【2017年版】おすすめの最安MNP弾の作り方|MVNOを使った最新の費用・期間

総務省の規制が入ってから唯一稼げるキャリアが「au」様のみとなってしまいました。

そのため、MNPで稼ぐためには、他キャリアから「au」へ回線を流し込む必要があります。

これから新しくMNPで稼ぎたいと思われている方、auでキャッシュバックを受け取った後、au回線を純解約(※)してしまったので、auへ流し込む回線を持っていない方、そういった方は、auへMNPするための回線を作らなくてはいけません。
※個人的には、純解約はおすすめしていません。その理由は以下の記事を参照してください。

【2017年版】au回線の運用・処理方法|MNPでキャッシュバック取得後はドコモ・ソフトバンクへ移行
【2017年版】au回線の運用・処理方法|MNPでキャッシュバック取得後はドコモ・ソフトバンクへ移行
総務省の規制が入ってから、いわゆる携帯乞食の数が激減しましたが、以下で解説したとおり儲けは少なくなってしまいましたが、「au」様だけ...

今回はそんな方がMNP弾を作るための費用・期間の観点から最もおすすめする方法を解説していきます。

スポンサーリンク

MNP弾とは

ご存知の方も多いかと思いますが、MNP弾とは、MNPにより稼ぐために作り出す回線のことを差します。

稼ぐことしか考えていないので、基本的には乗り換え先の「au」以外の回線を作るケースが多いです、というよりか、現状ではau回線以外を作るメリットは皆無です。

MNP弾のおすすめ作成方法

昔は、ブラックリスト上等でドコモの「2in1」や「auの持ち込み新規」がMNP弾作成コストが最も安かったので(特に2in1)メインで良かったのですが、現在は一旦ブラックになると、回線運用上、大きく支障がでて赤字になる可能性が高くなるためこの手法はおすすめしません。

おすすめするのは、以下の2パターンです。

LinksMateを利用して最安費用でMNPを行うケース

MVNOの「LinksMate(リンクスメイト)」を利用します。

費用は現在考えうる最安費用となります。

理由としてはこの「LinksMate(リンクスメイト)」」は、なんと多くのキャリアやMVNOで請求される短期解約の際に請求される解約金が不要だからです。

実際に初月でMNPした場合の費用は以下のとおりです。

項目 費用
新規事務手数料 3,000円
新規事務手数料割引
キャンペーン
-1,000円
月額料金
(音声通話有り)
1,100円
MNP転出費用 2,000円
SIM削除手数料 3,000円
解約金 無料
合計 8,100円

解約金が不要な代わりに、他のキャリアやMVNOでは見られない「SIM削除手数料」というよくわからない料金が発生しますが、通常発生する解約金よりも大幅に安いため、なんと1万円を切る費用しかかかりません。

違約金がかからないのは、私が知る限りおそらくこの「LinksMate」しか存在しません。

ホームページのQAにも明確に謳っており、実際に私がMNP弾として利用した際も、解約金の請求はなかったので、安心していただいて大丈夫です。
LinsksMate FAQ

Q:退会した場合に清算金は発生しますか_?

A:いいえ、アカウント退会時に清算金は発生しません。

またLinksMateのサービスを退会する場合、
ご利用中のSIMカードを全て削除する必要があります。
SIMカードの削除は「SIMカード削除の確認」ページで行います。

