ラーメンを無料で食べる裏技公開中

TuneFab Spotify音楽変換レビュー|安全性が高く初心者におすすめ

スマートフォンやタブレット、PC、ゲーム機などで音楽が聴き放題のサービスである「Spotify」ですが、ストリーミングでの配信のため、外で利用すると通信が発生し、通信容量の制限にひっかかってしまう可能性が出てきてしまうことがデメリットです。

そういった際に便利なのが、「TuneFab Spotify音楽変換」です。

ここでは、「TuneFab Spotify音楽変換」とその使い方の解説をしていきます。

その他のストリーミングサービスと比較したい方は以下を参考にしてください。

Apple Music・Spotify・Amazon Musicの音楽ダウンロード料金比較|最安価格調査

TuneFab Spotify音楽変換とは

「TuneFab Spotify音楽変換」とは、Spotifyの曲やプレイリストをダウンロードして、インターネットにつないでいない状態でも音楽を聞くことができるソフトです。

聴く可能性があるものをすべてダウンロードさえしておけば、インターネットにつながっていない状態でも、音楽を楽しむことができるので、通信容量や契約している携帯電話のプランなどを気にする必要がなくなります。

曲名やアーティスト、アルバム名まですべて取得することができるので、ダウンロード後もインターネットにつないでSpotifyを使用しているかのように、曲の検索や管理などが非常にスムーズに行うことができます。

Spotifyの曲をダウンロードするソフトは複数ありますが、曲名の一部が文字化けしていたり、アーティスト名を取得できていなかったりすることが多く、音楽をダウンロードしたのはいいんだけれど、その後の管理が非常に面倒。。。といったことがよくありますが、「TuneFab Spotify音楽変換」は曲の情報が保存されているID3と呼ばれるデータを正確に保持することができるため、そういったトラブルもありません。

使い方

まずは、以下から「TuneFab Spotify音楽変換」をダウンロードして、パソコンへインストールします。

TuneFab Spotify音楽変換

インストールが完了したら、「TuneFab Spotify音楽変換」を起動します。

右上にある「ログイン」をクリックして「Spotify」へログインします。

MEMO
Spotifyのアカウントを持っていない方は、Spotifyのアカウントを事前に作成してください。

Spotifyへログインすると、右上にSpotifyのアカウント名が表示されます。

この状態で、ダウンロードしたい曲を選択します。

ダンロードしたい曲をクリックし、ドラック&ドロップで右側面にある「緑の円」の中に移動させます。

移動させると以下の画面になります。

この画面で右上にある「変換」というボタンをクリックすると、ダウンロードが開始されます。

基本的な使用方法について以上です。

TuneFab Spotify音楽変換の違法性

まず音楽のダウンロードと聞いて、思い浮かぶものが著作権です。

結論から言うと、「個人で」楽しむ範囲で利用する場合については、違法ではありません。

違法となるケースは、著作権法30条1項で定められている私的利用の範囲を超えて使用した場合です。

>参考:著作権法

例えば、ダウンロードした音楽を「有償」で販売したり、「友人」にあげたりといった、個人で楽しむ範囲を超えた場合です。

MEMO
そのため、「個人で」楽しむ範囲で音楽をダウンロードしたことで、逮捕された事件なども発生していません。

参考までに、音楽をダウンロードしインターネットのオークションサイトで販売したことで逮捕された事例をご紹介します。

著作権違反事例

つまり、音楽を「個人で」楽しむ範囲を超えて取り扱った場合に違法となります。

以上から、Spotifyの音楽をダウンロードして、個人で楽しむ場合については、日本の法律上問題ありません。

ただし、「Spotify」の利用規約違反です。

Spotifyの利用規約

Spotifyの利用規約の中に、以下のような記述があります。

コピー、複製、再配布、「リッピング」、録音、転送、上演、フレーミング、公衆へのリンク、公開もしくは放送、公衆への提供、または本契約もしくは適用法に基づいて明示的に許可されていない、もしくはその他の形で知的財産権を侵害するその他の使用。

「TuneFab Spotify音楽変換」の仕組みとしては、Spotifyのサーバーから音楽をダウンロードしているわけではなく、Spotify上で音楽を再生し、その音を「録音」するという方式を取っています。

そのため、正確には「コピー」、「複製」には該当しませんが、同等の行為を行っているとみなされる可能性が非常に高いため、Spotifyの利用規約違反であると考えておくのが安全です。

「TuneFab Spotify音楽変換」の仕組み上、Spotify側からは、音楽がパソコンで流れているようにしか見えないため、Spotify側でダウンロードを検知することは不可能ですが、リスクがあることは理解しておくようにしましょう。

MEMO
パソコンでSpotifyの音楽を流して、自分のスマートフォンの録音機能で音楽を録音しても、Spotifyから検知できないという理屈です。

その他のソフト

Spotifyの曲をダウンロードするソフトは複数ありますが、ダウンロードした曲の曲名やアルバム名などを正確にダウンロードでき、ソフト自体の安定性やダウンロード速度など総合的に見ても「TuneFab Spotify音楽変換」が最もおすすめですが、その他のソフトと比較する際は以下のページも参考にしてみてください。

参考:Spotifyの曲をダウンロードできるソフト

参考:Spotifyの曲をMP3に変換するソフト

また、ダウンロードした曲をCDに焼く方法については以下を参考にしてください。

Spotifyの曲をCDに焼く方法

スパム・ウィルスの危険性

本ソフトウェアを紹介するにあったって、「Wireshark」にて3日間不正な通信がないかチェックいたしましたが特に問題ありませんでした。

Wiresharkとは

MEMO
Wireshark(ワイヤーシャーク)とは、ネットワーク上を流れるデータを解析するソフトウェアです。特定のソフトウェアがいつ、どこのサーバーに、何のデータを流しているかなどを確認することができます。

Windows上で必要のない権限も求められないので「TuneFab Spotify音楽変換」の中にスパムやウィルスが仕込まれている可能性は0と考えて問題ないと思います。

価格

価格は上記の通りです。

他のソフトと比較すると同じような価格帯ではありますが、購入は悩ましいかもしれません。

無料バージョンも配布されているので、まずは無料で使用してみてください。

TuneFab Spotify音楽変換変換の無料お試し

MEMO
無料お試し版は、1曲の長さが3分のものしか変換できないので注意です。

まとめ

安全に簡単にSpotifyの曲をダウンロードするソフトとしては、「TuneFab Spotify音楽変換」が最もおすすめです。

著作権法上の問題はありませんが、Spotifyの利用規約上は違反になる可能性があるため、自己責任で利用するようにしましょう。