【2018年版】auWALLETポイントを現金化する方法|おすすめの使い道・交換

携帯電話で一番稼げるキャリアであるau様の回線を契約すると、必ずついてくるのが、au WALLETカードです。

さらに、効率的に稼ぐために使われるauやJCOMなどから発行されているクーポンを使うと、契約する機種にも依りますが、公式キャンペーンで10,000ポイント、クーポンで10,000ポイントついて合計20,000ポイントほどチャージされたWALLETカードが後日手元に発送されてきます。

20,000ポイントは嬉しいことは嬉しいのですが、稼ぐ目的で契約したau端末はヤフオクで売却して、回線も最低維持費で運用するために、SIMはどの端末にも差さずに放置していると、このWALLETポイントというのは微妙に使いにくいポイントとなります。

20,000円チャージされたプリペイドカードとして考えると、普通にショッピングで使えばいいのではと考えられる方が多いかも知れませんが、例えば、残高800円とかになった場合、微妙に使い切れないといった自体が発生します。

私は携帯乞食の活動を2008年頃から続けているので、au WALLETカードがリリースされた2014年にはMNPをしまくっており、WALLETカードは今手元に残っているものだけでこれだけあります。

akira

だいぶ捨ててしまったのですが、枚数だけでいうとこれの倍以上は持っていました。

当時、私もこのWALLETポイントの処分方法については、かなり悩んだものです。

今回は、au様で稼ぐ際に副産物として出てくるこのWALLETカードの最適な処分方法を解説していきます。

王道:Amazonギフト券に交換する

クレジットカードを持っていない方で、Amazonで購入する度にコンビニ払いや代引きをしている方のためにAmazonアカウントに現金をチャージすることができる「Amazonギフト券」というものがあります。

例えば、Amazonギフト券を5,000円分チャージすれば、Amazonで5,000円分の買い物ができて、5,500円のものを購入する場合は、差額の500円だけを支払えば商品を購入することができます。

つまり、5,000円チャージすると5,000円は無駄なく利用することができます。

実はこれ、クレジットカードで購入することができるので、この仕組を利用してWALLETポイントをAmazonポイントへ変換するという算段です。

実施方法は簡単で、まず以下にアクセスしてみてください。

そして以下のクリック

「金額を入力」には現在残っているWALLETポイント全額を入力。

「受取人」には、自分のメールアドレスを入力。
※このメールアドレスの持ち主にAmazonポイントが送られます。

「贈り主」は自分の名前を記載。

後は、デフォルトでOK。

すると、受取人に記載したメールアドレスにURLが送られてきて、それをクリックすると、「金額を入力」に記載されたポイントがチャージされます。

ちなみにこれは例えば329円といった中途半端な金額でもチャージすることができて、どれだけ小さな金額でも、どれだけ大きな金額でも手数料は無料で本当の意味でWALLETポイントを1ポイントも無駄にすることはありません。

akira

基本的には、WALLETポイントはAmazonポイントへ変換するのが一番無駄が少なくベストな選択です。

マツモトキヨシポイント・スターバックスカードへ交換

WALLETポイントは、等価交換できる提携ポイント交換先が大きく3つあります。

「ACCORDIA GOLF」・「マツモトキヨシ」・「スターバックス」です。

特に、マツモトキヨシとスターバックスであれば、人にも依りますが、Amazonよりも利用頻度も高い場合もあると思います。

その場合は、Amazonポイントではなくマツキヨポイントやスターバックスカードに交換するのもいいと思います。

こちらも等価交換なのでWALLETポイントを無駄なく消化できる、、、

と思いきや、実はこのポイント交換は交換できるポイント数と申込みができる頻度が決められています。

マツキヨもスタバも同じですが、一度に最大3,000ポイントまで、交換は月に1度までです。

なので、WALLETポイントが10,000ポイント程度ある場合は、数ヶ月に分割して申し込みをしないといけませんが、Amazonの使用頻度が低い方にはありな選択肢かと思います。

