動画編集初心者におすすめのコスパ最強ソフトご紹介

FixppoでiPhoneの不具合を解消する方法|安全性・信頼性検証

iPhoneを利用している方であれば、何度か遭遇する不具合。

Appleのリンゴマークから先へ進まないリンゴループから画面がフリーズ、再起動を繰り返してトップ画面に戻らないなど、一度は聞いたことがある不具合ですが、物理的な故障でなく、ソフトウェア的な問題であれば、簡単に解消することができるソフトと謳われている「Fixppo」を購入したところ、私の利用しているiPhoneのリンゴループが解消することができたので、ご紹介します。

Fixppoとは

FixppoとはiOSの不具合系の事象を解消するソフトです。

上記の画像に含まれるような事象は、iOS内部の物理的な回路の故障というよりも、ソフトウェア的な故障に分類されるものです。

この事象に陥った際には、インターネット上にかかれている対処として、リカバリーモード(セーフモード)で立ち上げたりするなど、解消方法が解説されていますが、一度この類の不具合に遭遇した人ならわかると思います、リカバリーモードを立ち上げたからといって、不具合が解消することもなく、結局修理に出して、初期化して帰ってきたことがあるはずです。

Fixppoはソフトウェア内部にiOSデータベースを備えているため、OSのクリーンインストールや不具合箇所のソフトウェアの入れ替えが可能で、これにより動作不良を解消する仕組みとなっています。

ポイントとしては、修理に出す場合、必ず内部の保存データ(写真や電話帳など)は初期化されるので消滅することが基本ですが、Fixppoは内部データを保持したまま、OSのクリーンインストールも可能ですので、初期化せずとも不具合の解消ができる優れものです。

>Fixppo公式サイト

Fixppoの使い方

Fixppoは「無料体験版」と「完全版」の2種類があります。

無料体験版は「リカバリーモードに入る」と「デバイスの状態チェック」しかなく、リカバリーモードはこのソフトがなくても簡単に入ることができるため、無料体験版はパソコンにインストールしたときの動作確認程度で実用性はほぼありません。

もともとソフトの特徴として謳われている不具合解消は有料版でしか提供されていないため、私は有料版を購入しました。

完全版を購入すると、ソフト上では「Lifetime Plan」と表示されます。

MEMO

モザイクをかけているところは、登録したメールアドレスが表示されます。

以降、手順を解説しますが、動画で見たい方は以下を参考にしてみてください。

Fixppoを起動

ソフトをインストールし起動すると、以下の画面なります。

「標準モード」をクリックして、パソコンとiphoneを接続します。

接続したiPhoneとファームウェアを選択する

接続したiPhoneと適用したいファームウェアを選択します。

iPhoneは間違っていても特に問題ないです。

そのまま成功するか、失敗してもデメリットはないので、もう一度接続しなおして、正しいiPhoneの種類を選択してください。

ファームウェアについても、基本は最新のものを適用するようにしてください。

逆に古いものも適用できるので、ダウングレードしたい方は、お好きなファームを選んで大丈夫です。

古いファームを間違って当ててしまっても、起動したiPhoneから、ファームの更新が自動で来るのでそれを適用するか、もしくは、心配な方はFixppoから最新のファームを当て直してください。

ダウンロードボタンをクリック→完了

iPhoneとファームウェアを選択してダウンロードをクリックすると、しばらく立ってから以下の画面が表示されます。

その後は、完了ボタンをクリックしてパソコンとiPhoneの接続を解除し、通常通りiPhoneを起動してください。

こちらで対処は完了です。

ソフトを使用せず対処にチャレンジしたい場合

ソフトウェアの問題の場合

  • 完全放電(再起動)
  • iTunesからアップデート
  • セーフモードで起動してアップデート
  • リカバリーモードで起動してアップデート
  • DFUモードにして初期化

こちらがソフトウェアの問題であった場合の基本的な対処方法一覧です。

DFUモードなど聞き慣れないものについては、ググれば起動方法が書かれているサイトが複数ヒットすると思いますので、調べてみてください。

ただ、私もリンゴループが発生した際には、これらの対処方法を試みましたが、結局すべてうまくいかなったため、このソフトにたどり着きました。

ハードウェアの問題

  • Appleサポートに修理依頼

ハードウェアの問題の場合は、Appleサポートへ修理依頼に出すことが基本です。

物理的な故障の場合は「Fixppo」で対処できません。

ただ、落としたり、雨に濡れたりとそういったものに心当たりがない場合、基本はソフトウェアの問題であることが大半なので、ハード故障よりもまずはソフト故障を疑うべきです。

Fixppoの安全性・信頼性について

Fixppoは「iMyFone」という台湾の企業が提供しているソフトです。

日本製でないため、不安に思われるかもしれませんが、iMyFoneの提供するソフトウェアを「Fixppo」含めてWiresharkで調査しましたが、外部サーバーへデータを送るなどのおかしな動きは特に観測されなかったため、特に問題ないと思われます。

ちなみに、「iMyFone」の「iTransor for LINE」については、調査依頼が読者からあったため、詳細に調査しました。

参考までに調査結果を以下にまとめています。

iTransor for LINE の安全性|実際に購入して調査してみた

まとめ

iPhone・iPadの不具合があった際には、とりあえずこれを用意しておけば自宅で簡単に復旧作業が可能です。

副業としても、不具合端末をメルカリで格安で購入して、このソフトで復旧し、相場の価格で再度メルカリに出すなどもいいかと思います。

>Fixppo公式サイト