ラーメンを無料で食べる裏技公開中

【2022年版】MNP携帯乞食の稼ぎ方|方法と手順を詳細解説

2019年に国会で可決された電気通信事業法改正により「端末」と「回線」の分離が図られた結果、MNPで回線契約をしたら端末を0円もしくはキャッシュバックをつけるといったことが難しくなり、MNP携帯乞食業界は一時期、冬の時代が訪れました。

ところが、2022年に入りiPhone13や12、SE(第3世代)などの一括0円案件が復活し、活況を取り戻しつつあります。

副業の一貫でMNP携帯乞食業界に足を踏み入れようと考えている方も増えてきているので、ここでは、MNP乞食の始め方を1から解説していきたいと思います。

MNP乞食の大まかな流れ

STEP.1
MNP弾を作る
一括0円やキャッシュバックの案件の基本は、MNP(乗り換え)が条件であることが多いので、案件に手を出す前に予めMNP用の回線を用意します。
STEP.2
案件を調べる
Twitterや近くの家電量販店などのチラシや店舗広告などから案件を探します。
STEP.3
案件の比較
店舗ごとに案件の条件が異なるため、より条件が緩かったり、利益が最大化される内容かどうかを案件毎に比較します。
STEP.4
在庫・条件確認
Twiiterで調べたのであれば、店舗へ電話し在庫・条件の確認をします。店舗の広告を見たのであれば店員さんに詳細の条件などを確認します。
STEP.5
契約
ネットで完結する場合もありますが、基本は店舗来店し契約します。
STEP.6
端末売却
端末を一括0円でゲットした場合は、その端末をメルカリやヤフオクなどで売却して利益が確定します。
STEP.7
回線処理
回線を放置していると回線の月額費用が毎月発生し収益を圧迫するので、別の案件のMNP弾にする、もしくは回線解約します。

大まかな流れは上記のとおりです。

慣れてしまえばなんてことありませんが、MNP弾を作ったり、案件比較をしたり、端末を売却し回線の処分もしないといけないことがあったりと、手間がかかるため大変ではありますが、数時間で少なくとも1回線あたり3万円(いい案件であれば6万円以上)稼ぐことができます。

具体的な収益計算結果は以下を参考にしてみてください。

【ドコモ】iPhone 13 miniの一括案件の収支|儲けをMNP弾利用時で計算 iPhone 12 miniの一括案件は儲かるのか|MNP弾を利用した収支計算 iPhone SE(第3世代)の一括0円は儲かるのか|投げ売りMNP収支 Pixel 6の一括0円収支|儲かるのか・MNP弾利用の利益計算 BALMUDA Phoneの一括0円収支|儲かるのか・MNP弾利用の利益計算

以降では各手順を詳しく解説してきます。

MNP弾を作る

MNP弾とは、端末一括0円案件やキャッシュバック案件に行く場合のMNP元(乗り換え元)の回線のことを指します。

一括0円で手に入れた端末を実際に利用するのであれば、MNP弾を新しく作る必要はなく、今、自身で利用している回線でMNP予約番号を発行し、MNPしてもOKです。

ただ、その場合は、「これまで自身が使っていた端末を売却する」こととなり、高い売却額が見込めないため収支をプラスに持っていくことはできません。

そのため、基本は自分が使用しているメイン回線をMNPするのではなく、MNP用の回線(=MNP弾)を用意して、一括0円端末・キャッシュバックをゲットしていくこととなります。

MNP弾の作成方法については以下で解説しているのでご参照ください。

【2022年版】おすすめの最安MNP弾の作り方|MVNOを使った最新の費用・期間

案件を調べる

そもそもMNPでどういった案件が現在出ているのかは、まずTwitterで「MNP 一括」のキーワードで検索すると、各店舗がMNP案件をつぶやいていたり、「MNPで安く端末をゲットしました」などと報告している方がいるので、まずはTwiiterでどういった案件が出回っているのかを調べます。

Twtterでどの端末が一括で販売されているかを把握できれば、次に最寄りの携帯ショップや家電量販店などで同じ端末の案件が実施されているかを調べます。

昔であれば、どこの店舗でもTwitterで案件の条件などをつぶやいていましたが、最近は規制の関係で条件詳細はTwitterでつぶやかなくなったため、直接店舗へ電話するのが基本となってきています。

店舗の目星がある程度ついてる場合は、チラシアプリで店舗の案件情報を調べるのもありです。

チラシ見放題Shufoo! 近くのお店のお得なチラシ

チラシ見放題Shufoo! 近くのお店のお得なチラシ

ONE COMPATH CO., LTD.無料

MEMO
Twitterでつぶやいていないからといって、一括案件をやっていないわけではないため、ネットで見つけた一括0円案件がされているかを最寄りの店舗へ電話確認をしてみてください。

案件の比較

店舗によって一見同じ一括0円案件でも条件が異なっているため、ある程度目星をつければ条件の詳細を確認する作業に移ります。

過去には地雷案件や罠と呼ばれる気づきにくい購入者に不利な条件をこっそり入れている案件も多かったのですが、現在はトラブルを避けるためにも罠といった罠はほぼないので、初心者にも安心してMNP案件に行ける環境になってきていると思います。

