注文住宅か建売り住宅か!比較ポイントまとめ|どちらがお得

注文住宅は、ある程度、自分たちのライフスタイルや希望を反映させて作ることができます。

一方、建売り住宅は、出来上がった物件を購入することになるため、家の間取りに暮らしを合わせる必要があります。

どちらもメリット、デメリットはありますので、状況に合わせて選ぶことになります。

ここでは、一戸建て、マンションのメリット、デメリットを比較していきます。

スポンサーリンク

注文住宅

メリット

・外観、内装ともに好みのデザインにできる
・工法や建材を選べる
・必要な設備を選択できる
・ライフスタイルに合わせた間取りにできる
・建築中の様子を確認できる
・業者を選べる

なんといってもポイントは自分の好きなようにマイホームを建てることができることです。

書斎がほしい、屋上を作ってガーデニングをしたいなど、建売り住宅ではなかなかできないことを設計することができます。

また、建築中の様子を確認することができるため、欠陥住宅になりにくいのも特徴です。

デメリット

・竣工まで費用が確定しない
・打ち合わせなどに時間がかかる
・個性的すぎる家になると売却しにくい
・建物が建つまで日当たりや風通しを確認できない
・土地探しに時間と手間がかかることもある

自分の好きなように建てることができる裏返しで、すべて自分たちでマイホームを設計しないといけません。

また、建ててみないとわからないことも多く、例えば、風通し、コンセントの位置など、建ててから気づいても修正するのに、さらに費用がかかってしまいます。

建売り住宅

メリット

・購入後すぐに入居できる
・風通しや日当たりを体感できる
・完成済なので、購入価格がはっきりしている
・間取りや設備の使い勝手を確認できる
・打ち合わせなどがなく購入するまでのプロセスが比較的簡単
・標準的な間取りが多いので売りやすい
・注文住宅よりも割安
・土地探しの手間が省ける

既に完成形の家を購入するため、価格、風通し、設備、配色などすべて実際のものを見て確認できることがメリットです。

注文住宅とは違い、思い立ったら即座に購入して、即座に入居できるのも特徴です。

デメリット

・外観、内装ともに完全に好みのものを見つけるのは難しい
・施工中のチェックができないため、欠陥住宅のリスクがある
・必要な設備を事前に組み込めない
・ライフスタイルに合わせた間取りの物件を見つけるのは難しい

既に出来上がってしまっているため、自分の好みの家を探すことが大変かもしれません。

内装や外観については、現物を見るとわかるのですが、注文住宅とは違い施工中を見ることができないため、見えないところで手抜きをされてしまうリスクもあります。

建売り住宅は基本的に、同じような仕様の家を一度に大量に作るため安価にできるのですが、受けている施工業者は歩合制が多く、少ない日数でいかに一件でも多く作るかを念頭に置いているため、このような仕組みからも欠陥住宅が生まれやすい原因となっています。

注文住宅の注意点

ハウスメーカーで注文住宅を検討する際、営業担当者は「なんでも希望どおりにします!」と言うのが常套文句です。

ですが、すぐに希望どおりのプランを出してくれるところは多くありません。

なぜなら住宅メーカーには、建築工法やデザインの仕様に得意、不得意があるからです。

純和風な住宅をメイン商品としているメーカーにシンプル&モダンなデザインの家を依頼しても、こちらが納得いく提案はなかなかしてくれません。

工法の違いなどもありますし、間取りが気に入っても、細かい部分のデザインがどうも和風っぽくなってしまう、といったことも起こりえます。

また、同じように鉄鋼が得意なメーカーであっても、部材の規格などは各社さまざまです。

メーカーによって部材のサイズや色、素材などが制限されますので、注文住宅といえども、そのメーカーの規定外の仕様で家をつくることはできないのです。

ハウスメーカーを選ぶ際は、事前に各メーカーの得意、不得意をよく比較検討してから、プラン作成を依頼すると無駄がありません。

まとめ

すでに土地を持っていたり、どうしても理想とする家のイメージがある場合は、注文住宅の方が向いています。

2世帯住宅や店舗併用住宅を希望の場合も注文住宅の方がいいでしょう。

逆に、土地探しから行う場合は、建売り住宅のほうが割安の土地が見つけやすくなります。

また、購入前に物件を確認できますし、引っ越しの日程が限られている場合などは、契約後の入居も短期間で可能です。

スポンサーリンク

フォローする



スポンサーリンク