・SIMカード削除の確認
https://linksmate.jp/mypage/simcardadd/delete/confirm/

SIMカード削除の場合は、
・SIMカード削除事務手数料:3,000円/SIMカード1枚ごと
が発生します。

※MNP転出される場合は、
・MNP予約番号発行手数料:2,000円
が別途発生します。

※ 価格表示はすべて「税抜き」です。

退会時には、SIMカードの返却を行っていただいております。

返却時の送料についてはお客さまのご負担となりますので、
ご用意をお願いいたします。

月額料金

月額料金は、「データ+SMS+音声通話機能SIMカード」の「1GBプラン」を選択します。

「データ+SMS SIMカード」の「1GBプラン」は月額500円となり最安のようにみえますが、将来MNPを行うためには音声回線であることが必要なため、NGです。

実際の申し込みの際には、いくつかの有料オプションが選択できますが、全部不要にすると月額1,100円となります。

新規事務手数料割引キャンペーン

「LinksMate」では現在「秋の大感謝祭キャンペーン」を実施しています。

中身については、抽選で景品がもらえるなど、個人的には微妙なものが多いのですが、その中で評価できるのが、この新規事務手数料割引キャンペーンです。

MNP弾としては、発射費用が1,000円引きとなる嬉しいキャンペーンです。

イオンモバイルを利用して最短でMNPを行うケース

昔は、So-netの「So-net モバイル LTE +Talk S2」がMNP弾として有名で、かくゆう私も一気に5回線ほしいときなどはお世話になりました。

ですが、2016年9月30日新規受付停止をしており、So-net系のMNP弾作成方法を解説している記事は古いです。

この記事を書くために、MNP弾として最も有名なイオンモバイルのMNP弾作成費用を参考までに算出してみました。

転出までの費用は以下のとおり

項目 費用
新規事務手数料 3,000円
月額料金
(音声500MBプラン)
1,130円
(1ヶ月分の月額料金)
MNP転出費用 8,000円
合計 12,130円

月額費用としては音声プランの中で最も安い「音声500MBプラン」を選択します。

他のMVNO事業社ではだいたい15,000円程度必要になってくるのが一般的でしたが、イオンモバイルは12,000円台で有名なだけあってなかなか優秀だと思います。

とはいっても、「LinksMate」と比較して費用の面で見劣りはするのですが、イオンモバイルが、MNP弾として有名になったのは、MNP弾として発射するまでの期間が最高クラスなためです。

MNP弾としてよく解説されている「OCNモバイル」の場合、回線開通月の翌月しかMNPができなかったりと、意外と制約があったりするのですが、イオンモバイルは特になく、MNP予約番号発行の依頼を出してから2~3日で発行されます。

また発行方法も簡単です。

他社であればSMSを送付するパターンもあったりするのですが、MNP弾を目的としていると、届いたSIMはスマホに差さずに放置していることが多く、SMSを受信するために端末に差し替えたりするのが面倒だったりします。

私は、SIMの数が多すぎてどのSIMがどの番号かわからなくなり、端末に挿して電話番号を確認して、違ったらまた挿しなおしてと非常にどうでもいい作業をしなければいけないことがありました。
※今では、SIM本体にマジックで番号を振り、エクセルでその番号と電話番号を紐付けるように管理していたりします。

イオンモバイルの公式サイトはこちら

イオンモバイルの場合は、WEBからMNP予約番号を発行して、WEB画面で確認することができるので、かなり便利です。

まとめ

有名どころ「DMM」、「UQ」、「LINEモバイル」などを全部チェックしましたが、

■最安:LinksMate(リンクスメイト)
■安心の老舗・最速発射:イオンモバイル

でした。

突発的に実施するキャンペーンなどでLinksMateが最安にならなくなる可能性はありますが、乗り換えしようと思った都度都度、MNP弾費用を計算するのも大変なので、個人的にはLinksMate一択でOKだと思います。

ちなみに、他社の事務手数料無料キャンペーン(3,000円引き)程度であれば、LinksMateとトントンかもしくは、それでもLinksMateが安価です。

「LinksMate」がなかった時代は、MNP弾の発射費用が1万円台前半しかなく、そのときどきのキャンペーンの有無で最安が変動して、最安を狙う場合はなかなか面倒だったのですが、「LinksMate」が出た今、個人的にはもうこれ一択で問題ありません。

LinksMate(リンクスメイト)

ちなみに、携帯乞食界ではあたりまえのお話なのですが、こういった抜け道とまでは言いませんが、発射費用が異様に安いと、MNP弾目的で契約する人が多数増えて、そのうち対策されるので、MNP弾が必要な方は遠慮なく今のうちにどんどん利用しましょう。

ここでMNP弾を作成できれば、以下を参考にauへMNPをしましょう。

【2017年版】GRATINA 4G の最低維持費・月額料金|MNPau購入サポート考慮・キャッシュバックで儲ける方法
【2017年版】GRATINA 4G の最低維持費・月額料金|MNPau購入サポート考慮・キャッシュバックで儲ける方法
GRATINA 4Gのランニングコスト(月々の費用)と、MNP一括0円+キャッシュバック付きが稼げるかどうか考察します。端末購入サポート、下取り、クーポンを利用した実例を元に計算してみます。
【2017年版】iPhone8(au)の最低維持費|月額料金比較・キャッシュバックで稼ぐ方法
【2017年版】iPhone8(au)の最低維持費|月額料金比較・キャッシュバックで稼ぐ方法
iPhone8(au)のランニングコスト(月々の費用)と、MNP一括+キャッシュバック付きが稼げるかどうか考察します。各種キャンペーン、下取り、クーポンを利用した実例を元に計算してみます。
スポンサーリンク

フォローする



スポンサーリンク