唯一、確認いただいきたいのは、その案件は端末を「購入する」のか「レンタル」するのかです。

購入する場合は問題ありませんが、「レンタル」の場合はキャリアによって異なりますが、2年後もしくは3年後に端末の返却が必要で、返却できなければ数万で端末を買い取らないといけない契約になっており利益がほぼ出ない仕組みとなっているため、ここだけ注意をしてください。

レンタル契約が条件となっている場合は、以下の文言が条件に入っているので必ずチェックするようにしてください。

  • スマホトクするプログラム
  • いつでもカエドキプログラム
  • 新トクするサポート

いくつか具体事例をご紹介します。

以下は、スマホトクするプログラムと記載されているのでレンタル契約であることがわかります。

実質負担額1円と記載されていますが、実質負担額が1円となるのは、レンタルした端末を画像に記載のとおり「ご購入後13ヶ月目~25ヶ月目までにKDDIが機種を回収した場合」であるため、端末を売却して利益を得ることができません。

こちらもいつでもカエドキプログラムと記載されているので、レンタル契約となります。

MEMO
レンタル契約の場合、一括0円、一括1円といった表記ができず、「実質負担額」1円となっていたり中途半端にお客様負担額23円(=23回払いのレンタル契約)となっていることが多いので、慣れれば簡単に見抜けます。

在庫・条件確認

行く案件を決めたら、店舗へ再度連絡をして最終的な条件の確認と在庫確保をします。

Twitterで見つけた案件も現地に行ったら在庫切れで契約できないことはよくあるので、在庫確認・確保はできるだけ実施してください。

MEMO
少し前までは、MNP乞食と店舗は持ちつ持たれつの関係でしたので、とても親身になって対応してくれていましたが、最近は転売ヤーと同類とされて敬遠されがちなので、どれくらい利益でるのか?など突っ込みすぎた質問はしないようにしてください。

契約

店舗へ出向いて契約するケースがほとんどですので、現地で契約手続きをしてください。

必要なものとしては、最低限以下があれば問題ないです。

  • MNP予約番号(→MNP弾の回線で予め発行しておきます。)
  • 免許証
  • クレジットカード(もしくは料金引き落とし口座)
MEMO
不安な方は在庫・条件確認で電話をした際に必要なものを店員さんへ聞いておきましょう。

例外的に以下のような店舗はネットで契約を完了させることができます。

ネット契約可能店舗

現地へ行けない方は、上記のサイトの電話番号へ連絡していい案件がないか聞いてみるのもありです。

私もお世話になっており初心者にも丁寧に教えてくれるので、MNP乞食を初めてチャレンジする方は上記のネット契約可能な店舗から始めてみるのもありかもしれません。

端末売却

一括0円で手に入れた端末を売却して利益を確保します。

売却先はメルカリやヤフオクが高く売れるのでおすすめです。

これらのアカウントがなく、やり方もよくわからない方は、リアル店舗(ブックオフ、イオシスなど)で売却も可能ですが、売却額は大幅に下がることを覚悟しなければいけません。

回線処理

MNP弾を利用して端末を一括0円でゲットと合わせて回線も契約しており、端末を売却した後も回線の維持費が発生し収益を圧迫します。

ですが、回線を即解約するとブラックリストに入り、次回から即解約したキャリアで契約ができない(=一括0円案件に行けなくなる)可能性があるため、基本的には以下のよりに料金が安いプランに一旦プラン変更してから90日維持し解約、もしくは別の案件のMNP弾として利用します。

ブラックリストに関しては以下の記事を参考にしてください。

携帯MNPのブラックリスト基準|最低利用期間と短期解約リスク

MNP携帯乞食の違法性

違法性を気にする方もいらっしゃるので触れますが、結論からいうと違法の要素は一切ありません。

唯一あるとすれば、利益を出すために端末を売却しますが、その売却益が20万円(雑所得)を超えた場合、サラリーマンであれば確定申告が必要です。

また、MNP携帯乞食自体を本業にする場合は、端末売却には「古物商許可」が必要になるケースがあります。

その他については、携帯電話の購入ルールに従い契約をしており、各種規約にも抵触していないため、安心していただいて大丈夫です。

MNP携帯乞食を失敗するパターン

昔はソフトバンク系で罠が張り巡らされていたので初心者は危険でしたが、現在ではほぼなく、前述した「レンタル契約かどうか」、これを注意いただければ大きな失敗はしません。

レンタル契約が条件の場合は、基本は利益がほぼレンタル端末を買い取るための費用で吹っ飛びます。

また、回線契約の解約やMNP弾としての再利用を忘れてしまうパターンもあります。

MNP弾を用意してMNPをした回線でメイン回線ではないため、結構忘れがちです。

特に、複数台持っている場合は、いつの間にか契約忘れで1年間放置して利益がほぼ0になった、ということもよくあるので、忘れないようにしてください。

MEMO
私はシングル化やみまもり化、フォト化などを駆使してMAX40回線以上保有していた時期がありましたが、その時はエクセルで管理していました。SIMにはエクセルの管理番号をマジックで書いて契約中と解約済のボックスを用意して振り分けていたりしてました

まとめ

初めての方はちょっと難しいように思えるかもしれませんが、実際に手を動かしてみれば意外に簡単だと気づくと思います。

とはいえ、契約するために現地に出向かないといけないことがめんどくさくはありますが、数時間で少なくとも1回線あたり3万円(いい案件であれば6万円以上)稼ぐことができる、副業としてはコスパのいいものとなっているので、ぜひチャレンジしてみてください。