ラーメンを無料で食べる裏技公開中

【決定版】マクドナルドの無料で大盛り・増量できるサービスまとめ

マクドナルドではメニュー表には掲載されていませんが、無料で大盛り・増量できるサービスがいくつかあります。

ここでは、マクドナルドで実施している無料で大盛り・増量できるサービスをすべて紹介します。

マクドナルドで大盛り・増量できるもの

マクドナルドの店舗は直営、フランチャイズ共にありますが、同じシステム・マニュアルを使用しているため、店舗によってばらつきはありません。

また、「大盛り・増量」系のサービスにおいては、統一された対応方法が予め決められているため、いい側面としては、お店側に嫌がられる心配がなかったり、店員によって知らないので対応してもらえないといったことがない一方で、特定のお店だけの秘密の裏技などがないことが挙げられます。

ハンバーガー系で大盛り・増量できるもの

ハンバーガー系は以下のとおりです。

  • オニオン
  • ピクルス
  • レタス
  • 各種ソース
MEMO
各種ソースは、ケッチャップ、マスタードやビッグマックのソース、チキンクリスプのからしマヨネーズなどソース系は期間限定の場合もすべて無料で増量可能です。

以下については、有料(+40円)で2倍まで増量可能です。

  • チーズ
  • スモークベーコン
  • ガーリックチリ
  • ホワイトチェダーチーズ
  • トマト

有料で大盛り・増量できるものは、期間限定のハンバーガーの具だったりするので、店員さんへ確認するのが無難です。

無料で大盛り・増量できるものは、「オニオン」「ピクルス」「レタス」「各種ソース」のみです。

その他で大盛り・増量できるメニュー

ポテトの塩加減・ソース

ポテトは塩多めの注文が可能です。

また、ソースとしてポテト一つにつき、1つまでケチャップを無料でもらうことが可能です。

MEMO
過去には、マスタードも選択することができましたが、現在ではケチャップのみです。ケチャップの2つ目もしくはマスタードは1つ30円で購入することもできます。

ナゲットソース

ナゲットを購入した場合にケチャップかマスタードが1つついてきますが、無料でもう1つもらうことができます。

つまりソースは2つまで無料で選択することが可能です。

MEMO
ケチャップ×1とマスタード×1でもOKですし、マスタード×2でもOKです。

ドリンク

マクドナルドではコップのサイズごとに一定のラインまで飲み物を入れるルールとなっているため、氷を抜きにすれば、ドリンクの量が増えます。

少しでもお得に量を飲みたい場合は、氷抜きもおすすめです。

大盛り・増量の注文方法

STEP.1
レジへ並ぶ
事前に準備するものは特にありません
STEP.2
好きなハンバーガーを選ぶ
「オニオン」「ピクルス」「レタス」「各種ソース」の入っているハンバーガーを選びます。
STEP.3
ピクルス抜きを注文
ハンバーガを注文する際に、「オニオン多めで」などと増量したいものを店員さんへ伝えます
事前に準備するものやハンバーガーの制限もないため、いつもマクドナルドで注文するのと同じ感覚で、ハンバーガーを注文した後に、増量したいものを伝えるだけでOKです。

お店に嫌がられないか

よくある裏技系のオーダーは、お店に負担をかけるものが多く、混雑時には注文を避けた方がいいものが多いのですが、この「オニオン」「ピクルス」「レタス」「各種ソース」に関しては、店舗マニュアルおよびシステムが対応しているため、あえて避ける必要はありません。

マクドナルドの公式サイトのQAにも以下のとおり記載されています。

マクドナルド公式QA

全部多めにする方法

ノーマルのハンバーガーであればわかりやすいのですが、期間限定メニューなどは無料で大盛り・増量できるものがわかりずらく、店員さんへ聞かなければいけません。

店員さんへ聞きづらい場合は、「全部多め」とオーダーすれば、ノーマルのハンバーガーであれば、「オニオン」「ピクルス」「レタス」「ケチャップ」を多めに、期間限定メニューなどでも、無料で大盛り・増量できるものはすべて増量した状態で提供されます。

MEMO
全部多めの中には、「各種ソース多め」が入っており、ハンバーガーでソース(マヨネーズ含む)を使っていないものはありませんので、全部多めとオーダーして、多めにできるものがなくて恥ずかしい思いをすることはありません。

多めにできるものを事前に調べるのが面倒くさい方は、「全部多めで」というオーダーをするようにしましょう。

大盛り・増量の提供を確認する方法

ハンバーガーの大盛り・増量のオーダーが通り、注文通り大盛り・増量されているかを確認する方法は大きく2つ。

  • マクドナルドの注文「システム上」正しくオーダーが通ったか
  • バーガーを作る作業者が「大盛り・増量」を認識して、対応したかどうか。

マクドナルドはレジで注文を受けると、オーダーシステムにオーダーのあったものを「多め」と投入します。

システムに投入することで、「大盛り・増量」のオーダーが入ったことをバーガーを作る作業員に通知します。

その通知を確認した作業員は、確認したことを知らせるために、バーガーの包み紙にシールを貼るという流れとなっています。

レシートに「オオメ」と表示されているか

上記の画像はハンバーガーに対して「全部多め」のオーダーを通した際のレシートです。

レシートにそれぞれ「オオメ」と記載があれば、間違いなくオーダーが通ったことを確認することができます。

期間限定メニューにも対応しており、例えば、期間限定メニューであった「チキンタツタ 瀬戸内レモンタルタル」のソース多めを実施した際のレシートは以下のとおり

期間限定メニューもシステム対応がしっかりされており、マクドナルドマニュアルにも明記されているので、遠慮なく注文OKです。

包み紙のシールのチェックが入っているかどうか

マクドナルドでは、XX抜きやXX多めなどの特別オーダー対応を誤らないために、バーガー類にシールを貼っています。

システム上、「オオメ」のオーダーが投入されていても、バーガーを作る作業員が見落としてしまっている可能性がありますが、このシールが貼られていれば、「オオメ」のオーダーを確認したよという印になっているので、チェックするようにしましょう。

MEMO
上記の画像は、「オニオン多め」「ソース多め」「有料トッピングのトマト」を追加した際のシールです。

まとめ

ハンバーガーを注文して、受け取った後にピクルスを抜いたりするのは煩雑です。

マクドナルドとして、増量のオーダーの要望が多いと認識していて、マクドナルドの「システム上」も「作業者」についても大盛り・増量の手順が完成されており、大盛り・増量のオーダー体制がしっかりしているので、大盛り・増量したい方は遠慮なく、大盛り・増量のオーダーをするようにしましょう。

その他のマクドナルドのお得な裏技はこちら

【決定版】マクドナルドの裏技|無料のお得なサービス・裏クーポン格安に食べる方法