マクドナルドの裏技公開中

マクドナルドの冷めたハンバーガーをおいしく温め直す方法

ファーストフードは、できたての熱々がおいしいですよね。

特にマクドナルドのハンバーガーは、熱い時の肉のジューシーさやとろけるチーズ、バンズ(パンの部分)のフカフカさがたまりません。

けれど、冷めてしまうと、肉の脂は固まってジューシーさは消え、チーズも固まってしまい、バンズもやわらかくなくなり、おいしさは半減してしまいます。

ハンバーガーを温め直そうにも、マクドナルドのハンバーガーは、品物のバリエーションが多彩すぎて、どの種類をどう温めていいのか、まるで見当がつきません。

マクドナルドのハンバーガーは、生野菜が挟まっていたり、温めすぎると挟まっているチーズが垂れそうだったり、箱に入れて提供されるくらい高さがあるハンバーガーだったり、あまりにも種類が多すぎます。ハンバーガーそれぞれに合わせての温め方が、さっぱりわかりません。

バリエーションが多彩すぎるマクドナルドのハンバーガー、時にマクドナルドのマフィンを前にして、どれをどのようにして温め直すべきなのでしょうか?

でも、大丈夫です。この記事では、マクドナルドのいろいろな種類のハンバーガー(あるいはマフィン)が持つ要素ごとに、温め直し方を分けてご紹介します。やや複雑で、少し手間はかかりますが、これを守って温め直せば、おいしいハンバーガーが復活します。

それでは、まず基本のハンバーガーの温め方からご紹介していきましょう。

基本:ハンバーガーの温め方のポイント

生野菜もチーズも挟まっていない、ハンバーグとピクルスが挟まっているのみの、1番プレーンなマクドナルドのハンバーガーの場合です。

特に何にも包まず、電子レンジの解凍モードで10~20秒温める

それだけで、フカフカなバンズと温かいハンバーグが復活します。

なぜ解凍モードで温めるかというと、バンズはとても温まりやすいので、普通のモードの電子レンジで温めると、水分が飛んでカチカチになってしまうためです。

もし、ハンバーガーを買った時にハンバーガーを包んでいた紙があったら、それでハンバーガーを包んで温めてください。

水分が逃げるのをほどよく防いでくれます。

ラップでハンバーガーを包まない

ハンバーガーからでた水分が、全部閉じ込められて、ラップの内部で結露するので、ハンバーガーの表面がびしょびしょになってしまいます。

もし、箱で提供されるハンバーガーなら、箱に入れたまま、箱の下になにか挟んで、下に少し空間を開けて、解凍モードで様子を見つつ20~30秒温めてください。

下に挟むものは、割り箸などがちょうどいいです。

もし電子レンジや、電子レンジに解凍モードがない場合は、ハンバーガーをアルミホイルで包んで、オーブントースターで30~60秒温めてください。

ハンバーガーをアルミホイルで包むので、水分がほどよくとどまる上、アルミホイルで包むことによって、ハンバーガーに全体的に熱が浸透するので、ハンバーガーが熱ムラなく、ほどよく温まります。

応用編:ハンバーガーがもつ要素ごとの温め方

ここからは応用編です。

基本を元に、マクドナルドのハンバーガーが種類ごとに持つ要素によって、異なる温め方を紹介していきます。

すこし面倒なやり方もありますが、電子レンジだけで適当に温めると、マクドナルドのハンバーガーの種類によっては、ハンバーガーの中身が爆発します。

やり方を守れば、確実においしく温まりますから、まずはやってみましょう。

生野菜ありの場合(レタスやトマトなど)

生野菜をハンバーガーから抜きます。

生野菜以外のすべてを、解凍モードで温めてください。

温めた後に、ハンバーガーに生野菜をはさみ直します。

これで、生野菜のシャキシャキ感がなくなることはありません。

チーズあり

ハンバーガーからチーズを抜いて、他のすべてを解凍モードで温めます。

その後、再びハンバーガーにチーズを挟み直してください。

チーズを温める必要はありません。

チーズをバンズに挟んで少し置けば、バンズやハンバーグの熱で、チーズがほどよくやわらかくなります。

揚げ物あり(特にグラコロ)

