建売り住宅の種類と特徴|メリット・デメリットを徹底比較

土地と建物を同時に購入する建売り住宅は、一般的なものであれば実物を見て購入することができ、すぐに入居できるメリットがあります。

この建売り住宅にも様々な種類があるので、購入する前にしっかり特徴をつかんでおくようにしましょう。

スポンサーリンク

一般の建売り住宅

通常は、買主が購入する時点ですでに建物が建築済み。

手間や時間がかからないが、自分好みのプランニングや施工業者を選べない。

プランは決定しているが、まだ着工していない物件は「青田売り」と呼ばれる。

工事の様子などは確認できるが、プランを大幅に変更することはできない。

メリット

・すぐに入居できる。
・プランニングに時間を取られない。
・実際に建物を見て確認できる。

デメリット

・建物ができあがっているため、基礎や壁内など目に見えない部分のチェックができない。
・自分好みの間取りに変えられない。

建築条件付き住宅

買主が購入する時点では土地があるだけ。

土地を購入後、一定期間内(おおむね3か月)に決められた建築業者とプランニングを詰めて建築請負契約を結び、家を建てます。

なぜこういった販売方式があるかというと、建築業者から紹介料として建築費の一部を売主が受ける取ることができるためです。

そのため、売主は土地代と建築費の一部を受け取ることができます。

買主にとってメリットがないので、この販売方法では土地が売れないのでは?

と思われるかもしれませんが、この販売方法をとっている場合の多くが、立地条件に優れた土地であることが多いため、売主も強気に建築条件付きで土地を販売するのです。

メリット

・ある程度プランニングの自由度がある。
・建築中の建物をチェックできる。

デメリット

・建築業者を選べない。
・土地を契約後、一定期間内にプランニングを決めなければならないため、じっくり考える時間時間がない。

借地権付き住宅

買主が購入するのは建物だけで、土地は借地権のみ。

中でも定期借地権付き住宅は、一定期間(おおむね50年間)を過ぎたら土地を更地にして地主に返還します。

これもなぜこういった販売方法があるかというと、例えば、先祖代々受け継いできた土地のため、売ることはできない。
でも、土地を所有していると固定資産税が発生してしまい、利活用しないと費用だけが発生してしまう、こういった場合などに借地権で土地を売り出したりします。

メリット

・土地を購入する場合に比べて、割安。

デメリット

・一定期間が過ぎたら土地を返還しなければならず、永住できない。
・権利関係が複雑で手続きが面倒。
・住宅ローンの条件が厳しい。

分譲規模別のメリット・デメリット

建売住宅は立地の規模別に特徴やメリットがありますので、念頭に置いて物件探しをするといいでしょう。

大規模分譲(100戸以上)

業者

大手業者が多い

立地・環境

・郊外に多い。
・最寄駅からは徒歩圏外であることが多い。
・公園やスーパーなどの生活利便施設を備え、ひとつの街を形成している。
・広大な敷地を計画的に開発するため、街並みが美しく、道路も広い。
・緑が豊かで環境がよい。

土地・建物

・一戸の敷地は150m以上。
・庭や駐車スペースを確保できる。

メリット

・環境のいい閑静な住宅地である。
・計画的な街づくりがされているため、街並みが美しく無駄がない。
・家や敷地が広いため、ゆったりと暮らせる。
・分譲地内にスーパーや公園など生活利便施設が揃っている。
・収入が同レベルの同世代の住民が集まりやすい。

デメリット

・最寄駅から遠く、通勤が不便
・土地の造成や道路の建設などに開発費がかかるので、比較的効果な物件が多い。
・家が画一化されていて、個性がないことが多い。

中規模分譲(30~100戸)

業者

中堅業者が多いが、大手業者が参入する場合もある。

立地・環境

・郊外に多い。
・最寄駅から、やや離れている。
・同じテイストのデザインでまとめた統一感のある街並みを実現。
・公園などが敷地内に併設されることもある。

土地・建物

・一戸の敷地は100~150m
・小さめの庭や駐車スペースを確保できる。

メリット

・大規模分譲より、やや価格が割安。
・小規模分譲より余裕のある敷地や家に住める。

デメリット

・最寄駅が駅まで徒歩では遠い場合が多い。
・大規模分譲よりは安いが、小規模分譲に比べると立地の割に割高。

小規模分譲(5~30戸)

業者

地元の中小業者が多い。

立地・環境

・都心の近くであったり、最寄り駅から徒歩圏内。
・以前からある街に分譲するため、分譲地だけ雰囲気が異なることもある。
・買い物や通勤に便利。

土地・建物

・一戸の敷地は100m以下。
・庭はなく、1回を駐車スペースにした3階建てが多い。

メリット

・都心に近いため、通勤や買い物に便利。
・都心に近い割には手ごろな価格であることが多い。

デメリット

・狭小地が多く、物件により日当たりにバラつきが出る。
・隣家との間隔が狭く、プライバシーに気を使う。
・火災などの災害に弱い。
・将来、増改築しようとしても不可能な場合が多い。
・狭すぎて公庫融資が受けられないケースもある。

まとめ

建売住宅の種類と特徴を比較してみました。

住宅購入全般にいえることですが、それぞれメリット・デメリットがあるためどれが最もいいかは一概にいうことができません。

最も重要なのは、じっくり比較して自分に合ったものがどれかを見極めることです。

スポンサーリンク

フォローする