マクドナルドの裏技公開中

MRO-VW1 レビュー|特徴比較・口コミ・日立のスチームオーブンレンジ

スチームオーブンレンジに求めるものには色々あると思いますが、キーワードは健康とグルメです。

そんなふたつのキーワードを製品名に散りばめたのが日立のヘルシーシェフシリーズです。

今日は、そんな、日立のヘルシーシェフシリーズのMRO-VW1について見ていきます。質実剛健なイメージのある日立らしい仕上がりの製品となっています。

MRO-VW1とは

MRO-VW1は、日立のオーブンレンジ「ヘルシーシェフ」シリーズの2018年度における最高級モデルとして、2018年7月7日に発売しました。

他のメーカーの最高級機種と位置づけられるモデルが15万円を超えるプレミアムモデルとして位置付けているなか、日立は発売時で95,000円前後の値段のMRO-VW1をトップモデルとして位置付けました。

しかし、トップモデルにはトップモデルとしての内容を伴っているのがこのMRO-VW1と言えます。では、そんな日立ヘルシーシェフMRO-VW1について見ていきます。

比較する機種はこちら

 

レンジ機能

日常生活でよく使うであろう、あたため機能の充実は、このMRO-VW1の売りでもあります。

その秘訣は、MRO-VW1の最大の特徴であり魅力もある、そのセンサー機能にあります。

日立独自の「Wスキャン」と呼ばれる機能です。

赤外線センサーと重量センサーの2つのセンサーによって食材の状態をどんな時も正確に把握できるようにしているのです。

オーブンレンジの一般的なセンサーとして主に使われるものに赤外線センサーがあります。

食材の表面温度を測ることで、加熱時間を決めるものですが、オーブンや過熱水蒸気を使った後などにはうまく機能しなかったり、塊状の大きなものの場合は表面の温度と内部の温度の差があったりします。

ところが、Wスキャンという2つのセンサー機能がこれらの問題を解決したのです。

そして、赤外線センサーの位置にも工夫がされています。多くのオーブンレンジでは、設計上の制約があり、庫内の上部の端の方にこのセンサーがあるため、コップ状のフチの高い容器などの場合は正確に温度が測れないことがあるのです。

しかし、このMRO-VW1では、そのセンサーは、中央部に位置しているのです。

真上から計測するような形なので、容器の形状に邪魔をされずに温度を測ることができるので、大丈夫なんです。

そして、その赤外線センサーにしてもPanasonicのビストロシリーズがスイングセンサーを採用しているのに対して、このMRO-VR1は120エリア分割ときめの細かい測定が可能なものとなっています。

また、合わせて設置されている、日立独特のトリプル重量センサーも庫内の底面3か所で重量と偏りについて計測できるようになっていますから、庫内温度管理はこのMRO-VR1が優れているともいえます。そしてそのセンサーを使ったWスキャン調理によって、分量に合わせて加熱時間を調整し、少ない分量ならより早く仕上げることが可能となっています。

また、赤外線センサーの他に重量センサーがあることで、火力を最初から最適な状態にすることが可能です。例えば、揚げ物の入った市販のお弁当などは重量が分かった方が便利なんです。

次に、レンジの出力について見てみると、このMRO-VW1の最高出力は1000wとなっていますが、これはPanasonicのNE-BS655と同じで標準的なものだとも言えます。

さらに、レンジを使ったスチームレンジ発酵というのが用意されていて、これは300グラム程度の一次発酵が手早くできるものです。

グリル機能

グリル機能にとっても最も重要となるヒーターは他の機種と同じように高火力のフラットヒーターが採用されていています。上部表面の大火力ヒーターが上から表面に焼き色をつけてくれます。

トーストはグリルの火が強いため、2枚を8分で焼き上げることができるのですが、途中で裏返す必要があります。

MRO-VW1のグリル機能における1番の特徴ともいえるものとして、焼き網調理があげられます。付属の焼き網を使って、角皿なしてお肉料理やノンフライ料理を行うものです。