提携ポイント交換サイトはこちら

じぶん銀行へ出金

Amazonでは買い物はあまりしないし、マツキヨもスタバも利用する機会がない方におすすめするのが、じぶん銀行への出金です。

やっぱりなんだかんだで、Amazonポイント、マツキヨなど用途が限られているものはいつの間にか利用するのを忘れてしまっていたり、敢えてポイントを使おうとしてもったいない使い方をしがちなので、現金化するのが最強です。

バンクはじぶん銀行に限られてしまいますが、手数料216円でWALLETポイントをじぶん銀行へ出金することができます。

後は、手数料無料のATMから現金を下ろせば、WALLETポイント10,000円であれば、98%の換金率となります。

じぶん銀行を持っている方は、auWALLETの公式サイトからまずは、auWALLETカードとじぶん銀行とのヒモ付を行ってください。

注意
WALLETカードとじぶん銀行とのヒモ付は今のところ、1枚のカードに対して1度しか紐づけができません。そのため、WALLETカードカードを2枚持っていても1枚だけしかじぶん銀行に紐づけできず、現状解除方法はないので注意です

注意でも記載したとおり、じぶん銀行1口座に対して、1枚の紐づけしかできず、解除もできないのを忘れないようにしましょう。

akira

au様へ1回線だけMNPした!というケースの場合に、おすすめですが、複数台乗り換えたケースでは手間だけかかるだけなので、おすすめしません。

WALLETポイント現金化サイトを利用する

Amazonも使わないし、マツキヨ、スタバも使わないし、めんどくさい。

WALLETカードも複数枚あってじぶん銀行へのチャージもできないといった方におすすめなので、WALLETポイント現金化サイトを使用する方法です。

方法としては、Amazonギフト券を購入するところまでは同じで、送付先をWALLETポイント現金化サイトにします。

すると、Amazonギフト券の金額から手数料を引いた金額を現金化して指定の口座に振り込んでもらえるといったサービスです。

注意点としては、Amazonポイントへ変換する場合はWALLETポイント10,000円分が10,000円分のAmazonポイントになりましたが、この現金化サイトを使用すると、換金率はよくて90%ですので、1割程度は損をすることになります。

ちなみに私はAmazonで買い物はほとんどしないですし、20,000円×5枚のWALLETポイントなどは捌き切るのが面倒くさいので、サクッと現金化サイトで現金にしてしまっています。

akira

昔はなんでも安かったので、ネットで商品を買うといえばAmazon一択だったのですが、最近は微妙に高いので、Yahooショッピングや楽天で購入することがほとんどになりました

私がいつも使っているサイトは、「買取ボブ」というサイトです。

この手のサイトの還元率はよくて90%で日によって還元率は変わってくるのですが、経験上安定して90%以上で買取してくれる確率が高いので、だいだいここで現金化しています。

ここの還元率が90%を切っているときには、「ギフトグレース」というサイトを利用しています。

「買取ボブ」の場合は、振込手数料は無料なのですが、「ギフトグース」は一部有料です。

私は無料になる「住信SBIネット銀行」がメインバンクで、振込手数料が無料になるので、気にすることはありませんが、「郵貯,ジャパンネット,住信SBIネット銀行以外」は振込手数料370円が発生したりするので注意です。

まとめ

au様にMNPをしていると自然と手元に集まってくるauWALLETカード。

昔はせこせことAmazonポイントに交換したりと、あの手この手でポイントを消費していたのですが、社会人になってあまり時間も取れなくなり、Amazonがお買い得でなくなってきた頃から、面倒くさいので現金化サイトを使用することが多くなってきました。

1割程度損はするのですが、使っているカードと使っていないカードの管理や、あえてAmazonでなにか買わないといけないといった考えから抜け出せるので、回線をガンガン回す人やAmazonをあまり使わない人にはおすすめします。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE