保険の面談だけで5,000円~10,000円稼ぐ|ハピタス高還元率案件

ハピタス案件の中で、還元率の高い「クレジットーカード申し込み」、「FX口座開設」と並び、簡単でしかも自分の保険の見直しをしてくれる「保険の面談」案件を解説します。

保険の見直しや加入について、個人的には自分自身で保険会社のHPから見積もりを取り、自分自身で資料を取り寄せ、内容を十分理解した上で申し込むべきと考えていますが、保険についてよくわからない、という方には、「保険の面談」のような案件で、お小遣い稼ぎしながら、無料で保険について勉強・見直しができるので、使わない手はないと思います。

保険の知識が全くなくて心配な方は、以下の記事を読んでください。

保険の基本を正しく理解して見直しをしよう
保険の基本を正しく理解して見直しをしよう
ドコモの携帯電話料金を200円以下にする記事を読んでいただければわかると思いますが、こちらが素人だと損をしてしまう危険性があります。そこでま...
スポンサーリンク

「保険の面談」案件の選び方

ハピタスのトップページの検索ボックスに「保険」と入力したあと、「獲得ポイントの多い順」に並び替えると、還元率の高い案件が並びます。

ここから、保険の面談案件を選ぶのですが、注意点があります。
それは、必ず「ポイント対象条件」を確認してください。

例えば、上図の「保険ジャパン」の案件は申し込んではいけません。
理由は、「ポイント対象条件」を確認すると、「保険契約完了」が条件となっているためです。

今回は、保険の契約をしたいわけではなく、ポイント稼ぎと保険の勉強のためですので、ここが「新規面談完了」など、契約が条件となっていないものを選びましょう。

この例の「ほけんの時間」は還元率も高く、ポイント獲得条件がアンケート回答と新規無料面談完了のため、OKです。
昔は、こういった条件のものが多かったのですが、最近徐々に、契約完了が条件となっている案件が増えてきました。
この「ほけんの時間」も条件が改悪されないうちに、申し込んでポイントをゲットしておきましょう。

保険の面談の案件の流れ

私は、10件以上、保険の面談の案件をこなしましたが、基本的には流れはすべて同じでした。

流れ

①ネットで氏名などを記入して申し込み
②受付完了メール受領
③申し込み完了とFPを選定しますという確認電話が入る
④FPからメール、または電話が入る。
⑤FPとの日程調整
⑥FPと面談
⑦メールでアンケートが来るので回答
⑧FPとの二回目の面談
⑨ポイント付与

箇条書きにすると面倒くさそうですが、ネットで申し込んでFPと1~2時間面談してアンケートに答えれば完了です。
念のため、⑧もしておいた方が安心です。
私は「ほけんの時間」で申し込んだ際は、適当に理由をつけて⑧を行わなくてもポイント付与されたのですが、「ほけんのFP」の場合は、ポイントが却下されました。
※「ポイント対象条件」には、二回目の面談を行うこととは記載ないのですが、ポイント付与対象外となる「ポイント目的」と判断されたのかもしれません。

面談一回目の内容

保険の概要から、私にとって必要な保険の種類を解説いただきました。
おおよそこんな感じです。

流れ

①なぜ、保険が必要なのか。
②保険の種類(定期保険、終身保険、学資保険、、、)
③ライフプランとその中に潜むリスク
④リスクを保険でカバーする
⑤あなたに必要な保険とは
⑥最近の保険のトレンド

内容についても非常にわかりやすく、保険の初心者でも、「保険の勉強の導入」として、保険に加入している人でも「保険の見直しのきっかけ」として利用に最適です。

⑥ってなんだよと思われるかもしれませんが、私が2017年2月に申し込んだ際には、収入補償型保険がトレンドと解説されていました。

要は、
・昔は死亡保障を3,000万円とか掛けるのが普通だった。
・あなたが、50歳になって死んでしまったときに、3,000万円って本当に必要ですか?
・30歳のときには家族のために3,000万円必要かもしれないが、50歳のときは、子供も独立して3,000万円もいらない。
・収入保証型保険は、30歳なら4,000万円、50歳なら1,000万円と段階的に保証額が減少する保険。
・必要な年齢で必要が額が補償されるので、保険料に無駄がなく、死亡保障よりも割安。

渡辺直美さんのCMをみてご存知な方もいらっしゃるかと思います。

面談二回目の内容

面談一回目に具体的な保険会社の商品名は出てこず、二回目でFPさんのおすすめの保険を紹介されました。
紹介されたのは、「個人年金保険」「医療保険」「収入保証型保険」です。
紹介される保険の種類や保険商品はFPさんに依ってバラバラです。

個人年金保険ってなに?
医療保険ってなに?

の質問の回答はすばらしく、保険を知るにはもってこいと思いましたが、勧めてくる保険商品はやはり、FP都合がちらちらと垣間見れました。
やはり、FPさんもボランティアをしているわけではなく、稼ぐためにインセンティブの高い商品を勧めるのは仕方がないかと。

1時間ちょっとで切り上げて、一週間後くらにお断りのメールを入れました。

まとめ

保険を知ったり、見直しのきっかけを作ってくれたりできる上、さらに高額なポイントが付与されるため、今まで実施したことがない方にはぜひチャレンジしていただきたい案件です。

クレジットカードはたくさん作りすぎると、審査落ちする可能性があったり、FX口座開設はFXの利用が条件となっていたりして、一定程度リスクがありますが、この保険の面談案件は、リスクは一切ありません。

年々、条件が厳しくなったり、ポイント還元率が下がる傾向にあるため、早めに案件を消化しましょう。

まだ、ハピタスへ登録していない方は以下から登録すると1,000ポイント(=1,000円)付与されるため、登録して保険の面談案件にチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

フォローする