そのメリットとしては、食材に含まれる油分がしっかりと落ちることと、下からの熱も直接食材に届きやすいといったことがあります。

角皿を使わないと、庫内の底面が油まみれになりそうなんですが、底面がプレート状になっているため、取り出して丸洗いできるようになっています。

また、上部の大火力平面ヒーターは表面に露出していないので、天面がフラットになっているので、お手入れもしやすくなっています。

スチーム機能

他の同等の機種と同じで給水タンク方式を用いた過熱水蒸気による調理が可能となっています。

解凍の際にはレンジ機能だけではムラが出やすいため、Wスキャン機能を利用して、スチーム機能との組み合わせで、表面から徐々に解凍し、ムラを抑えます。

その結果、「すぐにほぐせる」、「きれいにはがせる」理想的な解凍を短時間で実現しています。解凍の際のメニューも用意されていて、「薄切り肉」「ひき肉」等7種類から選べるようになっています。

また、減塩・減油効果もうたわれていますが、この部分は、やはりシャープのヘルシオよりは劣ります。

オーブン機能

加熱性能の高いダブル高速ヒーターとファンによって最高温度300度を実現しています。

これは、東芝石窯シリーズの350℃に比べると見劣りはしますし、持続時間は5分で、その後は230℃となっていますから、他の機種と比べても劣りますが、実用レベルとしては十分なレベルとなっています。ただ、ダブル高速ヒーターの採用で200℃までの立ち上がり時間は5分と東芝ドームシリーズよりも若干早くなっています。

熱風2段オーブンと呼ばれる機能がついていて、予熱時と調理時でファンの回転方向を切り替え熱風の流れの効率化に成功し、予熱時は庫内の中心部分に熱風を集めることで予熱時間を短縮し、調理時は上限2段の黒皿に熱風が沿うような状態を作り出すことで全体を包み込むように焼き上げることができます。

ただ、これもやはり東芝石窯シリーズの遠赤効果に比べれば見劣りするものとなっています。

そしてこの熱風2段オーブンのおかげで、一度に沢山のものが調理できます。型抜きクッキーならば96個を1度に焼き上げることができます。そして、重量センターがついているため、オーブン調理のあとやレンジ加熱のすぐあとでも、続けてオートでのあたためが可能なことも便利な点です。

発酵機能についても、オーブンを使ったスチームオーブン発酵が可能で、30℃、35℃、40℃、45℃と4段階の設定が用意されています。

その他の特徴

オートメニューの便利さというのもこのMRO-VW1の特徴の1つです。125種類のメニューが用意されているのですが、ほとんどの機種が料理名と食材の量、何人前だとか重さみたいなものを選ぶ必要があります。

このMRO-VW1の場合は、重量センサーが食材の量を検知してくれるので、メニューを選ぶだけで調理をしてくれます。

また、2つのセンサーを利用したWスキャン調理の効果をさらに高めるため、調理製菓専門学校の協力のもとで、プロの火加減の再現にも成功しています。その他にも左右、背面の隙間がなくても設置ができたり、庫内のテーブルを外して丸洗いできるのも便利な点です。

残念なところ

オートメニューの充実というのがこのMRO-VR1の特徴の1つでもありますが、パネル表示が簡素化されているは、他の機種と比べて残念な点でもあります。

オートメニューの設定の際に、対応する番号を入力することになります。他の機種のようにカラータッチパネルから直接設定ができるようになっていないのは不便な点として挙げられます。Webサイトで検索等によって番号は調べれるのですが、そのあたりひと手間かかってしまいます。

また、パンやお菓子づくりなら東芝石窯ドームシリーズのER-SD3000の方が、スピード調理ならPanasonicのビストロ皿効果でNE- BS805の方が優れていると言えます。

まとめ

日立のヘルシーシェフシリーズのMRO-VW1について見てきましたが、必要十分な機能を詰め込んだものとなっています。

そんな中でも、普段からよく使うレンジのあたため機能の充実度合いは他の機種よりも抜きん出ています。

忙しい毎日の中では、お弁当やお惣菜のあたためって結構使うことが多いはずです。また表示がカラータッチパネルでない点などは、見劣りする部分でもありますが、かえってこちらの方が使いやすいと言う方もいらっしゃるのも事実です。

特に、高齢の方などでタッチパネルには抵抗感がある方がいらっしゃいます。このMRO-VR1は、特段、突出した機能を売りものにしているわけではないですが、安心して使いやすいものになっています。パン作りに力を入れていいるとか、グリル調理を楽しむといった特別の目的がなければ、MRO-VW1もありです。