損しない年末調整

会社が勝手にやってくれるので、自分自身で何も気にしなくていいとお考えではないでしょうか。会社の年末調整担当の方も人である以上、間違いが発生します。
ここでは、年末調整の中身をしっかり理解し、申請すべきものはしっかり申請し、還付されるものは必ず還付されるようにしましょう。

スポンサーリンク

年末調整とは

毎月の給与やボーナスから源泉徴収(天引き)した「不正確な」所得税と、年収から配偶者、子供の扶養控除、各種生命保険や地震保険等の考慮した「正確な」所得税との差分を還付または徴収することです。

源泉徴収の「不正確」の理由ですが、源泉徴収する所得税の計算は、概算、かつ多めに天引きされます。
これは、所得税とは前年の収入で決まるため、例えば、妻や子どもが扶養に入った、生命保険に入った等の今年の状況を反映できないためです。

そこで、1年間の所得が確定する「年末」に、本来払うべき所得税を「正確」に計算して、その差分を還付または徴収するのです。

基本は多めに支払っているので、還付されることが多いはずです。
還付が少ない、または徴収される場合は、正しく手続きされていない可能性があるため、理由を確認すべきです。
※私個人としては、めんどくさいかもしれませんが、必ず正しいかどうかを源泉徴収票から再確認すべきと考えています。

徴収される要因

・前年よりも給料が大きく増加した
・前年よりも賞与が大きく増加した
・年の途中で離婚して配偶者控除がなくなった
・子どもが社会人となり不要から外れた

私が実際に経験したのは、扶養控除の申請をしたにも関わらず、担当者が忘れていて、反映されていなかったことがありました。

いずれにしても、不足しているときは、どうしてそうなったのか、勤め先に必ず確認しましょう。

還付・徴収されるタイミング

大きく2パターンあります。

【12月分の給与と一緒に還付・徴収】
11月に年末調整書類の提出を求められた記憶がある方は、おそらく12月の給与と合わせて還付・徴収されているはずです。

【翌年1月分の給与と一緒に還付・徴収】
12月に年末調整書類の提出を求められた記憶がある方は、このパターンとなります。

還付・徴収する金額が誤っていても、年末調整されないことは、ありえないため、12月に還付されなかったけど大丈夫?という心配はされなくても大丈夫です。

最後に

ここでは年末調整の基礎について解説しました。
次のステップとして、年末調整の際に見落としやすいポイント、源泉徴収表から実際の還付・徴収額の計算方法を解説していきます。

スポンサーリンク

フォローする