【出品編】ヤフオクに不用品を出品してみよう

準備が完了すれば、さっそく出品してみましょう。
決められたルールも特になく、出品のやり方は人それぞれですが、トラブルなく取引するためには、気をつけるべきことが何点かあります。

スポンサーリンク

ヤフオクに出品しよう

それでは、「ヤフオク」へアクセスしてみましょう。
次に右上の出品をクリックします。

カテゴリを決定する

カテゴリを選択しましょう。
カテゴリがわからない際は、自分が出品しようとしている商品名などをヤフオクで検索して、他の人がどのカテゴリで出品しているか参考にしましょう。

商品説明を作成する

サイズや仕様などの情報をまとめて商品説明を作成してみましょう。「自分が入札者だったら何を知りたいか」という観点で考えるといいでしょう。

一般的によく商品情報として記載される内容は以下のとおりです。

機能、サイズ、色、重さ、材質など
取り扱い上の注意事項
いつ、どこで入手したか
商品の状態
使用した期間や頻度
傷や汚れ、色落ちがあれば、どこにどの程度あるか
修繕や修理をしたことがあれば、どの部分をどの程度したか
動作に問題があれば「不正作動」「作動については保証しない」などと明記
付属品、保証書、箱はそろっているか
発送情報
送料の目安
発送方法

商品の説明は落札率に大きく関わってきます。魅力的な商品でも商品説明が貧弱だと、商品説明に嘘があるんではないかと疑われ、入札者に敬遠されてしまうことになりかねません。
ここでもやはり、同じ種類の商品の検索して、どのような商品説明になっているか参考にするとよいです。

画像の掲載

画像は3枚まで掲載できます。撮影のポイントを以下にまとめました。

いろいろなアングルで撮る
ブランドロゴを撮る
傷や汚れを撮る
大きさが比較できるものと撮る
付属品を撮る

参考に写真の一例を掲載します。

いろんなアングルで撮る

ブランドロゴを撮る

傷や汚れを撮る

出品情報を登録する

ここまで入力できれば、オークションに必要な情報を投入していきましょう。

販売形式

オークション形式か、定額で出品するかを選択します。
人気の商品であれば、入札がたくさん入るので高値で落札される可能性がありますが、入札期間までオークションが終了しないというデメリットがあります。
一方、定額であれば入札と同時に落札となるため。比較的はやく出品を終了し落札金額を受け取ることができます。
特にこだわりがなければ、「オークション形式」を選択することをおすすめします。

価格設定

この金額でオークションを開始したいという金額を入力します。
安い金額であると、注目され入札人数も増えるため、想定よりも高値になることもありますが、逆に、安値のまま落札される危険性もあります。ここは、販売してもいい価格で始めるべきかと思います。
また、「即決価格」を入力することもできます。この即決価格を入力すると、オークション形式ですが、定額で出品した場合と同様に即オークションが終了します。
この「即決価格」は落札されてもいい価格よりも少し高めに設定しておきましょう。高い金額を出してもすぐに手元にほしい人に落札される可能性があるためです。

個数

同じ商品が複数ある場合に使用します。
通常は1つで大丈夫です。

開始期間

オークションを開催する期間を設定できます。
ポイントはオークションが終了する時間です。主なターゲットがサラリーマンであれば、22時頃終了がよいでしょう。主婦であれば、15時頃がおすすめです。

これは、ターゲットがオークションに参加しやすい時間帯を選ぶことで落札率をアップさせるためです。

商品発送元の地域

入札者が送料を計算するために必要です。
入力必須項目のため入力しましょう。

送料負担

どちらが送料を負担するか決定します。

これは好みによりますが、私の場合は一律1,000円とするか送料は出品者負担にして送料無料とする場合が多いです。理由は、落札者負担とすると、落札した後、相手の住所を確認して送料を計算し、送料を落札者に伝えて、入金していただかなくてはならず、やり取りが煩雑だからです。

決済方法

「Yahoo!かんたん決済」がおすすめです。
銀行振込希望の場合は、銀行名を記載しましょう。落札者が振込手数料を計算することができるためです。

商品の状態

「中古」か「新品」のどちらかを選択すると良いでしょう

返品の可否

「返品不可」を選択しましょう。

オプションの設定

無料オプション、有料オプションを設定することができます。
重要な無料のオプション設定は、デフォルトで設定されており、有料オプションはよほどのことがない限り使用しなくてもよいため、ここは特に変更しなくても大丈夫です。

出品内容を確認

出品内容とシステム利用料の確認ページが表示されます。
内容に問題がなければ「出品する」をクリックしてください。

以上で出品完了です。

初めは、一つ出品するだけで大変と思われるかもしれませんが、2つ3つと出品して慣れてしまうと5分程度でささっと出品できてしまいます。

不用品など、お金を支払って処分しなければいけないものは特に、この「ヤフオク」を使って必ず現金に変えましょう。

また、「ハピタス」というポイントサイトを経由して、「ヤフオク」に出品すると落札金額の1%がポイント還元されます(1ポイント1円として利用可能)。
簡単にいうと落札金額が1%アップします。特にデメリットなく簡単に行うことができるので、ヤフオクで出品する場合は、必ずハピタスを経由するようにしましょう。
登録していない方は、以下から登録することができます。

スポンサーリンク

フォローする