新築物件か中古物件か!比較ポイントまとめ|どちらがお得

マイホームは新築を、と考える人は多いかもしれませんが、最近は中古物件を安く購入し、リフォームをして住むと考える人も増えています。

一般的に、住宅の価値は約20年でゼロとなるとされています。

そのため、中古は同じ条件の新築より2~5割は安く買えます。

また、新しい土地が出にくい都心などでも、比較的簡単に見つかるのも中古物件の特徴です。

ここでは、新築物件、中古物件のメリット、デメリットを比較していきます

スポンサーリンク

新築物件

メリット

・最新の設備が設置されている。
・部材が劣化していないので、トラブルが少ない
・中古物件よりも資産価値が高い
・長期のローンが組める
・税制上の優遇が受けやすい
・内外装のデザインや設備など、ある程度希望を通せる
・メンテナンスコストが中古物件より低い

新築の場合は基本、最新の設備が整っているため、不満が出ることはないはずです。

また大規模なメンテナンスも10年程度は不要のため安心して住むことができます。

デメリット

・中古物件より高額
・エアコンや照明器具などの付帯設備費用が別途かかる
・郊外の開発地、もしくは狭小地の物件が中心となる
・注文住宅では、完成までに相当な労力と時間をとられることが多い

デメリットはコストです。

住宅本体価格がひかくてき高額になるのもそうですが、忘れがちなのは付帯設備です。

エアコンなどの設備は住宅価格にプラスして資金を用意する必要があるため忘れないようにしてください。

中古物件

メリット

・新築に比べて2~5割安い
・過去の修繕歴などの不具合を確認してから購入できる
・日当たりや風通しを体感できる
・エアコンなどの付帯設備がすでについていることがある
・中古でしか味わえない趣のある物件もある
・マンションならエントランスや外壁の状態などを見て管理状況を確認できる
・リフォームすることで快適な住まいが新築よりも安く手に入る

メリットはコストを抑えることができることです。

付帯設備についても、付いてくることが多く、新築に比べて安く、そして現物を実際に確かめて購入することができます。

また、修繕履歴を見て購入することができるため、欠陥住宅を掴んでしまうことが少ないのも特徴です。

デメリット

・状況によっては、建て替えの際に住宅の大きさが小さくなる。もしくは、建て替えできない場合がある
・新築に比べローンの期間が短く設定されることがある
・メンテナンス費用が高くなる
・仲介手数料がかかる

建売り住宅と同様、既に建築されているので、自分の好みを実現しようとすると、それなりのコストがかかることがデメリットです。

中古物件で注意すべきポイント

中古物件は、一戸建てでもマンションでも耐震性が心配です。

耐震性が不安な物件の場合は、購入後、どこまで耐震強度の工事ができるかも考えておきましょう。

建築時期

耐震基準は1981年6月の法改正で強化されたため、それ以前に建てられた物件は、耐震補強工事がされているかどうか確認する。

物件のデザイン

大きな吹き抜けのある建物は通常よりも耐震性が弱いことが多いです。

また、増改築している物件は、法的に問題ないか確認する。

建築基準法に違反しているものは、耐震性なども無視されていることが多い。

物件の状況

見た目で確認できるのは、基礎部分や外壁のヒビ。

室内では、ドアやふすまの開け閉めを確認する。

開け閉めがスムーズでない家は、すでに建物が歪んでいると考えられます。

まとめ

最近の新築住宅は、床暖房やオール電化などの最新設備が標準装備された物件がめずらしくありません。

快適さは新築の魅力です。

中古に比べ、ローンが長期に組めたり、住宅ローン控除など税制上優遇されたりといったメリットもあります。

ただし、分譲される地域は郊外の新興住宅地が多く、選択肢の幅は広くありません。

スポンサーリンク

フォローする