります。さらに、4か月目以降は1か月当たりの限度額が44,400円に固定されます。

医療費が高額にならないため、貯蓄で十分

健康保険の高額医療費制度があるため、どれだけ高額な医療費がかかったとしても8万円~10万円/月程度になります。がんで3か月入院しても最大30万円と考えると十分貯金で賄うことができます。入院6か月、医療費が毎月100万円かかっても、正確に計算すると395,490円しかかかりません。
貯金で十分と思いませんか。

家族が同時に入院したら? それでも医療費は高額にならない

家族が同時に入院し、高額な医療費が発生した場合でも、家族の医療費が合算することができます。家族3人が1か月それぞれ20万円、合計で60万かかった場合でも支払いは約9万円程度です。

加入している健康保険組合によっては自己負担はさらに低い

例えば、私が加入している健康保険組合では、一か月の医療費は4万円までと決まっているため、さらに自己負担額は少なくて済みます。皆さんが加入されている健康保険組合に確認してみましょう。

以上から医療費は高額にならないため、不要と考えます。

医療保険が活躍するケース

医療費は高額にならないといっても、一定の医療費はかかってしまいます。

貯金を切り崩したくない

健康保険で医療費が軽減されますが、自己負担が発生するため貯金を切り崩さなければなりません。

精神的に安心できる

医療保険に加入していると、万が一の際に保険会社が相談に乗ってくれ、必要な手続きは保険会社が行ってくれることが多いため、安心できます。

差額ベッド代

医療費がかさむ大きな原因は差額ベッド代です。実は、差額ベッド代は基本的には高額療養費制度の対象とならないため、すべて自己負担する必要があります。差額ベッド代は、安くても1日5,000円程度発生するため、医療費が高額となることがあります。

医療保険は必要か

私は不要と考えていますが、それでも日本人が最も加入している保険です。なぜ多くの人が加入しているのでしょうか。それは、保険に加入する根本的な理由でもあります。「安心」を得るためです。
なんだかんだいって、何かあった際に保険に入っているということだけで、安心できます。この議論をしていて、医療保険は不要と主張する方の中にも加入している人はいました笑
最終的には、皆さんの価値観に委ねます。

スポンサーリンク

フォローする



スポンサーリンク