展示場や物件見学のポイント|限られた時間を最大限有効に使う方法

注文の一戸建て住宅であればモデルハウス、新築マンションならモデルルームで住まいの体験が可能です。

さまざまなハウスメーカーのモデルハウスが並ぶ住宅展示場は、家の建て替えや新築を検討している人の90%が足を運ぶそうです。

最近は宿泊体験のできるモデルハウスやモデルルームもあります。

休日前などは予約申し込みも多いので、余裕を見て申し込みましょう。

スポンサーリンク

住まいの体験ができる場所

モデルハウス

住宅展示場に並んでいるもので、新築の注文戸建て住宅の物件。

モデルルーム

新築のマンション物件。

実際のマンションが立つ場所とは違う場所にある。

現地見学会

新築物件の工事途中の基礎・構造をみせてくれるもの、完成した家を見る完成見学会、入居後の経年変化を見せてくれる見学会などもある。

オープンハウス

出来上がっている戸建て物件。

中古物件などは売主がまだ住んでいる場合もある。

オープンルーム

できあがっているマンション物件。

中古物件などは売主がまだ住んでいる場合もある。

住まいの体験場に出向くとき

現地見学会の場合

■質問できるくらいの事前勉強を
基礎構造の現場を見学する場合は、基本知識を事前に勉強しておくこと。

せっかくの機械に、なんの質問もできずに帰ってきては意味がない。

■施工中の現場では職人も観察する
ゴミが散乱していないか、道具や機械が作業しやすいように片付けているか、職人の仕事ぶりなどもチェックすること。

事前に企画された見学会で、現場や職人の様子がよくないようなら考えもの。

■入居者に話を聞ける入居後見学会
入居後、数年建った家を見学させてもらえる場合は、実際に住んだ感想のほか、部材の経年劣化やその住宅会社のアフターサービスなど建てる前にはわからない本音を聞くのがポイント

住宅展示場の場合

■見学する会社、棟を決めておく
予備知識無しで出向いてあれこれ見ても疲れるだけ。

事前に、チェックするハウスメーカーを絞って、見学は1日3棟までが理想

見学する目的を決めておく

間取り、素材や部材、デザインなど見学の目的を決めていくと、帰宅後の家族との話し合いもスムーズ。

目的がないと、各地で見るところが違ってしまい、共通の話ができなくなる。

イベントをチェックする

休日の展示場では、資金計画の無料相談会、業者の選び方、工法の説明、外構計画についてなど、さまざまなセミナーや相談会が企画されている。

こういったものを利用するのもおすすめ。

見学会・オープンハウス(ルーム)に持参すると便利なもの

■デジタルカメラ
画像が残せるので、帰宅してからも記憶が薄れない。

■巻き尺
スチール製のできるだけ長いものが良い。

■ノート・筆記用具
家づくりのための専用ノートを用意し、どんなことでもメモを。

■道路地図
周辺の状況や主要な施設などが確認できる

■方位磁石
部屋の方位などを確認する。

■クリアファイル
渡された資料などをひとまとめにしておく。

モデルハウスの坪単価は一般標準住宅の2倍

モデルハウスの入口に「坪単価50万円」と表示されていれば、そのモデルハウスは坪100万円で仕上げていると思いましょう。

同じデザインの家でも、使用する素材や設備でその価格は大きく変わります。

お客様にマイホームの夢を見てもらうモデルハウスは最強級のグレードで仕上ているのです。

モデルハウスと同じ家を建てようとすると、ほとんどがオプション仕様で予算を大幅に上回ってしまいます。

また、標準的な家が40坪程度に比べ、モデルハウスは70坪程度で作られています。

ここにも「広くて素敵な家」を見させるカラクリがあるのです。

あくまでも「モデル」として、間取りや空間のとり方、最新の設備を参考にする程度と考えておきましょう。

楽しい気分に惑わされない

休日の住宅展示場は、ファミリー向けに用意されたイベントが盛りだくさんで、まるで遊園地のような賑やかさです。

無料の景品が配られ、子どもたちの遊び場も確保され、気分も高揚しがちですが、そのままモデルハウスに入ってしまっては、現実が見えてきません。

本気で家づくりを考えているなら、気分に惑わされずにシビアに確認することが大切です。

一番恐ろしいのは、営業マンの話や実際の家をみて、「いつかは購入するつもりだったし…」と、ついその気になって契約してしまうこと。

「いつかは家を立てる予定」だからと、下準備もせずに軽い気持ちで出向いた場合などに陥る失敗です。

アンケートは応じなくても大丈夫

入り口では必ずアンケートを促されます。

心配なら、「まだ具体的な計画はないので」と断っても構いません。

応じないと見学できないというようなところもありませんが、そういった自分本位の対応しかできない会社や営業マンは、家づくりのパートナーとしておすすめできません。

営業マンがしつこいときは

住宅展示場でアンケートに記名した翌日、「パンフレットが届く」、「電話がかかってくる」などはよくあることです。

担当者が、家や職場に直接やってくることも少なくありません。

1社ならやりすごせるものも、複数の会社から攻撃されたのでは、日常生活にも支障をきたすことがあります。

そんなときは、「具体的な計画は考えていません」とキッパリ伝えましょう。

「叔父が経営する工務店に頼むつもりです」と身内を出すのも効果的です。

スポンサーリンク

フォローする



スポンサーリンク