マクドナルドの裏技公開中

【2018年版】おすすめの最安MNP弾の作り方|MVNOを使った最新の費用・期間

総務省の規制が入ってから唯一稼げるキャリアが「au」様のみとなってしまいました。

そのため、MNPで稼ぐためには、他キャリアから「au」様へ回線を流し込む必要があります。

これから新しくMNPで稼ぎたいと思われている方、au様でキャッシュバックを受け取った後、au回線を純解約してしまったので、au様へ流し込む回線を持っていない方、そういった方は、auへMNPするための回線を作らなくてはいけません。

akira

個人的には、純解約はおすすめしていません。その理由は以下の記事を参照してください。
【2018年版】au回線の運用・処理方法|MNPでキャッシュバック取得後はドコモ・ソフトバンクへ移行

今回はそんな方がMNP弾を作るための費用・期間の観点から最もおすすめする方法を解説していきます。

MNP弾とは

ご存知の方も多いかと思いますが、MNP弾とは、MNPにより稼ぐために作り出す回線のことを差します。

稼ぐことしか考えていないので、基本的には乗り換え先の「au」様以外の回線を作るケースが多いです、というよりか、現状ではau回線以外を作るメリットは皆無です。

そのため、ここでは「docomo」か「ソフトバンク」のMNP弾の作成方法を解説していきます

MNP弾のおすすめ作成方法

昔は、ブラックリスト上等でドコモの「2in1」や「auの持ち込み新規」がMNP弾作成コストが最も安かったので(特に2in1)メインで良かったのですが、現在は一旦ブラックになると、回線運用上、大きく支障がでて赤字になる可能性が高くなるためこの手法はおすすめしません。

おすすめするのは、以下の3パターンです。

最短でMNPを行うケース(LinksMateを利用)

MVNOの「LinksMate(リンクスメイト)」を利用します。

費用は最安クラスで、MNP転出するまでの期間は、現在考えうる最短となります。

まず、費用が最安クラスであるのは、なんと多くのキャリアやMVNOで請求される短期解約の際に請求される解約金が不要だからです。

また、申し込みから書類審査まで時間が極めて早く、めんどうな回線開通処理などをせずにMNP弾として転出できます。

実際に初月でMNPした場合の費用は以下のとおり。

項目 費用(税別)
新規事務手数料 3,000円
SIMカード発行手数料 400円
月額料金
(音声通話有り)
1,100円
(日割り計算されますが、最悪ケースで計算します)
MNP転出費用 2,000円
SIM削除手数料 3,000円
解約金 無料
合計 9,500円

解約金が不要な代わりに、他のキャリアやMVNOでは見られない「SIM削除手数料」というよくわからない料金が発生しますが、通常発生する解約金よりも大幅に安いため、なんと1万円を切る費用しかかかりません。

ホームページのQAにも明確に謳っており、実際に私がMNP弾として利用した際も、解約金の請求はなかったので、安心していただいて大丈夫です。
LinksMate FAQ:退会時の清算金について

申し込み方法

ここから、リンクスメイトとの公式サイトへ飛んで「通常申し込み」を選択して、「プランを選ぶ」をクリックします。

MEMO
「コードを使用して申し込み」ですが、今のところリンクスメイトで使用できるエントリーコードやキャンペーンコードはないので、通常申し込みで大丈夫です。過去に実施されていた「お友だち招待キャンペーン」などで使用したりします。

akira

ただし、即MNP弾として使用する場合は、お友だち招待キャンペーンで付与される2,000LPポイントは貰ったところで活用できないので、このキャンペーンを使用しなくてもよかったりします。

支払い方法の選択

「クレジットカード支払い」を選択します。

「LP」とはリンクスメイト内でのみ使用できるポイントです。

リンクスメイトを長期間使用する場合は、リンクスメイトをお得に使用するために活用を検討しないといけませんが、即MNP弾として利用する場合は、「クレジットカード支払い」=「LP支払い」ですので、クレジットカードからわざわざチャージしないといけない「LP支払い」は手間がかかるだけで無駄です。

プランの選択

月額料金は、「データ+SMS+音声通話機能SIMカード」の「1GBプラン」を選択します。

「高速データ通信+SMSのみ使用する」を選択すると、月額500円となり最安のようにみえますが、将来MNPを行うためには音声回線であることが必要なため絶対に選択しないようにしてください。

「音声通話機能オプション」は音声としてまともに使う気はさらさらないので当然不要です。

端末を選ぶ

端末は不要ですので、SIMのみ購入を選択します。

SIMカードのサイズはどれでもいいのですが、万が一、MNPの案件がなくて回線を一ヶ月分維持しないといけなくなった際の活用する可能性を視野にいれて「nanoSIM」にしておくのがいいと思います。

料金チェック

一番下までスクロールして以下のとおりになっていれば間違いありません。

転出までに要する日数

SIMカードが手元に届かずとも、MNP転出申し込みをした翌日から転出が可能となります。

届くのは郵送状況により遅れる可能性がありますが、SIMカード発送の連絡があった当日中に「MNP転出申し込み」をしていれは、SIMカードの到着が遅れたとしても、WEB上で転出が可能です。

ここが、リンクスメイトの強みで、以降で紹介しますが、回線開通をしないといけない「b-mobile」と大きく違う点です。

  • 一日目:申し込み、書類審査通過
  • 二日目:SIMカード発送、MNP転出申し込み
  • 三日目:SIMカード到着、MNP予約番号通知、MNP転出

SIMカードの発送連絡がされれば、回線は開通しているので、MNP転出の申し込みが可能となっています。MNP予約番号通知には1日にかかるため、手続きをLinksMate(リンクスメイト)側もこちらも上記のとおり最短で行えば、三日目で転出可能です。

当月解約について

他のサイトでLinksMate(リンクスメイト)は当月にMNP弾として利用できないと解説されているサイトがありますが誤りです。

私は、LinksMate(リンクスメイト)で8回線新規契約をしてMNP弾として利用しましたが、全回線当月にMNP転出しています。

おそらく、LinksMate(リンクスメイト)を利用したことがない方が、以下のFAQを読んで勘違いされているのだと推測します。

LinksMate FAQ:当月退会について

確かに当月の「退会」はできませんが、MNPの転出は可能です。
※つまり「退会」≠「解約(MNP転出)」です。

MEMO
「退会」とは、LinksMate(リンクスメイト)のアカウントを削除することを指します。LinksMate(リンクスメイト)の場合、支払月は契約月の翌月となり、支払いはアカウントに紐付いているため、当月の「退会=アカウント削除」しようとすると、未精算の料金が残っているので、「退会=アカウント削除」ができないのです。
昔、MNP弾として一番メジャーだったSo-net モバイルの「 LTE +Talk S2」にお世話になった方なら、なんとなくイメージつくのではないでしょうか。So-netもアカウントに対して、回線が紐付いているという概念でしたので、当月MNP弾として回線を発射できましたが、アカウントは翌月に別途退会する必要がありました。

■リンクスメイトの公式サイトはこちら

最安でMNPを行うケース(b-mobileを利用)

リンクスメイトは違約金がないとはいえ、「SIM削除手数料」が入りましたが、この「b-mobile」は最低利用期間と解約金がありません。

そのため、費用としては現存するMVNOのSIMの中で最安です。

項目 費用(税別)
新規事務手数料 3,000円
月額料金
(音声通話有り)
1,950円
(日割り計算されません。)
MNP転出費用 3,000円
解約金 無料
合計 7,950円

リンクスメイトと比較して1,000円以上の安くなりますが、この「b-mobile」には大きな欠点があります。

それは、開通確認が必要であり回線開通用の端末が必要であることです。

私の場合は、計画的に「au」様へ回線を流し込むべく「ドコモ」と「ソフトバンク(ワイモバイル含む)」の回線運用しているので、MNP弾が必要になるケースとしては、急遽キャンペーンでキャシュバックが上乗せされて、計画をずらしてでも回線を「au」様へ入れなければいけなくなることがほとんどです。

郵送事情で1日手元に届くのが遅れると大きな痛手ですし、手元に届くまで自宅で待たないといけないのも、時間の無駄です。

また、リンクスメイトのように郵送中にMNP予約番号の発行できないので、手元に届いて後、翌日までMNP予約番号が発行されません。

そうではなく、キャッシュバックが一般的に増える時期(3月、6月、9月、12月)にターゲットを絞って計画的に月初に開通させる場合は費用が最も低くなるので、「b-mobile」を使用するのもありです。

akira

いい案件がなくて、翌月に持ち越す場合はリンクスメイトの方が月額費用が安いので有利です。このあたりのリスクも踏まえて選択した方がいいと思います。個人的には、1,000円程度の差であればリンクスメイト一択で問題ないと思います。

