収入保障保険の選び方|保険料と特約で選ぶ

最近CMでもよく見ることがあると思いますが、生命保険の中で注目されているのがこの「収入保証保険」です。

補償されるのは、「死亡時」ですので、定期保険とよく似ています。

スポンサーリンク

収入保障保険とは

収入保障保険は死亡保険です。
掛け捨てで、死亡した場合に少ない保険料で大きな保障を受けられるのが特徴です。

定期保険とよく似ていますが、収入保障保険にしかない特徴があります。

定期保険 収入保障保険
補償 死亡補償
保険金の
受取方法
一括 分割
保険料 定期保険よりも安い
最低保証期間 なし あり
保証内容 一定 減少

保険金の受取方法が分割

定期保険の場合は、死亡した場合、設定した保障金額一括で受け取りますが、収入保障保険は、分割で受け取ります。

収入保障という言葉のとおり、毎月お給料のように遺族が受け取ることができます。

一括で大金を受け取るよりも、毎月分割で受け取る方が安心かもしれません。

保険料が安い

正確に言うと、定期保険と比較して無駄がないため保険料が安いのが特徴です。
死亡保険に入る理由は、一家の大黒柱が亡くなってしまった際に、残された家族が困らないために入ります。

定期保険の場合、死亡保障を2,000万円付けると、10年後、20年後も常に同じ金額だけ保証を付けることになります。
ですが、考えてみると、20年後は子ども達も自立して死亡保障が2,000万円もいらないと思わないでしょうか。

収入保険の場合は、加入時に死亡保障が大きく設定され、段階的に保険金が減少していきます。

時系列 定期保険 収入保障保険
現在 2,000万円 4,000万円
10年後 2,000万円
20年後 1,000万円

保険料が安くなる理由は、若い時は死亡するリスクが低いため、保障額が大きくても保険料は安価です。
一方、高齢になると死亡するリスクが高まりますが、収入保障保険は高齢になると保証額が低く設定されるため、定期保険と比較し保険料が安価になります。

特約

保険会社に依って様々な特約が用意されていますが、死亡保障と相性のいい保険料払込免除特約をおすすめします。

身体障害時の保険料払込免除特約

不慮の事故によるケガが原因で事故日から180日位内に身体障害状態になった場合に、以後の保険料が免除になる特約です。
この特約はどの保険会社も自動で付いてきます。

三大疾病時の保険料払込免除特約

三大疾病(ガン、心筋梗塞、脳卒中)になった場合に、以後の保険料が免除になる特約です。
保険会社により条件が異なりますが、非常に安価に付けることができるのでおすすめです。
※だいたい200円/月程度

注意点

収入保障保険とよく似た言葉で所得補償保険があります。
所得補償保険は医療保険の一種で、病気やケガの際に支払われる保険ですが、収入保障保険はあくまで「死亡保険」のため、亡くなった際に支払われます。

まとめ

基本保障の部分は、定期保険の死亡保障と同様に、保険金額を決めることで保険料が決まります。また、保障内容はどの保険会社を選んでも基本的に同じです。

そのため、この収入保障保険を保険会社毎に比較する際は、同じ保険金額で安いか高いかで比較して構いません。
付け加えるならば、特約が保険会社により様々用意されていることがあるので、保険料と特約が自分にとって必要かどうかを天秤にかけて選びましょう。

スポンサーリンク

フォローする



スポンサーリンク