揚げ物をハンバーガーから抜いて、揚げ物は弱火にかけたフライパンで軽く焼いて温めてください。

もしくは、予熱したトースターに、クシャクシャにしたアルミを広げたものを敷いて、その上に揚げ物をおいて、1~2分焼いてください。

ホイルから熱が浸透して、揚げ物が全体的に温まり、熱ムラなく温まります。

揚げ物以外のバンズは、解凍モードで温めます。

その後、揚げ物を再びバンズに挟み直してください。

それで完成です。

揚げ物のうち、特にグラコロは、焼いて温めるのでなく、電子レンジで温めると、爆発する可能性がとても高いです。

電子レンジでは、絶対に温めないでください。

揚げ物を温め直す方法としては、揚げ直しもありますが、グラコロだと、これでも爆発のリスクがあります。

やはり、フライパンかオーブントースターで焼くのが1番です。

マフィン

電子レンジで、マフィンの内部を10~20秒ほど温めてください。

それから、トースターでマフィンの外側を30秒ほど焼いて、表面を温めるだけでなく、カリカリに仕上げてください。

こうすると、店の味とはやや異なる食感になりますが、とてもおいしく仕上がります。

ちなみに、マフィンに生野菜やチーズが挟まっていたら、それらを抜いてから、その他を電子レンジやオーブントースターで温めてください。

マフィンその他が温まったら、生野菜やチーズをはさみ直すのが鉄則です。

ヘルシオを使ったウラワザ

過熱水蒸気オーブン、ヘルシオの『まかせて調理』モードで、バンズと中身のハンバーグ、揚げ物、マフィン、卵、ベーコンなどを同時に温めてしまいます

MEMO
チーズと生野菜は抜いておいて、温めたハンバーガーの具をはさみ直すときに、一緒にはさみ直したほうがいいです。

『まかせて調理』モードとは、ヘルシオ内蔵の機械が食材を自動判別し、食材にあった温め方をしてくれるモードです。

『まかせて調理』モードがついていないヘルシオは、AX-CA450、AX-AS400、AX-CA400、AX-SP300で、それ以外の機種にはすべてついています。

ヘルシオは、かなり高価な家電ではありますが、家庭で作れる料理の幅が大変広がり、しかも機械任せにしていいので、料理の時短にとても役立ちます。

家計との相談になりますが、購入を検討してみてもいいのではないでしょうか。

その他の活用方法

これら紹介した方法で、いろいろ試行錯誤した結果、自分の理想の状態にすることが難しいこともあると思います。

その場合は、ハンバーガーそのものを食べるのではなくて、調理の材料として活用する方法もあります。

その際におすすめがクラシルというアプリです。

クックパッドとは違い、プロが動画で解説しているので、とてもわかりやすくて無料ですので、一度参考に覗いてみてください。

こんな活用方法があるんだ!と驚くこと間違いなしです。

クラシル - レシピ動画で料理がおいしく作れる
クラシル - レシピ動画で料理がおいしく作れる
開発元:dely, Inc.
無料

まとめ

マクドナルトのハンバーガーの、種類による要素別のおいしい温め方と、ヘルシオを使って、ハンバーガーの具をすべて1度に温めるウラワザをご紹介しました。ウラワザ以外は少し手間がかかりますが、確実においしく温められます。

温めるときは、特に、

・バンズの温め過ぎ
・グラコロを電子レンジで温めてしまうことによる爆発

に気をつけてください。

それさえ気をつければ、後は、チーズを抜き忘れてチーズがとろけ過ぎてしまっても、生野菜を抜き忘れて生野菜に火が通ってしまっていても、それなりに食べられる温かいハンバーガーになります。

ハンバーガーは、もちろん店で出来たてを食べられれば1番なのですが、そうもいかない事情というものがあります。

子供連れでマクドナルドにいったら、子供がおまけのおもちゃにハマってしまって、予想外に食べなかった、ということもあるでしょう。

昼はラクしようとマクドナルドでハンバーガーを買ったけれど、帰ってからの家事が予想以上に多くて、ふと気づいたらすっかりハンバーガーが冷めていた、ということもあるでしょう。

仕事終わりにハンバーガーを夕飯に買ってひと息ついていたら、急ぎの仕事が入って、それを一生懸命済ませたら、ハンバーガーがすっかり冷え切っていた、ということもあるでしょう。

そういう、育児に家事に仕事に大変な人たちに、おいしくマクドナルドのハンバーガーを温め直す方法を送ります。お役に立てば幸いです。