申し込み方法

ここから、「b-mobile」の公式サイトへ飛んで「このページで購入する」をクリックします。

MEMO
「申込パッケージ」は家電量販店などで約3,000円で販売されています。申込パッケージがあると、新規事務手数料は無料になりますが、申込パッケージを公式サイトで申込と同時に購入する費用とほとんど変わらないため、無視していただいて大丈夫かと思います。

「b-mobile」のIDを持っていない方は、IDを登録します。

IDの登録が完了したら、再度、「申込パッケージをお持ちでない方「SIMをの新規購入」」を選択して、下部の「購入する」をクリックします。

プラン選択

回線をまともに使用するつもりはないので、オプション類はすべて不要です。

当然、「通話5分かけ放題なし」を選択します。

後は、契約者情報を登録して、「申込パッケージ」が郵送されてくるのを待つだけです。

転出するまでの日数

5月、6月、7月の月初に1枚づつ申込をしてみましたが、いづれも申込から2日後に申込パッケージが郵送されてきました。

  • 一日目:申し込み、書類審査通過
  • 二日目:申込パッケージ発送連絡
  • 三日目:申込パッケージ到着、MNP転出申し込み
  • 四日目:MNP予約番号通知、MNP転出

私が申込を行った際は、書類審査もすぐに完了し、申込パッケージも翌日に発送されたので、対応自体は悪いありません。

ただし、申込パッケージが手元に届いてからしか、MNP転出申し込みができないため、申込日を含めると転出まで4日かかるので注意です。

■b-mobileの公式サイトはこちら

安心の老舗でMNPを行うケース(イオンモバイルを利用)

リンクスメイトは比較的最近のMVNO事業者で、b-mobileも老舗ではありますが、最近リリースしたプランを使用したMNP弾ですので、ネットで開通方法を調べるとそもそも解説しているサイトが少なく、実際にSIMを購入していないまま紹介しているサイトが散見されて、間違いも多数あったりします。

一方で、このイオンモバイルは誰でも知っているイオンリテールが提供しているSIMでイオンの店舗でも購入できますし、MVNO事業者の中では以外と老舗で2014年からサービスを提供しているので、解説しているサイトが多数あります。

解説サイトが多数あると、間違ったことが記載されているサイトは検索にひっかからず、良質なサイトが上位に表示されるので、なにかトラブルになった際も解決策が見つかる事が多く、安心感が違います。

また、

リンクスメイトやb-mobileはちょっと不安な方はこちらを使用するのもありかもしれません。

転出までの費用は以下のとおり

項目 費用
新規事務手数料 3,000円
月額料金
(音声500MBプラン)
1,130円
(1ヶ月分の月額料金)
MNP転出費用 8,000円
合計 12,130円

一般的なMVNOをよりは費用は安いのですが、やはり「リンクスメイト」や「b-mobile」を見てしまうと割高感はあります。

申込方法

ここから、「イオンモバイル」の公式サイトへ飛んで右上の「新規お申込み」をクリックします。

プラン選択

月額費用としては音声プランの中で最も安い「音声500MBプラン」を選択します。

転出するまでの日数

  • 一日目:申し込み、書類審査通過
  • 二日目:SIMカード発送、MNP転出申し込み
  • 三日目:SIMカード到着
  • 四日目:MNP予約番号通知、MNP転出

イオンモバイルの特徴

他のMVNO事業社ではだいたい15,000円程度必要になってくるのが一般的でしたが、イオンモバイルは12,000円台で有名なだけあってなかなか優秀だと思います。

とはいっても、「リンクスメイト」、「b-mobile」と比較して費用の面で見劣りはするのですが、イオンモバイルが、MNP弾として有名になったのは、MNP弾として発射するまでの期間と手間が最高クラスだったためです。

MNP弾としてよく解説されている「OCNモバイル」の場合、回線開通月の翌月しかMNPができなかったりと、意外と制約があったりするのですが、イオンモバイルは特になく、MNP予約番号発行の依頼を出してから2~3日で発行されます。

また発行方法も簡単です。

他社であればSMSを送付するパターンもあったりするのですが、MNP弾を目的としていると、届いたSIMはスマホに差さずに放置していることが多く、SMSを受信するために端末に差し替えたりするのが面倒だったりします。

私は、SIMの数が多すぎてどのSIMがどの番号かわからなくなり、端末に挿して電話番号を確認して、違ったらまた挿しなおしてと非常にどうでもいい作業をしなければいけないことがありました。
※今では、SIM本体にマジックで番号を振り、エクセルでその番号と電話番号を紐付けるように管理していたりします。

イオンモバイルの場合は、WEBからMNP予約番号を発行して、WEB画面で確認することができるので、かなり便利です。

akira

イオンモバイルをいろいろとフォローしてみましたが、「リンクスメイト」と「b-mobile」がある状況で「イオンモバイル」は特別な事情が無い限り選択しなくていいと思います
■イオンモバイルの公式サイトはこちら

まとめ

有名どころ「DMM」、「UQ」、「LINEモバイル」などを全部チェックしましたが、

まとめ

でした。

突発的に実施するキャンペーンなどで安さだけでいうと「b-mobile」が最安にならなくなるケースはありますが、乗り換えしようと思ったタイミングでいろんなMVNO事業者のキャンペーンを洗い出すのも大変ですし、安くなるといっても1,000円程度ですので、「リンクスメイト」か「b-mobile」を選択するので大丈夫かと思います。

MEMO
他社の事務手数料無料キャンペーン(3,000円引き)程度であれば、トントンかもしくは、それでも「リンクスメイト」、「b-mobile」が安価です。

「リンクスメイト」、「b-mobile」がなかった時代は、MNP弾の発射費用が1万円台前半しかなく、そのときどきのキャンペーンの有無で最安が変動して、コストを下げるのがなかなか面倒だったのですが、個人的には、MNP弾として最速で転出することができ、なおかつ翌月を繰り越した際のリスクが小さく、コストも最安の「b-mobile」と1,000円程度しか違わないため、リンクスメイト一択でいいと思います

LinksMate(リンクスメイト)

MEMO
携帯乞食界ではあたりまえのお話なのですが、こういった抜け道とまでは言いませんが、発射費用が異様に安いと、MNP弾目的で契約する人が多数増えて、そのうち対策されるので、MNP弾が必要な方は遠慮なく今のうちにどんどん利用しましょう。

ここでMNP弾を作成できれば、以下を参考にauへMNPをしましょう。

■au案件はこちら

【2018年版】iPhone8(au)の最低維持費|月額料金比較・キャッシュバックで稼ぐ方法 【2018年版】SOV36(XPERIA XZ1)の最低維持費|月額料金比較・キャッシュバックで稼げるのか 【2018年版】iPhone7(au)の最低月額料金|維持費比較・キャッシュバックで稼ぐ方法 【2018年版】GRATINA 4G の最低維持費・月額料金|MNPau購入サポート考慮・キャッシュバックで儲ける方法 【2018年版】Qua Tab PZ/PXの最低維持費|プラン毎の月額料金比較・キャッシュバックで稼ぐ方法

■auWALLETポイントの消化方法はこちら

【2018年版】auWALLETポイントを現金化する方法|おすすめの使い道・交換

■ソフトバンク案件はこちら

【2018年版】iPhone8(ソフトバンク)の最低月額料金|維持費比較・キャッシュバックで稼ぐ方法 【2018年版】DIGNO Gの最低維持費|月額料金とキャッシュバックで稼ぐ条件・方法 【2018年版】Xperia XZs(ソフトバンク)の最低維持費|602SOの月額料金と各種条件・方法 【2018年版】AQUOS Xx3mini(ソフトバンク)の月額料金・維持費|603SHの月額料金と各種条件・方法

■ドコモ案件はこちら

【2018年版】iPhoneX(ドコモ)の最低維持費|月額料金・新規契約で稼ぐ方法 【2018年版】iPhone7 (ドコモ)の最低維持費・月額料金|キャッシュバックで稼ぐための条件

■MVNO案件はこちら

【2018年版】507SH ワイモバイルの最低月額料金|MNP弾・Android One維持費 【2018年版】P10 lite UQモバイルの最低月額料金|MNP弾・維持費比較

■キャッシュバック受け取り後の回線運用についてはこちら

【2018年版】au回線の運用・処理方法|MNPでキャッシュバック取得後はドコモ・ソフトバンクへ移行

■固定(光)回線の乗り換えについてはこちら

【2018年版】ソフトバンク光の最低月額料金|回線費用をキャッシュバックで節約する方法 【2018年版】auひかりの最低月額料金|キャッシュバックで光・ネット回線を節約する方法
Facebook Twitter Feedly
SHARE