ラーメンを無料で食べる裏技公開中

【ドコモ】iPhone 13 miniの一括案件の収支|儲けをMNP弾利用時で計算

MNP一括23円や0円で提供されているiPhone 13 miniを契約した際にどれくらい儲かるのか収支計算方法について解説します。

ドコモ以外の収支を知りたい方は以下をご参照ください。

【比較】iPhone 13 mini 一括の収支|ドコモ・au・ソフトバンク一番儲かるのは

iPhone 13 miniの一括0円案件とは

今回解説する案件は上記のような案件です。

画像の案件はドコモですが、au、ソフトバンクでほぼ同等の条件、価格で提供されているので、収支の結果はほぼ同じと考えて問題ありません。

この案件に手を出す際に注意いただきたいのは、よくある案件のようにMNPなどで乗り換えをすると、端末本体(今回であれば、iPhone13 mini)が自分のものになる、のではなく、「いつでもカエドキプログラム」の利用が必須のため、契約後24ヶ月目に「端末を返却」する必要があります。

>参考:いつでもカエドキプログラム

「端末を返却」した場合は、文字通り23円で端末を利用できますが、儲かるか儲からないかでいうと、iPhone 13 miniを売却した売却益がないため、儲けは0という案件となります。

ただし、端末を返却せずに、ドコモであれば、48,863円で買い取ることが可能です。

そのため、ここでは、端末はレンタルではなく、買い切りとした場合でどれくらい儲かるのか計算していきます。

収支計算

MNP弾を用意するコストで費用が異なりますが、一旦、万が一ブラックリスト入りしても問題ないb-mobileを利用した場合で計算します。

MEMO
メインで利用する携帯電話のキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク等)のこだわりがない方は、メイン回線でMNPした方がお得になります。

b-mobileのMNP弾費用

項目 費用(税別)
新規事務手数料 3,000円
月額料金
(音声通話有り)
990円
(日割り計算されません。)
MNP転出費用 0円
解約金 0円
ユニバーサルサービス料など 4円
合計 3,994円

b-mobileの「b-mobile S 990ジャストフィットSIM」はMNP転出費用や解約金もなくMNP弾としては最安クラスです。

詳細はこちら

【2022年版】b-mobileのMNP弾費用|転出までの日数と同時申込数・コスト解説

この回線をMNP弾とした場合で、収益計算します。

iPhone13 miniの収益

項目  費用(税込み)
b-mobile MNP弾費用 -3,994円
新規事務手数料 -3,300円
ギガホ プレミア
(初月)
-7,205円(日割り不可)
ahamo月額料金
(翌月以降)
-2,970円
ユニバーサルサービス料 -2円
iPhone 13 miniレンタル 23円
iPhone 13 mini購入 -48,863円
iPhone 13 mini売却 +85,000円
収支 +18,643円

いくつか補足します。

iPhone 13 miniを契約する際に指定される料金プランは「ギガホ プレミア」であることが多いのですが、「ギガライト」であれば、ギガライトへ置き換えていただければOKです。

また「ギガライト」であったとしても月額5,478円と非常に高額であり、即日ahamoへプラン変更しないと収益を圧迫するため、ahamoに変更した場合で計算しています。

また、「いつでもカエドキプログラム」を利用しますが、iPhone13 miniは購入する前提で、即日売却します。

現状の売却額の相場は85,000円程度です。

MEMO
返却ではなく、買い取るつもりですが、契約当日に買取額を支払うことはできず、24ヶ月後に残価の48,863円を支払うこととなります。

24ヶ月目に残価を一括で支払う想定ですので、端末を即日売却しても問題ありません。

初月までの料金として計算すると収支としては、+18,643円でなかなか美味しい案件です。

ただし、ここでahamoの維持費が問題となります。

ahamoの当月MNPについては、私の経験上、ブラックリストに入らないと思われますが、心配な方は90日後に解約、もしくはMNPで他キャリアの案件にMNP弾として利用するのがいいと思います。

MEMO
私の経験では、5回線ほどahamoは即解約していますが、ドコモの通常プラン(5Gギガホなど)やahamoの契約がNGになったことがこれまでありません。

90日維持した場合は、追加で月額料金2,980円(税込み)を2ヶ月分支払うことになりますが、支払ったとしても1回線で約2万円プラスに持ってこれるため、良案件とみて問題ないかと思います。

3ヶ月目になれば、auの案件にMNPするか解約するかのどちらでも構わないと思いますが、解約する場合は、解約前に以下のような新規や紹介クーポンでお得になるサービスがあるので、しっかり利用してから解約するようにしましょう。

【2022年版】初回限定クーポン・紹介キャンペーンでお得になるサービスまとめ

まとめ

auの場合は、povo2.0へプラン変更することで月額0円維持ができるため、さらに収支は良好です。

【比較】iPhone 13 mini 一括の収支|ドコモ・au・ソフトバンク一番儲かるのは

ドコモはahamoへプラン変更後のMNP先が見つからない場合は、月額維持費がかかってしまうため、この点を注意しておく必要があります。

その他のMNP弾はこちら

【2022年版】おすすめの最安MNP弾の作り方|MVNOを使った最新の費用・期間

また、その他の案件については以下を参照してください。

iPhone 12 miniの一括案件は儲かるのか|MNP弾を利用した収支計算