ふるさと納税した人の確定申告(確定申告書等作成コーナー編)

ここでは、年末調整をしている一般のサラリーマンが、ふるさと納税をした際の確定申告方法を解説していきます。

準備

以下の2点を準備してください。
・ふるさと納税した際に、自治体から交付を受けた「寄附金の受領証」
・勤め先から交付された「源泉徴収票」

確定申告をしよう

さぁ準備が整いましたら、さっそく国税庁ホームページへアクセスしてください。

国税庁ホームページからの画面左側の「確定申告書等作成コーナー」をクリックします。

「確定申告書等作成コーナー」にアクセスします。


次に「確定申告書等作成コーナー」の「申告書・決算書 収支内訳書等作成開始」をクリックしてください。


今回は書面で提出しますので、「税務署への提出方法の選択」の画面で、「書面提出」をクリックし「申告書等印刷を行う際の確認事項」を確認してください。

「作成する申告書等の選択」画面で「所得税の確定申告書作成コーナー」を選択を選択してください。

「入力方法選択」の画面に移りますので、「収入が急所1か所のみ(年末調整済み)の方」「左記に該当しない方」のどちらか該当する方の「申告書作成へ」を選択してください。
年末調整済の一般のサラリーマンの方は、一番左側をクリックしてください。

「提出方法の選択等」の画面に映りますので、「確定申告書を印刷して税務署へ提出」にチェックが入っていることを確認して、生年月日を入力してください。

「所得の種類選択」画面に移りますので、いづれかに該当するものにチェックをつけてください。一般的なサラリーマンの場合は、一番上の「給与のみ」にチェックを入れます。

「給与所得の内容等選択」画面に移りますので、いづれかに該当するものにチェックをつけてください。一般的なサラリーマンの場合は、一番上の「給与の支払者(勤務先)は一か所のみ」にチェックを入れます。
さらに、「年末調整の状況について」についても該当するものにチェックをつけます。皆さんは年末調整済と思いますので、「年末調整済である」にチェックを入れます。

「適用を受ける控除」の画面に移りますので、「寄附金控除」にチェックを入れます。

「給与所得の入力(1/3)」の画面に移りますので、源泉徴収票に記載の金額を入力します。

「給与所得の入力(2/3)」に移りますので、源泉徴収票通りに入力してください。

「給与所得の入力(3/3)」に移りますので、こちらも源泉徴収票通りに入力してください。

次に、「収入・所得金額の入力等」の画面で入力内容確認後、次へをクリックします。
「所得控除の内容等」の画面になりましたら、寄附金控除の右隣の「入力する」をクリックします。

「寄附金控除、政党等寄附金等特別控除」の画面では、自治体から交付を受けた「寄附金の受領証」を見ながら空欄を埋めてください。
「寄附金の種類」には複数項目表示されますが、「都道府県、市区町村に対する寄附金(ふるさと納税など)」を選択してください。

すべての受領書分の記入が終わりましたら、次へをクリックします。
クリックすると「税額控除等の内容等」の画面に移ります。ここは何も入力せず、次へをクリックします。

「計算結果の確認」では還付される所得税額が表示されます。
思ったよりも額が少ないと思われる方が大多数かと思いますが、ふるさと納税では、所得税と住民税の両方から控除するため、所得税の還付だけを見ると少なく見えます。
しっかりと住民税からも還付されるので、安心してください。

「住民税等に関する事項」の画面では、住民税の徴収方法の選択を「給与から差引き」を選択してください。その他については、該当する事項にチェックをつけ「次へ」をクリックしてください。

「住所・氏名等入力(1/3)」では、「寄付金控除を受ける方」の情報を入力してください。
入力が完了いたしましたら、「次へ」をクリックします。

「住所・氏名等入力(2/3)」では、納税地を入力する必要があります。納税地がわからない場合は、国税庁のホームページから自分の納税地を確認してください。

「住所・氏名等入力(3/3)」の画面に移りますので、還付金の振込口座を指定してください。

「マイナンバーの入力」画面ではマイナンバーを入力してください。

「申告書等印刷」画面が表示されましたら、「申告書等を全て印刷する」を選択して、帳票表示・印刷を行ってください。

帳票が印刷されましたら、自治体から交付を受けた「寄附金の受領証」と合わせて、税務署へ送付してすべて完了です。

いかがだったでしょうか。入力する項目は多いと感じられた方もいらっしゃるかと思いますが、基本的には、源泉徴収票や受領証に記載内容を転記するだけですので、税務署へいくよりも簡単だったと思います。

確定申告に慣れれば、もっと手続きの簡単な「e-Tax」で確定申告をしましょう。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク