FX口座開設で8,000円~18,000円稼ぐ|リスクを最小限に抑える方法

ハピタスの案件の中でも最も還元率の高い案件、それは、FX口座開設案件です。
基本的には、口座開設だけではポイント付与されず、一定程度FX取引が条件となっていることが大半です。

この「FX取引」が、なんか怖い、ポイントの儲けよりも損することが多そう、ギャンブル反対、などのイメージがあって、挑戦していない方が多いように思います。

非常にもったいない。

FXにハマってしまい、貯金を切り崩したりすると危ないのですが、あくまでポイント目的で、条件を淡々とこなすのであれば、FX取引条件もすぐ買って、すぐに売れば、条件クリアして、タイミング悪く大負け、どれだけミスしても1,000円も減ることはありません。

FX口座開設案件の中でもっとも条件の緩い、「SBI FX トレード」を私が申し込んだときには、0.01円しか負けませんでした。

やり方がよくわらず、ミスをしても1円も負けることはないと思います。

ポイント稼ぎが主な目的で、FXにハマらなければ非常にオトクな案件ですので、チャレンジしましょう。

スポンサーリンク

「FX口座開設」案件の選び方

ハピタスのトップページの検索ボックスに「FX」と入力したあと、「獲得ポイントの多い順」に並び替えると、還元率の高い案件が並びます。

ここから、FX口座開設の案件を選ぶのですが、注意点があります。
それは、必ず「ポイント対象条件」を確認してください。

確認するのは、ポイント付与条件の取引通貨量です。
一つの目安は「1lot」、もしくは「10,000通貨」までにしましょう。

この取引通貨量が大きければ大きいほど、リスクが高まります。
例えば、以下の「トレイダーズ証券 みんなのFX」は避けた方が無難です。

先程の目安である「1lot」、もしくは「10,000通貨」を超えて、「30lot」となっているためです。

初心者におすすめなのは、先程紹介した「SBI FX トレード」です。
なんと、ここは条件が「1通貨」です。

※再掲

次のおすすめは「DMM.com証券(DMM FX)」です。
ここも取引条件は「1lot」です。

「1lot」・「10,000通貨」とは

まず「1lot」=「10,000通貨」です。
どれくらいの取引金額かというと、1ドル=100円とすると、

「1lot」「10,000通貨」

10,000通貨×100円=100万円

となります。
100万円も取引するの!?
やっぱり危険じゃないの!?

待ってください全く危険ではありません。
1ヶ月、2ヶ月のスパンでみると、「1ドル=100円」から「1ドル=98円」に相場が動く可能性があり、100円から98円の差分の「10,000通貨×2円=2万円」損する可能性があります。
※逆に2万円儲かる可能性もあります。FXのトレーダーたちはこの差分で儲けています。

これは、100万円分買って、98万円で売るので、差分の2万円が損するといった仕組みです。

トランプさんがアメリカの大統領に当選した後は、「1ドル=104円」から「1ドル=114円」程度までドル高、円安が進んだので、もし「10,000通貨」もっていた場合、実は「10万円」儲けることができました。
FXの怖いところはここで、一気に儲けることもできれば、逆に一気に損することもあります。

ですが、ここまでのお話、1ヶ月、2ヶ月投資した場合のお話です。

今回は、ポイントを稼ぐ目的ですので、取引時間はものの1秒間、手間取って長くて1分間です。
この1分間に相場はほぼ動かず、万が一負ける方向に大きく動いたとしても損するのは、1,000円程度です。

1分間で損する可能性がある金額

10,000通貨×100円×0.001円=1,000円

ですので、安心していただいて大丈夫です。

FX口座開設案件の流れ

どのFXの口座案件でも基本的な流れは同じです。

流れ

①ハピタス経由で口座申し込みをする
②FX口座開設の案内が郵送で自宅へ届く
③ネットからFX口座へログイン
④銀行からFX口座に入金する
⑤FX取引開始
⑥ハピタスからポイント付与
⑦FX口座から銀行口座へ出金

ポイントを解説します。

④銀行からFX口座に入金する

入金金額も条件になっていることが多いため、ハピタスの「ポイント対象条件」を確認しておきましょう。
例えば、「SBI FX トレード」であれば、「1万円以上の入金」が条件となっています。

5,000円の入金でも取引できますが、ポイント付与対象外となるため気をつけましょう。

また、一括で入金するか分割で入金してもいいのかも、確認しておきましょう。
分割の入金がNGの場合もあります。
一括がNGのことはありませんので、分割NGが書いていなくとも、一括で入金した方が安心です。

⑤FX取引開始

条件となっている取引量を買って売って以上で終了です。

FX口座の種類により、画面が異なりますが、入力する内容はどこも同じです。
一例として、「SBI FX トレード」の画面を掲載します。

入力する内容は

・通貨ペア:米ドル-円
・新規売
・執行条件:成行
・数量:1単位(=1lot)

です。
次に、「新規売」から「新規買」に変更して、注文です。
これで取引は以上となります。

⑥ハピタスからポイント付与

⑤の取引が完了すれば、本来であればすべての条件を満たしたことになるので、FX口座から銀行口座にお金を出金していいはずですが、最近はポイント付与前に出金すると、ポイント付与対象外となることがあるみたいです。

理由としては、ポイント目的で口座を開設していると判断されるためです。

ですので、念のため、ハピタスからのポイント付与があるまで、FX口座からの出金は待ちましょう。

まとめ

資料請求やショッピングなどと違い、少し手間はかかりますが、キャッシュバックされる金額が圧倒的に高いこのFX口座開設案件を避けるのはもったいない。

また、申し込む条件選別すれば、リスクは最小限(大負けして1,000円程度)まで抑えることができます。
※これを気にFXにハマってしまった場合は、話は別ですが(笑)

それでも不安という方は、「SBI FX トレード」から始めてください。
ここは「1通貨=100円」で条件を達成できるため、あなたがFX取引をした瞬間にアメリカが消えてドルの価値が0になったとしても、100円しか損しません。

まだ、ハピタスへ登録していない方は以下から登録すると1,000ポイント(=1,000円)付与されます。
稼ぎやすいFX口座案件、食わず嫌いせずにチャレンジしてみましょう。

スポンサーリンク

フォローする



スポンサーリンク